クリーニング店POSレジ

当ページはクリーニング店向けにiPadで使えるPOSレジアプリに関する情報をご紹介します。

この記事を読んで分かること
  • タブレットPOSレジアプリの選び方
  • クリーニング店で便利なPOSレジアプリの機能
  • POSレジアプリを選ぶ際の注意点
  • クリーニング店におすすめのPOSレジアプリ
  • 効率的かつ低コストでPOSレジアプリを導入する方法
  • クリーニング店がPOSレジアプリ導入に活用できる補助金情報

当記事の想定読者はクリーニング店やかばんの修理店、靴磨きサービスや合い鍵の作成などサービス業の店舗経営者を対象にしております。

クリーニング店というキーワードをメインに記事をまとめていますが、それ以外の業種にも役立つ内容になっています。

想定読者の店舗例
  • クリーニング店
  • 洋服・衣料品のリフォーム店
  • 鞄の修理店、靴磨きサービス店、合い鍵業
  • 花屋、フラワーショップ
経営コンサルタントコンサルタント

当サイトの管理人をしている経営コンサルタントのカトウと申します。宜しくお願いします!

記事の専門性・権威性・信頼性

当記事は経営戦略や会社の情報システムに詳しい経歴15年以上のコンサルタントが執筆しています。特にPOSや顧客分析、マーケティングに基づく経営課題の解決が専門分野です。多数のプロジェクトを推進するかたわら、読者の皆さんにお役に立てるように最新の情報を提供しています。

iPadで使えるクリーニング店向けPOSレジアプリ5選

現在、地域密着型ビジネスの代表格ともいえるクリーニング店は、客数・客単価の減少や大手チェーン店との価格競争、長期間放置品などさまざまな経営課題を抱えています。

このような背景のなか、全国クリーニング生活衛生同業組合連合会によると、クリーニング店の経営改善策の1つとして「POSレジシステムの導入」が期待されています。

全ク連では今年度の重点事業として、クリーニング業界におけるキャッシュレス化への対応やICT(情報通信技術)化およびPOSレジ導入の推進、POSレジを活用したお預り品や顧客情報の管理による長期間放置品解消対策に取り組んでいます。

「〈クリーニング店〉POSレジのすすめ」

経営コンサルタントコンサルタント

個人経営や中小企業のクリーニング店がPOSレジシステムを導入するなら、低コストで簡単に使えるタブレットPOSレジアプリが最適です。詳しくご説明しますので最後までご覧ください。

タブレットPOSレジアプリとは
  • タブレットPOSレジアプリとは、iPadなどタブレット端末で利用できるPOSレジシステムのことです。
  • 従来の金額を打ち込むだけのキャッシュレジスターとは異なり、売上データや顧客情報をデジタル化して管理が可能です
  • 店舗マップを掲載したお店のホームページを開設したり、預かり票の発行やタグの管理などクリーニング店の業務を効率化する機能が備わっています。

当記事では、iPadで使えるレジアプリの選び方や役立つ機能、おすすめのレジアプリや活用すべき補助金情報についてご紹介します。

例えばPOSレジアプリを活用すれば、お店のホームページを開設して店舗の集客力をアップしたり、顧客情報を管理して長期間放置品を解消することが可能になり、クリーニング店の経営改善が実現できるでしょう。

経営コンサルタントコンサルタント

経営コンサルタントが考えるPOSレジアプリの活用方法、最新の補助金情報など有料級の情報を記事内で紹介しています。もし不明点がございましたら問い合わせフォームからお問い合わせください。

POSレジの教科書

そもそも「POSレジ」が何かよく分からないという方は、まずはこちらのPOSレジの教科書をご覧ください。レジアプリ大手のスマレジがPOSレジについて分かりやすくまとめた資料が無料でダウンロードできます。

店舗経営者様必見【POSレジの教科書】

クリーニング店向けPOSレジの選び方

まずはクリーニング店がPOSレジアプリの導入を検討する際に考慮すべきPOSレジの選び方について解説します。

経営コンサルタントコンサルタント

タブレットPOSレジアプリの各主要メーカーを比較した情報については、こちらのまとめ記事をご覧ください。

経営コンサルタントコンサルタント

また全国クリーニング生活衛生同業組合連合会(略称:全ク連)によって配布されているPOSレジガイドブック〈クリーニング店〉POSレジのすすめも非常に分かりやすいのでぜひご覧ください。

〈クリーニング店〉POSレジのすすめは、POSレジの特長やPOSレジを導入したクリーニング店へのインタビュー、費用面でのサポート制度などが掲載されていて、組合員をはじめとするクリーニング事業者に配布されています詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

レジアプリがクリーニング店の業務に対応しているか

クリーニング店がPOSレジアプリを選ぶなら、クリーニング店特有の業務に対応しているサービスを選びましょう。ここで言うクリーニング店特有の業務とは以下のようなものを指します。

クリーニング店の業務例
  • 外交営業:お客様の所へ商品を取りに行って、クリーニングを施してから再度届けに行く外回り営業
  • 預かり票発行:クリーニングする品名や金額、受付日や仕上り日などの情報を記載した紙(預かり票)を発行してお客さまへお渡しする業務
  • タグ管理:紙の番号札(クリーニングタグ)を使ってお客様から預かった商品管理を行うこと。バーコードタグや3連タグなどの種類があり、どの商品がどの工程にあるのか管理する。

一般的にはクリーニング業の大手企業は「外交営業・預かり票発行・タグ管理」の何百万以上のコストをかけて業務システムを導入して、店舗のオペレーションを効率化しています。

経営コンサルタントコンサルタント

それでは中小企業や個人経営のクリーニング店が業務を効率化するためにはどうすればよいのでしょうか?同じように高額な業務システムを導入しなければならないのでしょうか?

経営コンサルタントコンサルタント

いまやタブレットPOSレジアプリさえあれば「外交営業・預かり票発行・タグ管理」は効率化が可能です。高額な業務システムは必要ありません。

具体的なサービス名としては、iPadで使えるタブレットPOSレジアプリ「スマレジ」とクリーニング業務アプリ「Cleeean」を組み合わせて活用すれば、クリーニング店特有の業務システムがタブレットを使って実現できます。

iPadのタブレット端末の操作ならパートさんも使い慣れているでしょうし、業務システムにありがちな難しい操作マニュアルを覚える必要ありません。なによりも低コストで業務システムが導入できます。

重要なポイント

クリーニング店のPOSレジはクリーニング店特有の業務に対応しているサービスを選ぶべし!

参考に出来る導入事例があるか

クリーニング店がPOSレジアプリを検討するなら、参考に出来る業種・業態の導入事例があるメーカーなのかどうかを確認しましょう。

理由は、成功事例のやり方をマネるためです。POSレジアプリの導入・活用を含めて、企業経営において何か新しいことを始める際の最もうまくいく方法は、とにかく成功した事例をマネすることです。

経営コンサルタントコンサルタント

クリーニング店においてもPOSレジの活用事例は着々と増えています。積極的に情報収集しましょう!

各メーカー公式ホームページには「導入事例」というページがあり、それぞれの業種におけるタブレットPOSレジの導入事例が掲載されています。

タブレットPOSレジを選んだきっかけや費用対効果、活用方法や利用している料金プランなどさまざまな参考になる情報が手に入ります。

クリーニング業界全体におけるIT化の事例はまだまだ少ないのが現状ですが、それだけIT化による業務改善の余地があるとも評価できます。

特にタブレットで使うPOSレジアプリは低コストで導入しやすいため、中小企業や個人経営の店舗でも取り組みやすいといえるでしょう。

経営コンサルタントコンサルタント

もしインターネットを調べても導入事例が見つけられなかった場合には、レジ選び無料相談サービスに直接ご相談ください。

重要なポイント

クリーニング店のPOSレジアプリはご自身の店舗と同じ導入事例があるサービスを選ぶべし!

顧客管理機能が充実しているか

会員登録やポイント付与などの顧客管理機能は、クリーニング店POSレジを選ぶ際に注目したい重要なポイントです。

サービス業であるクリーニング店にとっては、リピーターの獲得(リピーター率の向上)が店舗運営の大切なカギであるのは言うまでもありません。

そして、リピーター獲得を行うためには、お客さん一人一人の情報をきちんと管理して、きめ細やかなサービスが提供する必要があります。

経営コンサルタントコンサルタント

効率重視の宅配クリーニングではなく、顔の見えるお店に大切な衣服のクリーニングを任せたい、というお客さんの思いは大切にしなくてはなりません。

タブレットPOSレジを活用すれば、お客様の会員番号・会員ランクを管理できます。わざわざ会員管理システムを導入する必要がありません。

また、タブレットPOSレジならデータ分析の機能も充実しています

タブレットPOSレジを導入すれば、システム的な顧客管理が実現可能です。

経営コンサルタントコンサルタント

売れ筋商品だけではなく、どの商品も満遍なく売れるようにするためにはバンドル販売が効果的と言われています。

重要なポイント

クリーニング店のPOSレジは顧客管理機能が充実しているサービスを選ぶべし!

キャッシュレス決裁が簡単に実現できるか

キャッシュレス決裁が簡単に実現できるかという点も、クリーニング店におけるPOSレジ選びに必要な観点です。

立地や人にもよりますが、町のクリーニング店というのは、何かの用事のついでに立ち寄るお店の代表格でしょう。スーパーへの買い物の前後や、コンビニに行く途中での寄り道など、クリーニング店と家だけの往来をすることはあまり考えられません。

つまり、手持ちの現金が少なかったり、お客様が手荷物を抱えている可能性が高いことが想定されます。

経営コンサルタントコンサルタント

こう考えると、町のクリーニング店はキャッシュレス決裁を導入した方がお客様目線に立っていると言えますね。私も手持ちのお金が無くて、わざわざ自宅に戻った経験があります。

タブレットPOSレジを活用すれば、キャッシュレス決裁は簡単に実現できます。

POSレジアプリのメーカーにもよりますが、キャッシュレス端末という周辺機器と連携すれば、最短で申込当日にキャッシュレス決裁が実現できるほどのスピード感です。

経営コンサルタントコンサルタント

タブレットPOSレジのキャッシュレス決裁の連携機能がおすすめです!どのようなものか知りたければレジ選び無料相談サービスにご相談ください。

キャッシュレス決裁を実現して、お客様に支払い方法の選択肢を複数提供できるようにしましょう。

重要なポイント

クリーニング店のPOSレジはキャッシュレス決裁が簡単に実現できるサービスを選ぶべし!

クリーニング店で便利なPOSレジアプリの機能

クリーニング店でよく使われているおすすめのレジアプリの機能をご紹介します。

預かり票発行機能・タグ管理機能

預かり票とは、お客様からクリーニング品をお預かりするときに発行する商品の確認証のことです。別名、預かり証とも呼ばれています。

預かり票は、手書き伝票としてレジ会計時に手作業で書き起こしてお客様にお渡ししている店舗もありますし、店舗内に設置したプリンターからレシートと一緒に出力している店舗もあります。

タブレットPOSレジの「預かり票発行機能」を使えば、レジ会計時にタブレットPOSレジに入力した商品情報をそのままプリンターから発行して簡単にお客様にお渡しすることができます。

経営コンサルタントコンサルタント

レジの会計情報の入力と、預かり票伝票が一度の入力でプリントアウトできるのは、とても便利ですね!

タグ管理とは、お客様の品物を正しく管理するために衣服に取り付ける小さな紙のことです。別名、クリーニングタックとも呼ばれています。

クリーニング店で商品を受け付けた後は、クリーニング工場に配送されて洗濯・アイロンをするのですが、商品についているクリーニングタグが分かれば、受入れ店舗とお客様が特定できます。

タブレットPOSレジの「タグ管理機能」を使えば、レジ会計時にタブレットPOSレジに入力した商品情報を店舗内のタブレットに情報を保管できるので、タック紙を紛失することも無くなって安心です。

経営コンサルタントコンサルタント

受付けた商品情報をタブレットに入力すれば、情報をタブレットで保管できるのは便利ですよね。

もし、タブレットPOSレジアプリを使って預かり票の発行やタグ管理を効率化したいなら、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。経験豊富なプロがお客様に最適な情報提供をしてくれます。

↓まずは無料で相談する↓
レジ選びを無料相談する

値引き・割引機能

値引き・割引機能とは、言葉通りセール価格でクリーニングサービスを提供することです。

最近では、5点まで詰め放題・放題クリーニング出し放題 1ヶ月パスポートなどボリュームディスカウントを行う割引イベントやキャンペーンを提供しているお店もあります。

また、クリーニング店では季節ごとに割引・値引きキャンペーンが開催されます。

各種セールやキャンペーン
  • 新春セール:ダウンやコートなど冬物衣類のクリーニングや、春物衣料の準備を訴求する
  • 新学期セール:卒業・入学シーズンキャンペーン、春の学生服クリーニングキャンペーンなど
  • サマーセール:汗をかく時期に向けてYシャツやスニーカーのセールなど
  • 年末セール:防寒具、ビジネス、学生服、礼服、おしゃれ着などまとめてお得にクリーニング
経営コンサルタントコンサルタント

集客力をアップするために割引イベントを開催するのは効果的な施策の1つですね!

クリーニング店が割引キャンペーンを行う場合には、ハガキやチラシを会員の住所宛てにDM発送することが一般的ですが、POSレジアプリを利用すればEメールやLINEでかんたんに訴求ができるので、広告にかかる費用が削減できます。

経営コンサルタントコンサルタント

受付けた商品情報をタブレットに入力すれば、情報をタブレットで保管できるのは便利ですよね。

もし値引き・割引機能などを使って店舗の集客力アップを効率化したいなら、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。経験豊富なプロがお客様に最適な情報提供をしてくれます。

↓まずは無料で相談する↓
レジ選びを無料相談する

顧客管理機能(会員情報の登録や会員カードなど)

顧客管理機能とは、お客様に関する会員情報をシステムに登録すること、または会員カードを発行することを指します。

スマホで使えるモバイル会員カードとは

POSレジアプリが発行するモバイル会員カードとは、従来の名刺サイズの紙に印刷された会員カードではなく、お客様がスマホで利用できる会員カードのことを指します。

従来の紙の会員カードは発行するためにコストがかかるため、カード発行手数料をお客様から頂くことが多いのですが、タブレットのPOSレジアプリならコストがかからないため無料で会員カードを発行することが可能です。

経営コンサルタントコンサルタント

数百円の年会費を気にして、他店のクリーニング店に行ってしまうお客様もいるので、無料のモバイル会員カードを発行できるPOSレジアプリは便利ですね!

多くのクリーニング店では、新しく来店されたお客様にはまず店舗の会員になって頂いてからサービスをご利用いただく流れとなっています。これはお客様が預かり票を紛失してしまった場合の引き取り証明や、商品の引き取り忘れ防止(いわゆる長期放置品の防止)のためには必要なことです。

「顧客管理機能」を簡単に説明すると、お客様の氏名や住所、連絡先などの情報をシステムに登録してクリーニング店の業務に活用することといえます。

顧客管理機能とは

「顧客管理機能」は、会員情報の新規登録や会員カードの発行以外にも広く使われることがあります。POSレジアプリでは、会員カードのポイント使用履歴や、顧客ランクの設定など顧客に関するすべての情報を管理する機能をまとめて「顧客管理機能」と呼んでいます。

以下にクリーニング店で使われるPOSレジの顧客管理機能の主な特徴をご紹介します。

主な特徴
  • 会員情報の登録や変更:来店するお客様の氏名や電話番号、住所などをシステムに登録が可能
  • 会員カードの発行:お客様がご自身のスマホを会員カードとして使えるモバイル会員カードを発行できます
  • 取引履歴・来店履歴の検索:クリーニング商品の受付時にお客様の過去の取引履歴を確認しながら、やり取りが可能
経営コンサルタントコンサルタント

会員カードを持参していない、または紛失してしまうお客様が多いので、POSレジアプリの会員カードは手軽で便利ですね!

クリーニング店の代表的な販促活動は、チラシかDMの送付による集客です。また、会員カードをポイントカードとして利用できれば、クリーニングを出すほどポイントがもらえるのでお客様のリピート率アップにもつながるでしょう。

また、顧客管理機能を使うことによって得られる主なメリットをご紹介します。

得られるメリット
  • 顧客情報の管理:お店に来店する客層(お客様の性別や年代など)を確認したり、DMの発送先の住所を管理することができます。
  • リピート率のアップ:クリーニングを出すごとに会員カードにポイントを付与すれば、継続してお店を利用するモチベーション向上につながります。
  • 長期放置品の防止:商品の引き取り忘れや長期放置品の防止のためには、直接お客様に連絡することが必要になります。
経営コンサルタントコンサルタント

地域密着型のビジネスであるクリーニング店が売上アップを目指すためには、リピート率を上げることが大切です。簡単にポイントカードを作成できるのは便利ですね!

以下のような課題を抱えているクリーニング店にはタブレットPOSレジの顧客管理機能がマッチします。

こんなお店に最適
  • 数百円の年会費を理由に他店に行ってしまう客層(学生や一人暮らし)が多く利用する
  • 固定客が少なかったり、お客様の来店が突然途切れてしまうクリーニング店
  • 大量の長期放置品があったり、引き取り忘れが多いクリーニング店
経営コンサルタントコンサルタント

私がぜひ推奨したい使い方は「長期放置品の防止」です。商品の引き取り忘れを防止するためには、システムから会員情報を検索して、お客様に直接ご連絡するのが最も効果的でしょう。

もし顧客管理機能を使って低コストで会員カードを発行したいなら、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。経験豊富なプロがお客様に最適な情報提供をしてくれます。

↓まずは無料で相談する↓
レジ選びを無料相談する

クリーニング店がPOSレジアプリを選ぶ際の注意点

ここではクリーニング店がPOSレジアプリを選ぶ際の注意点を解説します。

機能が少ないレジアプリは避ける

クリーニング店がレジアプリを選ぶ際には、機能が少ないサービスは避けましょう。

最近ではPOSレジのサービスも徐々に種類が増えてきて、豊富な機能を備えているレジアプリからそうでないものまで存在します。

経営コンサルタントコンサルタント

例えばクリーニング業向けPOSレジアプリ「クリポ」や「CposZi」、スマレジやAirレジ、Squareなどは聞いたことがあるかもしれません。

ご自身が店舗でやりたいことが実現できるレジアプリを選びましょう。

広告につられてクリーニング店の業務に役立たないレジアプリを選んでしまうと、時間やコストの無駄になってしまう恐れがあります。

経営コンサルタントコンサルタント

手軽にタブレットで使えるレジアプリといっても、立派な設備投資になります。設備投資を行う際は業者から相見積もりを取る進め方が一般的でしょう。

し自分が気になっているPOSレジアプリに必要な機能が備わっているかどうか分からない場合には、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。知識豊富なプロが中立的な立場で情報提供をしてくれます。

↓まずは無料で相談する↓
レジ選びを無料相談する
重要なポイント

いくら無料でもご自身がやりたいことが実現できないレジアプリは絶対に避けましょう。

レジアプリが管理できる店舗数の上限を確認する

iPadなどのタブレットで使うPOSレジアプリを選ぶ際の注意点としては、レジアプリが管理できる店舗数を確認することも重要なポイントです。

レジアプリはメーカーや申し込む料金プランによって管理できる店舗数が変わってきます。そのためPOSレジを導入する店舗数を事前に決めておく必要があります。

経営コンサルタントコンサルタント

ちなみに話ですが、大規模チェーン店に導入されている複数店舗を一括管理するような大型POSレジシステムは、レジアプリとは比べものにならないほど高額な導入費用がかかっています。

例えば月額料金が無料で使える料金プランで各メーカーを比較すると、スマレジ「スタンダードプラン」では1店舗のみ管理可能ですが、Square POSレジには管理対象の店舗数に制限はありません。(詳細は、以下のレビュー記事をご覧ください)

経営コンサルタントコンサルタント

いまは1店舗の運営を行っているが将来的に店舗数を増やしていきたい、とお考えのオーナー様は、複数店舗の管理対応しているPOSレジアプリのサービスをお選びください。

ご自身の経営している店舗数や運営形態がどの料金プランに該当するのか分からない場合には、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。経験豊富なプロがお客様に最適なレジに関する情報提供をしてくれます。

↓まずは無料で相談する↓
レジ選びを無料相談する
重要なポイント

ご自身の店舗運営状況を鑑みて、レジアプリが同時に管理できる店舗数の上限を確認しましょう。

クリーニング店におすすめのPOSレジランキング

ここからはクリーニング店におすすめのPOSレジ製品をランキング形式でご紹介します。

経営コンサルタントコンサルタント

POSレジアプリの導入をご検討の店舗オーナー様に向けて、こちらの記事に各POSレジの特徴を比較してまとめています。ぜひご覧ください!

経営コンサルタントコンサルタント

それではPOSレジのおすすめランキングを見ていきましょう!管理人のレビューコメントもぜひご一読ください。

1位:スマレジ

クリーニング店向けPOSレジアプリのおすすめランキング1位は「スマレジ」です。特にクリーニング店業務アプリ「Cleeean」と一緒に使う方法を推奨します。

基本的なPOSレジ機能が欲しいだけの場合には、スマレジの無料プラン「スタンダードプラン」で問題ありません。もしクリーニング店の業務を効率化してならクリーニング店業務アプリ「Cleeean」を使うことで、業務を効率化することが可能となります。

スマレジは株式会社スマレジが提供しているiPadで使うタブレットPOSレジのサービスで、レジアプリの中でもトップクラスに汎用性のある製品です。スマレジの詳細については、こちらのレビュー記事をご覧ください。

経営コンサルタントコンサルタント

スマレジを「Cleeean」と一緒に使えば、預かり票の発行・タグ管理などが行えます。またお店の会員カードを発行したり、お客様とLINE連携することができるのでど効率的な顧客販促も可能になります。

クリーニング店向け活用ポイント

POSレジを活用して売上アップを目指したいなら、スマレジの無料プランでも十分可能です。さらに業務の効率化を実現したいならクリーニング店業務アプリ「Cleeean」の併用を検討しましょう。

以下にクリーニング店にスマレジを導入する構成についてご紹介します。

経営コンサルタントコンサルタント

スマレジはiPadで使うPOSレジアプリの中でもトップクラスに汎用性のある製品です。以下に、クリーニング店の業務への活用方針をご提案しますのでご参考にしてください。

おすすめのPOSレジアプリ活用方針
  • 現在使っているキャッシュレジスターや業務システムにかかっている費用を整理して住み分けを行う
  • 基本的なレジ会計機能・売上分析・キャッシュレス決裁を実現したいなら無料の「スタンダードプラン」を採用する
  • クリーニング店業務(預かり票の発行・タグ管理)を効率化したいなら「Cleeean」と一緒に使う
↓公式HPを確認する↓
スマレジ 公式HP

2位:CposZi(シーポス・ジー)

クリーニング店向けPOSレジアプリのおすすめランキング2位は「CposZi(シーポス・ジー)」です。特に過去データをクラウド上に保存可能な「プレミアムアカウント」料金プランを推奨します。

CposZiは、iPadで使うクリーニング店舗専用のタブレットPOSレジです。クリーニング店で行う業務である預かり/返却機能や売上管理機能をはじめ、顧客管理や会員カード、セールや会員割引、日報作成などが行えます。

経営コンサルタントコンサルタント

CposZiがあれば、受付から返却までの一連のレジ作業を行えます。クリーニング店の業務に特化したPOSレジアプリですので特に業務オペレーションの効率化が期待できますね!

CposZiには無料で使える「ベーシック会員」と、有料の「プレミアム会員」の2つの料金プランが用意されており、1店舗で複数台のレジを利用することも可能です。

CposZiの料金プラン
  • ベーシック会員:無料で利用可能。画面内に広告が表示される。当日分の処理データのみ取り扱い可能。
  • プレミアム会員:月額7,980円(税別)の有償プラン。広告が非表示となる。過去データがクラウド上に保管できるため、月報や過去の売上データ分析が可能となる。

CposZiをSTORES 決裁と連携すればキャッシュレス決裁も可能となり、クレジットカード決済やバーコード決裁、ポイント管理を行うことができます。

STORES 決裁によるキャッシュレス決裁の手数料についてはこちらのSTORESレビュー記事をご覧下さい。

クリーニング店向け活用ポイント

無料の「ベーシック会員プラン」でも十分業務の効率化は可能です。過去の売上データを分析したり、月報管理をして長期的な売上アップを実現していきたいなら「ベーシック会員プラン」へのアップグレードを検討しましょう。

また、Bluetoothを使って周辺機器(バーコードスキャナやレシートプリンタなど)と無線接続ができるので、レジカウンターもスッキリさせることができます。

CposZiの詳細については、こちらの公式ホームページをご覧ください。

経営コンサルタントコンサルタント

CposZiはクリーニング業務システムを無料で使えるのが良いですね!経営コンサルタントの管理人が考えるCposZiの活用方針をご提案しますのでご参考にどうぞ。

おすすめのPOSレジアプリ活用方針
  • 現在まったく業務システムを利用していないなら、無料の「ベーシック会員プラン」でタブレットPOSレジを始めてみる
  • 過去データを分析して長期的な売上アップを実現したい、または画面内の広告を非表示にしたいなら有料の「プレミアム会員プラン」を使う
  • クレジットカード支払いなどキャッシュレス決裁を導入したいなら「STORES 決裁」と一緒に使う
↓公式HPを確認する↓
CposZi 公式HP

3位:StarPOS(スターポス)

クリーニング店向けPOSレジアプリのおすすめランキング3位は「StarPOS」です。

StarPOSは、iPadで使えるクリーニング店舗専用のタブレットPOSレジです。クリーニング店に必要な機能はすべて一通り搭載されていて、宅配や集荷などのデリバリー業務に役立つ地図表示が出来ることが特徴です。

経営コンサルタントコンサルタント

StarPOSは現場で使うと便利な機能がたくさんあります。特筆すべきは、「売上分析機能」と「販促機能」が充実している点でしょう。

売上分析機能を使えば、店舗の会員を地図上に表示する顧客分布マップを作成したり、多く来店頂いている優良顧客を特定することが出来ます。

また販促機能を使えば、絞り込んだお客様宛にハガキやメールのDMを送付して効果的に売上をアップすることが出来ます。ターゲットを絞った販促活動は、長期放置品の防止にも役立つでしょう。

クリーニング店向け活用ポイント

もし店舗に大量の長期放置品を抱えているのなら、StarPOSはピッタリのサービスです。応対履歴データから商品未返却のお客様に販促機能を使って引き取り連絡をしましょう。

StarPOSの詳細については、こちらの公式ホームページをご覧ください。

経営コンサルタントコンサルタント

SrtarPOSは宅配・集荷業務に地図表示できるのが良いですね!経営コンサルタントの管理人が考える活用方針をご提案しますのでご参考にどうぞ。

おすすめのPOSレジアプリ活用方針
  • 販促機能を使って値引きクーポンを発行することで、集客力をアップして顧客離れを防ぐ
  • 宅配や集荷業務には地図表示機能を活用して、最適な経路で効率的なデリバリーを行う
  • 大量の長期放置品を店舗に抱えているなら、応対履歴データを使ってお客様宛に引き取り連絡を行う
↓公式HPを確認する↓
StarPOS 公式HP

4位:クリポ

クリーニング店向けPOSレジアプリのおすすめランキング4位は「クリポ」です。

クリポはiPadのみで使えるクリーニング業務に特化したタブレットPOSレジです。顧客管理、商品預り入力、会計処理、預り履歴など、クリーニング店で基本的に必要となる機能を搭載したクリーニング店向けのPOSアプリです。

経営コンサルタントコンサルタント

クリポは無料から有料まで使う機能によって料金プランが豊富に用意されているのが特徴です。ご自身の店舗に合った料金プランをチェックしましょう!

クリポでは、無料で使える「お試しプラン」からすべてのサービスが利用できる有料「サポートプラスプラン」まで豊富な料金プランが用意されています。

但し、直接電話でコールセンター問い合わせできる「サポートプラスプラン」は受付時間が平日9:00~17:00であることにご注意ください。休日営業時間に何かしらトラブルが起きたときには、別の対応が必要になります。

クリーニング店向け活用ポイント

パソコンやタブレットに詳しくないなら、クリポはピッタリのサービスです。操作マニュアルが不要なほど簡単な操作でPOSレジが利用できます。

クリポの詳細については、こちらの公式ホームページをご覧ください。

経営コンサルタントコンサルタント

クリポは操作が簡単でシンプルなのが良いですね!経営コンサルタントの管理人が考える活用方針をご提案しますのでご参考にどうぞ。

おすすめのPOSレジアプリ活用方針
  • まずは無料「お試しプラン」をインストールして、本格導入する場合には「スタンダードプラン」を採用する
  • Yシャツやスラックスなど売れ筋の商品がすぐに登録できるように商品登録を行う
  • 商品受付時に摘要欄(シミ取りやボタンほつれなど)は、定型文を入力して管理する
↓公式HPを確認する↓
クリポ 公式HP

5位:Square POSレジ

クリーニング店向けPOSレジアプリのおすすめランキング5位は「Square POSレジ」です。特にクレジットカード決済を店舗で実現したいなら、Square決済サービスと一緒に利用することを推奨します。

Square POSレジは、無料のSquareアカウントを作成するだけで、レジアプリに備わっている機能がすべて無料で利用できます。月額の料金プランを気にせずに、レジアプリの機能を利用してみたい、という方にはピッタリのサービスです。

Square POSレジの詳細については、こちらのレビュー記事をご覧ください。

経営コンサルタントコンサルタント

Square POSレジにはクリーニング店の業務に特化した機能はありませんが、機能がすべて無料で使えるためまずは、POSレジを始めてみたいというお店にはオススメです。

クリーニング店向け活用ポイント

既存の業務システムをそのまま活用しながら、POSレジを無料で利用したいのであれば、Square POSレジが良いでしょう。但し、クリーニング店特有の業務に対応した機能はありません。

以下にクリーニング店を含めてリフォーム・修理サービスにSquareを導入された事例を事例をご紹介します。

経営コンサルタントコンサルタント

管理人が考える飲食店におけるSquare POSレジの活用方針を以下の通りにご提案します。よろしければご参考にどうぞ。

おすすめのPOSレジアプリ活用方針
  • 無料で利用できる店舗ホームページを開設して、集客力をアップする
  • 既存の業務システムを残したまま、レジ会計の業務のみSquare POSレジに切り替える
  • 無料の「Squareデータアプリ」をダウンロードして、リアルタイムにスマホで売上を確認・分析する
↓公式HPを確認する↓
Square 公式HP

クリーニング店が効率的かつ低コストでPOSレジを導入する方法

ここではクリーニング店がPOSレジアプリを効率的かつ低コストで導入する方法について解説します。

効率的にPOSレジアプリを導入する方法

タブレットPOSレジアプリについて興味を持つ背景は人それぞれですが、一般的には以下のようなきっかけがあると考えられます。

POSレジアプリについて知ったきっかけ
  • 知人や導入済みの店舗に教えてもらった
  • 雑誌広告やテレビCMで知った
  • インターネットで「タブレット POSレジ アプリ」と検索した
経営コンサルタントコンサルタント

自分の力だけで調べていると、どのサービスが自分の店舗にフィットするのか分からなくなってしまいますよね。ですが、最も大切なことは自分のやりたいことを実現できるサービスを選べるかどうかだと思います。

経営コンサルタントコンサルタント

当サイトで推奨している方法は、レジ選び無料相談サービスに相談することです。自分のやりたいことやどのように手続きを進めたいかをメールや電話で伝えるだけで、レジ選びのプロがおすすめのお役立ち情報を紹介してくれます。

また、円滑なコミュニケーションを実現するために、レジ選び無料相談サービスに対するおすすめの相談方法についてご紹介します。

おすすめの相談方法
  1. タブレットPOSレジアプリについて興味を持つに至ったきっかけなど経緯を相談員に説明する
  2. ご自身が店舗で何を実現したいのかを説明する
  3. 進め方を教えて欲しいのか、サービスを紹介して欲しいのか、事例を紹介して欲しいのか、などリクエストを説明する

POSレジアプリを店舗に導入するまでの手続きや、店舗にマッチするPOSレジアプリはどれか、レジカウンター周りはどのようなイメージになるかなど、気になる点はすべて伝えるようにしましょう。

↓まずは無料で相談する↓
レジ選びを無料相談する

費用を抑えてPOSレジアプリを導入する方法

結論からお伝えすると、最も低コストでPOSレジアプリを導入する方法は、補助金・助成金を活用することです。

なぜなら、POSレジアプリには無料で利用できるサービスがありますが、iPadなどのタブレット端末は無料ではありません。また、キャッシュドロアレシートプリンタ、バーコードリーダなどの周辺機器を一通り揃えるためにはそれなりのコストが必要になってきます。

例えば、無料で利用できるSquare POSレジやSTORES レジ「フリープラン」であれば無料で豊富なPOSレジのアプリは、お釣りのやり取りを行う会計業務として利用するためには、有償の周辺機器を買う必要があります。

経営コンサルタントコンサルタント

出来る限り低コストで店舗にシステムを導入するためには、お得な補助金・助成金を活用するのがよいでしょう。

経営コンサルタントコンサルタント

当サイトで推奨している方法は、レジ選び無料相談サービスに相談することです。自分の実現したい機能や考えている予算をメールや電話で伝えるだけで、レジ選びのプロがおすすめの補助金の活用情報を紹介してくれます。

また、円滑なコミュニケーションを実現するために、レジ選び無料相談サービスに対するおすすめの相談方法についてご紹介します。

おすすめの相談方法
  1. ご自身が店舗で何を実現したいのかを説明する
  2. ご自身が考えている予算を相談員に説明する
  3. サービスを紹介して欲しいのか、概算の見積もりが欲しいのか、商材の相見積もりがしたいのか、などリクエストを説明する

実際にPOSレジアプリの導入費用はどれくらいかかるのか、初期費用やランニング費用はどのような金額になるのか、周辺機器を合わせるとどれくらいの費用になるのかなど、気になる点はすべて伝えるようにしましょう。

↓まずは無料で相談する↓
レジ選びを無料相談する

クリーニング店がPOSレジ導入に活用できる補助金情報

クリーニング店のオーナー向けにPOSレジの導入に活用できる補助金制度をご紹介します。

補助金情報に関する注意事項

当記事の記載内容は、2022年度の最新情報を記載しています。

当サイトの管理人が常に情報を最新に更新するように努めていますが、補助金制度は随時要件や内容の変更が発生する可能性があります。申請手続きをご検討の方は、有人のレジ選び無料相談サービスにご確認頂くか参考情報としてご理解頂ければと思います。

経営コンサルタントコンサルタント

まずはクリーニング店が活用できる主な補助金情報を一覧にしてご紹介します。最近では特にIT導入補助金が人気ですのでぜひチェックしてみてくださいね!

POSレジ導入に活用できる補助金制度
  • 小規模事業者持続化補助金
  • IT導入補助金
  • 事業再構築補助金
  • 事業復活支援金
  • 業務改善助成金
  • ものづくり補助金

経済産業省HPで特集されている人気の補助金・給付金もご確認ください。

また、中小機構による特設サイトも併せてご確認下さい。

経営コンサルタントコンサルタント

全ク連ホームページのお知らせにも最新の補助金・助成金情報が掲載されています。積極的に補助金を活用していきましょう

レジ選び無料相談

補助金・助成金制度の利用をご検討でしたら、レジ選び無料相談サービスにご相談ください。知識豊富なプロがあなたの店舗やご要望にあったPOSレジを中立的な立場でご提案いたします。無理なご提案も行いません。

600,000件以上の相談実績【電話・メール・LINEもOK】

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金とは、小規模事業者の売上増加や生産性向上に関わる取り組みに必要な経費の一部を支援する制度です。通称、持続化補助金と呼ばれています。

補助金の申請には、商工会議所・商工会が発行する事業支援計画書が必要となります。

用語解説

小規模事業者および一定要件を満たす特定非営利活動法人を「小規模事業者等」といいます。

持続化補助金は、常勤の従業員が原則20人以下の法人もしくは個人事業主が補助金の対象となります。つまり、規模の小さな事業者が対象の補助金です。

経営コンサルタントコンサルタント

クリーニング店は個人店オーナーが経営している場合が多いので、申請するなら当補助金は最適です。積極的に活用しましょう!

当補助金の情報については、公式HPまたはガイドブックをご覧ください。

当補助金は以下の2種類に分類されています。

小規模事業者持続化補助金の分類
  • 一般形(上限50万円):チラシ作成、Webサイト作成、商談会参加、店舗改装などに使用可能。
  • 低感染リスク型ビジネス枠(上限100万円):新型コロナウイルス対策感染症対策として新たなビジネス・サービスなどを実施する際に使用可能。

商工会または商工会議所のサポートを受けながら事業計画書を作成し、審査・採択手続きを経た後に費用補助を受けられます。

持続化補助金の主な特徴まとめ
  • 小規模の法人または個人事業主が補助金の対象となる
  • 「一般型」なら販路開拓や業務効率化など幅広い取り組みが補助の対象になる
  • 商工会または商工会議所のサポートを受けながら事業計画書を作成する

補助金制度による具体的な支給額は、事業運営にかかった経費に所定の補助率を乗じて算出されます。

当補助金は、クリーニング店が新たにタブレットPOSレジソフトウェアを購入し、売上管理業務を効率化する場合や、新たに経理・会計ソフトウェアを購入し、決算業務を効率化する場合が該当します。

経営コンサルタントコンサルタント

経営コンサルタントの視点から、クリーニング店向けにこの補助金を最大限活用する戦略をご提案します。①販路開拓と②業務効率化の2本柱戦略です。

おすすめの補助金活用戦略
  • 店舗で実現したいことを以下の2本柱で優先順位をつけて実現する
  • ①販路開拓への取り組み:お店のホームページ作成、折込みチラシ作成、店舗改装に活用する
  • ②業務効率化への取り組み:タブレット端末の購入、POSレジアプリの導入、キャッシュレス決裁の導入、経理・会計ソフトウェアの購入

もし補助金の申請方法が分からなければ、レジ選び無料相談サービスにご相談することをおすすめします。レジ選びのプロがあなたの店舗事業をサポートしてくれます。

↓まずは無料で相談する↓
レジ選びを無料相談する
クリーニング店向け活用ポイント

タブレットPOSレジを活用した効率的な店舗運営によって、売上増加を実現しましょう。

IT導入補助金

IT導入補助金とは、中小企業・小規模事業者が自社の課題やニーズに合ったITツールに関して、その導入補助が受けられる補助金制度です。

更新情報

2022年11月8日(火)に2023年度(令和5年)のIT導入補助金の方針が公表されました。

当制度の目的は、クラウドシステムなどのITツール導入によって業務効率化やコスト削減などの経営改善を行うことであり、当サイトで紹介しているPOSレジアプリやクラウド会計ソフト(freeeなど)の導入も該当します。

用語解説
  • 「ITツール」とは、パッケージソフトの本体費用、クラウドサービスの導入・初期費用等を指します。
  • 「クラウドシステム」とは、インターネット環境さえあれば、ネットワーク経由で利用できるシステムのことです。クラウド(Cloud)は「雲」という意味で、インターネット経由で雲の上のシステムを利用するようなイメージが由来となっています。
経営コンサルタントコンサルタント

IT導入補助金は、POSレジに限らずITツールを購入する際に人気の補助金制度です。他の補助金に比べて、間口が広く1年間を通じて複数回の申し込みが可能です。ぜひ積極的に活用したいですね!

当補助金の詳細は、公式HPをご覧ください。

補助金の申請は、目的に合わせて以下の2種類から選択して申請します。

IT導入補助金の申請分類
  • 通常型:A類型とB類型
  • デジタル化基盤導入枠:令和3年度補正予算として新たに新設

所定の条件を満たすと、ITツールを導入にかかる経費の一部について補助が受けられます。

経営コンサルタントコンサルタント

IT導入補助金は、申請時期が早いほど採択率が高くなる傾向があるため、気づいたらすぐに申請しましょう。ぜひレジ選び無料相談サービスに相談してみてくだいね

タブレットPOSレジはソフトウェアであるため、申請分類は「通常型」に該当しますが、POSレジ以外にも周辺機器が対象となるケースもあります。

また、POSレジのクラウドサービス購入とともに、管理会計ソフトの導入を行えば、事業の経営の透明化に役立ちます。

おすすめの補助金活用戦略
  • クリーニング店なら「通常型」の「A類型」への申請を基本方針とする
  • タブレット端末やキャッシュレス決裁端末、バーコードリーダーなどのハードウェア導入に活用する
  • POSレジ以外にも、店舗経営に必要な会計ソフトやセキュリティソフト導入に活用する

もし具体的に補助金の申請方法が分からなければ、レジ選び無料相談サービスにご相談ください。

↓まずは無料で相談する↓
レジ選びを無料相談する
クリーニング店向け活用ポイント

ソフトウェア以外にも周辺機器を含むPOSレジ導入費用の補助が受けられるか確認しましょう。

事業再構築補助金

事業再構築補助金とは、日本における新型コロナウイルス感染症に伴う経済悪化に対応するために、中小企業が事業を再編・転換・再構築することを支援する制度です。

補助金の対象は、日本国内に本社を有する中小企業者等及び中堅企業等です。

用語解説

当補助金の対象となる中小企業とは、資本金5,000万円以下の会社または従業員50人以下の会社及び個人のことを指します。

経営コンサルタントコンサルタント

当補助金の分かりやすい事例として、クリーニング店がテイクアウトカフェや鞄の修理事業を始めるケースが挙げられます。クリーニング店は地域密着型のビジネスなので、地域住民に役立つサービスを考えるとよいでしょう。

当補助金の申請受付及び交付事務は、国(中小企業庁)が行っています。

当補助金の詳細は、中小企業庁HPまたは公募要領をご覧ください。

当補助金の申請要件は以下の項目が必須化されています。

事業再構築補助金の申請要件
  • 売上が減っていること
  • 事業再構築に取り組むこと
  • 認定経営革新等支援機関と事業計画を策定すること

当補助金に採択されるためには、補助金申請対象の事業が、事業再構築指針に示す「事業再構築」の定義に該当する事業であることが必要です。当補助金を検討する場合は、必ずご確認ください。

事業再構築補助金の申請には電子申請システムの利用を基本としており、手続きにGビズIDプライムが必要となります。詳細は、電子申請システムマニュアルをご確認ください。

経営コンサルタントコンサルタント

正直なところ、当補助金の申請が採択されるためには、外部のプロと一緒に検討しなければなかなか難しいです。レジ選び無料相談サービスに相談しましょう!

おすすめの補助金活用戦略
  • もし補助金申請に慣れていなければ、外部のプロに相談する
  • 事業計画は柔軟に考え、必要あらば専門家に相談する
  • POSレジアプリを活用した事業計画の策定を行う

例えばコロナ前にクリーニング店を営業していたが、経営悪化に伴う事業再構築として、店舗の一部を廃止してテイクアウトカフェ事業や鞄の修理事業を始めるような場合に、当補助金が該当します

当補助金を活用するためには、事業計画を柔軟に考える必要があります。もし事業計画のイメージがつかなければ、過去の事例を調べたり、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。

↓まずは無料で相談する↓
レジ選びを無料相談する
クリーニング店向け活用ポイント

柔軟な発想でタブレットPOSレジを活用した事業計画の策定を検討しましょう。

事業復活支援金

事業復活支援金とは、新型コロナウイルス感染症によって経済的な打撃を受けた事業者がその事業規模に応じて給付金を受けられる制度です。

更新情報

差額給付の申請期間は、6月30日(木)をもって終了いたしました。補助金に関する最新情報は経済産業省HPをご覧ください。

業種や所在地を問われませんが、2021年11月~2022年3月のいずれかの月の売上高が50%以上または30~50%減少した事業者が補助金支給対象とされています。

経営コンサルタントコンサルタント

当補助金はフリーランスを含む個人事業主を含めて、かなり広い範囲の事業者が対象となります。個人経営のクリーニング店には最適ですね。

当補助金の詳細は、公式HPまたはこちらのリンクより資料をダウンロードください。

事業規模ごとの最大支給額は以下の通りに分類されています。

最大支給額
  • 法人:最大250万円
  • 個人事業主:最大50万円

所定の条件さえ満たせば、新型コロナウイルス感染症による経済的な影響を受けた事業者が補助を受けられる補助金です。

経営コンサルタントコンサルタント

当補助金の募集期間は締切りになりましたが、補助金の存在に気づいたらすぐに申請しましょう。最新の補助金情報については、ぜひレジ選び無料相談サービスに相談してみてくだいね

おすすめの補助金活用戦略
  • 社会的情勢により事業者をサポートしてくれる補助金制度は締切りになる前に急ぎ申請する
  • 他の事業者がどのように活用しているのか情報収集を欠かさない
  • POSレジアプリを導入した店舗オペレーションの改善など設備投資に活用する

給付金額は事業規模に応じて支給されますが、POSレジや業務システムの購入費用としては十分な金額です。ぜひ積極的に当補助金を活用してましょう。

↓まずは無料で相談する↓
レジ選びを無料相談する
クリーニング店向け活用ポイント

POSレジの導入によって効率的な店舗運営を実現し、売上アップを目指しましょう。

業務改善助成金

業務改善助成金とは、中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援し、事業場内最低賃金の引上げを目的とした国の助成金です。

更新情報

2022年(令和4年度)の9月と12月に制度改正(拡充)が行われました。最新の情報は公式HPをご確認ください。

当制度は、生産性向上のために設備投資(機械設備、POSレジ導入やコンサルティング・教育訓練)を行って、事業場内最低賃金を一定額以上引き上げた場合に、その設備投資などにかかった費用の一部を助成してくれます。

用語解説

「事業場内最低賃金」とは、事業場内で最も低い賃金を意味します。

経営コンサルタントコンサルタント

当補助金の目的は、あくまでも事業場内最低賃金の引上げです。パートさんが多かったり家族経営のクリーニング店には有用な補助金だといえるでしょう。

補助金の詳細は、厚生労働省HPまたは以下の動画をご覧ください。

2022年7月現在、事業場が助成を受けるためには、以下2つの要件を満たす必要があります。

業務改善助成金の交付要件
  • 事業場内最低賃金と地域別最低賃金の差額が30円以内
  • 事業場規模100人以下

当補助金の目的は、あくまでも事業場内最低賃金の引上げが目的です。

例えばクリーニング店がPOSレジ導入やコンサルティングサービスを実施して、事業場内最低賃金を引き上げる場合が該当します。

経営コンサルタントコンサルタント

当補助金は2023年も継続して事業者をサポートしてくれます。但し、予算の範囲内で交付する制度のため、申請期間内に募集を終了する場合があります。補助金の存在に気づいたらすぐに申請しましょう。

おすすめの補助金活用戦略
  • 申請期間の締め切りになる前に急ぎ申請手続きを行う
  • スタッフ教育や社員が利用する設備への投資を優先する
  • タブレットPOSレジを導入して、社員の業務オペレーションが楽になるように検討する

もし補助金の申請方法や活用イメージがつかなければ、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。

↓まずは無料で相談する↓
レジ選びを無料相談する
クリーニング向け活用ポイント

当助成金をタブレットPOSレジの導入費用として活用するなら、事業場内最低賃金の引上げという目的の範囲内で検討しましょう。

ものづくり補助金

ものづくり補助金とは、革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセス改善を目的とする設備投資をサポートする中小企業向け補助金制度です。※正式名称は「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」といいます。

注意事項

「ものづくり補助金」は、あくまでも中小企業向けの補助金であることにご注意下さい。フリーランスや個人事業主の方は、補助金の申請を行うことができません。

当補助金の詳細は、ものづくり補助金総合サイトをご覧ください。

経営コンサルタントコンサルタント

ものづくり、というキーワードからは製造業のイメージが強いですが、クリーニング店でも要件を満たせば補助金の交付を受けられますのでぜひチェックしてみてくださいね!

所定の条件を満たせば、設備投資にかかった費用の一部を支援してもらえますが、受給条件を満たせなかった場合には、補助金の返還をしなければならない恐れがあるため、補助金を受けるためには綿密な計画を立てる必要があります。

また、当補助金の申請方法は、インターネットを利用した「電子申請」です。GビズIDプライムアカウントの取得が必要ですので、未取得の場合には早めに利用登録を行いましょう。

経営コンサルタントコンサルタント

ものづくり補助金もIT導入補助金と同様に人気の補助金制度(採択率は約30%)となっています。申請時期が早いほど採択率が上がる傾向があるため、なるべく早めの申請をおすすめします。

おすすめの補助金活用戦略
  • 「一般型」または「デジタル枠」での申請を行う
  • レジアプリ(クラウドサービス利用費)とハードウェア(タブレット端末)の申請を行う
  • テイクアウト事業やネットオーダーなどPOSレジアプリを活用した中長期的な事業計画を策定する

の補助金は、クリーニング店が効率的な店舗運営を実現するための設備投資として、タブレッPOSレジを導入するような場合に活用できます。

もし補助金をどのように活用すればよいかイメージがつかなければ、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。

↓まずは無料で相談する↓
レジ選びを無料相談する
クリーニング店向け活用ポイント

タブレットPOSレジの導入を設備投資として捉えて、効率的な店舗の運営や新しいサービスの開発を実現しよう。

まとめ

当記事ではクリーニング店向けにPOSレジ導入に役立つ情報をご紹介しました。

記事内で紹介した補助金制度をうまく活用して導入費用の負担を軽減しつつ、ご自身の店舗に合ったPOSレジを導入しましょう。

記事内でご紹介した補助金制度やレジ選び無料相談サービスをうまく活用して、店舗に合ったPOSレジを導入してみましょう。

600,000件以上の相談実績【電話・メール・LINEもOK】