整骨院POSレジ

当記事は接骨院向けPOSレジ導入に関するお役立ち情報をご紹介します。

この記事を読んで分かること
  • タブレットPOSレジアプリの選び方
  • 接骨院で便利なPOSレジアプリの機能
  • 接骨院がタブレットPOSレジを選ぶ際の注意点
  • 接骨院におすすめのタブレットPOSレジアプリ
  • 効率的かつ低コストでPOSレジアプリを導入する方法
  • 接骨院がタブレットPOSレジ導入に活用できる補助金情報

当記事の想定読者は、接骨院や整体院など療術業の店舗経営者を対象にしております。

接骨院というキーワードをメインに記事をまとめますが、それ以外の関連する業種にも役立つ内容になっています。

想定読者の店舗例
  • マッサージ、整骨院、接骨院、整体院
  • 鍼灸院、施術所、あん摩
  • カイロプラクティック
  • リラクゼーションサロン、リフレクソロジー
  • 足裏マッサージ、フットケアサロン
  • アロマテラピー
経営コンサルタントコンサルタント

当サイトの管理人をしている経営コンサルタントのカトウと申します。宜しくお願いします!

記事の専門性・権威性・信頼性

当記事は経営戦略や会社の情報システムに詳しい経歴15年以上のコンサルタントが執筆しています。特にPOSレジデータの分析やマーケティングに基づく経営課題の解決が専門分野です。多数のプロジェクトを推進するかたわら、読者の皆さんにお役に立てるように最新の情報を提供しています。

接骨院におすすめのタブレットPOSレジ一覧

急速な高齢化が進んでいる日本においては、接骨院などの療術業に対するニーズは今後も増加していく、と言われており、国からの支援策も期待されています。

一方で、マッサージのチェーン店など大手企業が店舗数を全国に拡大しており、同業他社との競合が厳しくなってきているのも事実です。都市部や郊外においてリラクゼーション関連の看板を見ない日は無いでしょう。いずれにしても効率的な経営の実現が求められています。

経営コンサルタントコンサルタント

それでは町の接骨院や整骨院などの中小企業が、これらの競争に負けずに売上アップを実現するためには、どのようにしたらよいでしょうか?

経営コンサルタントコンサルタント

中小企業や個人店が効率劇な経営を実現するにはタブレットPOSレジが役に立ちます。便利なITシステムを活用して売上アップを目指しましょう!

当記事では、タブレットPOSレジの概要から接骨院向けに役立つ機能、メリット、選び方、おすすめのタブレットPOSレジをランキング形式にてご紹介します。また、無料相談窓口もありますのでぜひお気軽にご活用下さい。

POSレジの教科書

そもそもPOSレジって何だろう?という方は、まずはこちらのPOSレジの教科書をご覧ください。POSレジのメリットをまとめた店舗運営者必見の内容になっています。

店舗経営者様必見【POSレジの教科書】

【接骨院向け】タブレットPOSレジアプリの選び方

まずは接骨院がタブレットPOSレジを導入する際に役立つPOSレジの選び方について解説します。

経営コンサルタントコンサルタント

接骨院以外の読者様に向けて、こちらのまとめ記事に一般的なPOSレジの選び方や導入メリット、業種別活用ポイントをご紹介しています。

経営コンサルタントコンサルタント

タブレットPOSレジには、レジ機能以外にもたくさんの機能が揃っています。便利なサービスを活用して売り上げをアップしていきましょう!

有名な予約サイトとのシステム連携

接骨院がPOSレジのシステムを導入するなら、有名な予約サイトと簡単にシステム連携できるPOSレジのサービスを選びましょう。

ここで言う連携とは、広告掲載予約受付アンケート回答などを指しています。

接骨院などの療術業の店舗にとっては、まずお客さんに知ってもらい来店いただくことがはじめの第一歩。そこで施術サービスを受けたお客様にリピーターになってもらえれば、長期的な収益が見込めるでしょう。

大別すると、効率よくお客様を集客するためには以下2つのアプローチがあります。

集客の方法
  • アウトバウンド営業:広告やチラシ配りなどサービス提供者からお客様に向けて訴求する
  • インバウンド営業:予約サイトやホームページを用意し、お客様からの予約申し込みを受け付ける

最近では特にインターネット経由でのインバウンド営業が重要である、と言われています。

経営コンサルタントコンサルタント

たしかにお客様の立場からすると、悩みごとをスマホで調べて一番上に出てくるサイトから口コミと空き時間を確認して、予約の申し込みをするのが一般的な流れだと思います。

このインバウンド営業を実現するために最も効率の良い方法は、有名な予約サイトと連携することです。

大勢の人がチェックする予約サイトに広告を掲載しておけば、店舗の認知度が上がりますし、お店の信頼度も高まります。

また、お客様がそれらの予約サイトから口コミ評価を確認できて、担当者の指名・予約の申し込みが一気通貫に行えれば、集客アップにつながります。

接骨院などのサービスが掲載されている有名な予約サイトといえば、以下のようなものがあります。

店舗側からすると、各予約サイトから受け付けた予約情報や、お客様の来店履歴が一元的に管理出来れば、管理業務の省人化につながります。特にさまざまな経路から発生する予約を一つの管理画面で集約して見られるのはとても便利です。

経営コンサルタントコンサルタント

複数の予約サイトに対して、一つずつお店の情報を掲載する作業はとても大変です。タブレットPOSレジを活用して、一気にお店の情報を予約サイトに登録しましょう!

タブレットPOSレジを活用すれば、複数の予約サイトに簡単にお店の情報を掲載が可能です。用意するものは、営業時間や定休日などの店舗の基本的な情報だけです。また、店舗の写真や担当者情報があれば指名受付も可能になります。

顧客カルテ作成やアンケート回答も可能なので、お客様によりきめ細やかなサービスを提供することが出来ます。より多くのお客様に来店いただけるように便利なツールを活用しましょう。

重要なポイント

接骨院のPOSレジは有名な予約サイトと簡単に連携できるサービスを選ぶべし!

予約受付の機能が充実しているか

予約受付の機能が充実していることは、接骨院がPOSレジを選ぶ際に注目したい重要なポイントです。

先の予約サイト連携と同様の趣旨ですが、少人数で運営している接骨院の店舗にとって、予約受付の業務はボトルネックになりがちです。

お客様の施術中に電話予約や来店予約が入った場合には、その度に施術業務をストップしてしまうので、本来の接客・施術に専念出来なくなります。せっかくご来店いただいたお客様に満足したサービスが提供できません。

経営コンサルタントコンサルタント

前述の予約サイトのように、インターネット経由で自動的に予約受付が完了する仕組みがあれば、店舗スタッフの業務負荷が軽減できるはずです。

また、外回りの訪問マッサージを提供している店舗では、外出先でも予約状況を確認することがあります。スマホやタブレットから予約状況を確認できれば、わざわざ予約管理簿台帳を確認するために店舗に戻る必要も無くなるでしょう。

経営コンサルタントコンサルタント

タブレットPOSレジの予約受付の機能がおすすめです!既に店舗のホームページをお持ちであれば、予約カレンダーを埋め込んで利用することも出来ます。

タブレットPOSレジを活用すれば、24時間受付が簡単に実現できます。予約管理機能を使えば、施術シフトや、施術に必要な設備・器具の空き状況も設定できるので、施術の重複も防げます。

予約の取りこぼし防止や人的コスト削減のために、予約受付機能が充実しているPOSレジシステムを選びましょう。

重要なポイント

接骨院のPOSレジは予約受付の機能が充実しているサービスを選ぶべし!

キャッシュレス決裁が簡単に実現出来るか

キャッシュレス決裁が簡単に実現できることも、接骨院のPOSレジ選びに必要な観点です。

会社勤めのサラリーマンや子育て中のママさんなど、忙しい人は銀行に現金を下ろしに行く時間も取れないことも多いでしょう。

お客様の立場に立って考えると、せっかく忙しい合間を縫って店舗で施術を受けるのですから、煩わしい現金のやり取りを極力減らし、支払いや請求に関するストレスを無くすようにすることが大切です。

経営コンサルタントコンサルタント

少なくとも私は、接骨院に行くときには、なるべく現金を持ち歩きたくありません。施術を受けた後のレジ会計で余計なストレスを感じずに、次回の予約をさせて欲しいですね。

クレジットカードの支払いが可能であれば、追加施術の促進がスムーズに行えるようになります。

施術後にお客様の体に関する相談に乗っていると、追加施術の提案をする場合があります。そんなときにキャッシュレス対応が可能であれば、お客様に手持ちの現金が無い場合でも、お客様の悩みをなるべく早く解消することが出来るでしょう。

経営コンサルタントコンサルタント

タブレットPOSレジのキャッシュレス決裁の導入がおすすめです!クレジットカード以外にも交通系ICカードやQRコード決裁など様々な支払方法が可能になります。どのようなものか知りたければレジ選び無料相談サービスにご相談ください。

最近では、現金の支払いのみでは、多様なニーズに答えることは難しくなってきています。

たくさんのお客様に施術サービスを提供するために、キャッシュレス決裁と連携できるPOSレジを選びましょう。

そもそもPOSレジで何が出来るのか、網羅的な情報を知りたいのであれば、POSレジの教科書をご一読いただくことをおすすめします。

重要なポイント

接骨院のPOSレジはキャッシュレス決裁が簡単に導入できるサービスを選ぶべし!

接骨院で便利なタブレットPOSレジアプリの機能

ここでは接骨院で便利なタブレットPOSレジアプリの機能をご紹介します。

予約管理機能

予約管理機能とは、お客様向けにインターネット予約サイトを提供したり、お客様から申し込みのあった予約情報を店舗側で一元管理する仕組み(システム)のことを指します。接骨院や美容院などの予約受付を行っている店舗でよく使われています。

現在、タブレットPOSレジアプリを活用した予約管理機能には、以下2通りの方法があります。

予約管理機能を実現する方法
  • 予約管理機能が搭載されているPOSレジアプリを利用する。
  • POSレジアプリを予約管理システムを連携する。(スマレジ・Airレジなど)
経営コンサルタントコンサルタント

すでに何か予約管理システムを利用しているのでしたら、そのサービスと連携可能なPOSレジアプリを活用するが良いでしょう!

接骨院で使う予約管理機能は、主にお客様からの予約申し込みを一元的に管理する目的で利用されます。

タブレットPOSレジアプリで使える予約管理機能の主な特徴をご紹介します。

主な特徴
  • インターネット予約申し込み画面の開設。パソコンやスマホから365日いつでも予約受付が可能になります。
  • 従来の電話予約や直接来店予約も一元管理。設備の利用状況などあらゆる予約を一元管理できるので、ミスを減らしつつ、予約の受付業務を効率化できます。
  • 来店履歴や顧客カルテなど顧客管理も可能。予約管理画面からお客様の過去の予約履歴・来店履歴が一目で分かるため、お客様に最適な施術メニューを提案することができます。
経営コンサルタントコンサルタント

接骨院の店舗にとっては、特に予約の日時変更やキャンセルをお客様自身で気軽に行えるのが嬉しいポイントですね!

また、予約管理機能にはさまざまなメリットがありますが、特に予約受付業務の効率化というメリットが大きいでしょう。

得られるメリット
  • 予約の管理業務を効率化。出勤スタッフや利用可能な設備などカレンダー形式の予約管理画面に情報が一元管理されるため、予約業務にかかる手間が軽減されます。
  • 予約数・売上アップ。ネット予約サイトがあれば施術中の電話や営業時間外の予約取りこぼしを防止できるため、予約数と売上の向上を実現できます。
  • 予約受付ミスや予約忘れの防止。電話予約で発生する言い間違い・聞き間違いによる受付ミスや異なるスタッフによる二重予約も防止できます。また、来店日前のリマインドメールの自動配信も可能。
経営コンサルタントコンサルタント

予約管理機能のデメリットを強いてあげるとすれば、「柔軟な注文が受けられなくなること」でしょうか。。。この場合には「予約メモ」機能を活用すれば解決します。効率化と柔軟な対応が両方実現となります。

お客様からの予約をすべて従来の電話予約や直接来店予約で受け付けている店舗では、予約の電話がかかってくるたびに、対応中の施術を中断しなければならないので、施術に集中することが出来ません。予約管理システムがあれば、お客様への施術に集中することができます。

以下のような課題を抱えている接骨院には予約管理機能がマッチします。

こんなお店に最適
  • 予約業務を紙台帳で行っていて、予約の管理が煩雑になっている接骨院
  • 受付スタッフがおらず、店舗に受電が入る度に施術業務を中断せざるを得ないような接骨院
  • 訪問マッサージやリハビリなど外出先でも予約のスケジュールを確認する接骨院
経営コンサルタントコンサルタント

私がおすすめする使い方は「予約日時前の自動リマインド連絡」です。予約の無断キャンセル・ドタキャンを防ぐためには、事前にお客様への連絡が欠かせません。無断キャンセルを減らすことが、店舗の売上アップにもつながりますので、とても便利な機能になっています。

もし接骨院に予約管理機能を導入したいのでしたら、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。タブレットPOSレジに限らずに経験豊富なプロがお客様に役立つ情報を情報を提供してくれます。

\接骨院に役立つ機能を質問する/
無料相談窓口はこちら

顧客管理機能(顧客カルテ・デジタル診察券の発行)

タブレットPOSレジアプリの顧客管理機能とは、お客様の情報をシステムに登録して顧客カルテを作成したり、デジタル診察券を発行する機能のことを指します。接骨院や歯医者などお客様に施術を行う業種でよく使われています。

お客様から氏名・連絡先情報を聞いてレジアプリに登録することで、診察券番号(顧客カルテ番号)を払い出すことが可能です。また、その診察券番号からその場ですぐに「デジタル診察券」を発行してお客様にお渡しすることが提示することができます。

デジタル診察券とは

POSレジアプリが発行するデジタル診察券とは、従来の紙に印刷された診察券カードではなく、お客様がスマホを開くだけで利用できる診察券データのことを指します。従来の診察券カードと同様に診察券番号や予約日時を確認することができます。

POSレジアプリが発行するデジタル診察券はあくまでもデジタルデータのため、無料で発行することが可能です。従来の紙の診察券であればカード発行手数料をお客様に請求する場合もありますが、POSレジの顧客管理機能を使えばその必要がなくなります。

経営コンサルタントコンサルタント

数百円のカード発行費用を気にして、他店の接骨院に行ってしまうお客様も存在します。そういう意味では無料のデジタル診察券はストレスなく利用できるので便利ですね!

接骨院においては、新規にご来店頂いたお客様にはまず氏名・年齢・気になる症状などカウンセリングを行ってから施術を行う流れが一般的です。そして施術前の状態と施術後の状態を「顧客カルテ」という台帳に手作業で書き込んでいき、都度具合を確認しながら来院を繰り返して症状の改善を目指します。

タブレットPOSレジの顧客管理機能を使えば、この「顧客カルテ」の作成業務をパソコンまたはタブレットから行うことが可能になります。

顧客カルテとは

タブレットPOSレジの顧客カルテとは、従来通りノートや台帳に顧客の症状や気づきを書き込むのではなく、POSレジシステムに登録して管理する機能のことです。来院履歴や過去の症状など顧客に関するすべての情報をまとめて検索することが可能です。

以下に接骨院で使われる顧客管理機能の主な特徴をご紹介します。

主な特徴
  • 会員情報の登録や変更:来店するお客様の氏名や電話番号、住所や保険加入状況などをシステムに登録が可能
  • デジタル診察券の発行:お客様がご自身のスマホを会員カードとして使えるデジタル診察券を発行できます
  • 来院履歴・来院履歴の検索:カウンセリング受付時にお客様の過去の取引履歴を確認しながら、やり取りが可能
経営コンサルタントコンサルタント

ご高齢者が多く来院する接骨院では、会員カードを持参していない、または紛失してしまうお客様が多いため、POSレジアプリのデジタル診察券は手軽で便利ですね!

接骨院の代表的な販促活動は、チラシかDMの送付による集客です。また、会員カードをポイントカードとして利用できれば、来院するほどポイントがもらえるのでお客様のリピート率アップにもつながるでしょう。

また、顧客管理機能を使うことによって得られる主なメリットをご紹介します。

得られるメリット
  • 顧客情報の管理:お店に来店する客層(お客様の性別や年代など)を確認したり、DMの発送先の住所を管理することができます。
  • リピート率のアップ:来院して施術を受けるごとに会員カードにポイントを付与すれば、継続してお店を利用するモチベーション向上につながります。
  • 長期放置品の防止:商品の引き取り忘れや長期放置品の防止のためには、直接お客様に連絡することが必要になります。
経営コンサルタントコンサルタント

地域密着型のビジネスである接骨院が売上アップを目指すためには、リピート率を上げることが大切です。簡単にポイントカードを作成できるのは便利ですね!

以下のような課題を抱えている接骨院にはタブレットPOSレジの顧客管理機能がマッチします。

こんなお店に最適
  • 数百円のカード発行費を理由に他店に行ってしまう客層(学生や一人暮らし)が多く利用する
  • 固定客が少なかったり、お客様の来店が突然途切れてしまう接骨院
  • お客様が頻繁に診察カードを無くしてしまっている接骨院
経営コンサルタントコンサルタント

私がぜひ推奨したい使い方は「顧客カルテの作成」です。お客様の症状をきめ細やかにシステムに入力していつでも検索できるようにしておけば、お客様により良い施術を提供できるでしょう。

もし顧客管理機能をご検討でしたらレジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。経験豊富なプロがお客様に最適な情報提供をしてくれます。

\接骨院に役立つ機能を質問する/
無料相談窓口はこちら

スタッフ管理機能

スタッフ管理機能とは、勤務しているスタッフの勤怠管理を実現する機能のことです。スタッフ管理機能があれば、シフトスケジュールの作成やタイムカードの打刻など勤怠に関する煩雑な業務を効率化することが可能になります。

複数のスタッフが勤務している接骨院においては、スタッフ管理機能は、管理者にとっても従業員にとっても必要な機能でしょう。

経営コンサルタントコンサルタント

従業員が増えるほどシフト表の作成は煩雑な作業になりがちですよね。タブレットPOSレジには、効率的にスタッフ管理を実現する機能がたくさん搭載されているので活用していきましょう!

スタッフ管理機能は、主にスタッフの勤務スケジュールを管理する目的で利用されますが、予約管理機能と一緒に使うことで、施術に使う設備や器具の利用状況を見える化することもできます。

以下にタブレットPOSレジアプリで使えるスタッフ管理機能の主な特徴をご紹介します。

主な特徴
  • かんたんにシフト表を作成。カレンダースケジュールにスタッフを割り当てるだけで簡単にシフト表を作成することが可能。
  • 見やすいシフト表示。シンプルな統一フォーマットで従業員にも管理者にも分かりやすいスケジュール表示を実現。そのまま紙に印刷も可能。
  • シフトの隠れた課題が分かる。各スタッフの希望や繁忙期など、バランスの取れたシフト表を作成することができます。
経営コンサルタントコンサルタント

スタッフ管理機能を使えば、タブレットから勤務開始ボタンをタップするだけで、タイムカードを打刻することができます。もちろん退勤時も勤務終了ボタンをタップするだけで打刻完了となります。

また、スタッフ管理管理理機能にはさまざまなメリットがあります。

得られるメリット
  • シフト表作成の効率化。スタッフの勤務パターンを考慮してバランスの取れたシフト表を簡単に組むことができます。
  • シフト表の見やすさアップ。従業員や管理者に分かりやすいスケジュール表示、月別や曜日別など集計表示も可能。
  • シフト調整が行いやすい。シフトに必要な人数を設定できるので、その日に必要な人数が一目で分かります。
経営コンサルタントコンサルタント

スタッフ管理機能のデメリットは「従業員が少ない店舗ではメリットが小さいこと」でしょうか。。。ざっくり言うと、接骨院に3名以上のスタッフが勤務しているなら導入する価値は大いにあると思います。

また、スタッフ管理機能ではよく使う定型的な勤務パターンを作成することもできます。朝番・昼番・遅番などのオリジナルの勤務パターンを設定しておいたり、勤務パターンごとの集計が可能です。

以下のような課題を抱えている接骨院にはスタッフ管理機能がマッチします。

こんな接骨院に最適
  • 院長が業務多忙でシフト表を作成する時間を短くしたい接骨院
  • 院長がPCに向かって手作業でオリジナルのシフト表を作成している接骨院
  • 勤務するスタッフが多すぎて毎月のシフト調整が煩雑になっている接骨院
経営コンサルタントコンサルタント

私がおすすめする使い方は「給与の自動計算」です。スタッフ管理機能によって作成したシフト表やタイムカードの打刻実績に基づいて、それぞれのスタッフの給与を自動的に計算することが可能なので、とても便利な機能になっています。

もしスタッフ管理機能をご自身の接骨院に導入したいなら、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。経験豊富なプロの相談員がタブレットPOSレジに限らず店舗のお役立ち情報を情報提供してくれます。

\接骨院に役立つ機能を質問する/
無料相談窓口はこちら

接骨院がタブレットPOSレジアプリを選ぶ際の注意点

ここでは接骨院がPOSレジアプリを選ぶ際の注意点を解説します。

POSレジを導入する目的を明確にしておく

接骨院にタブレットPOSレジを導入するなら、システム導入の目的を明確にしておきましょう。何をしたいか目的によって、利用する機能や連携するサービスが異なってくるためです。

例えば、「予約管理機能を導入して予約受付業務を効率化したい」「顧客管理機能を導入して顧客カルテを電子化したい」「スタッフ管理機能を導入してシフトスケジュールを効率的に作成したい」「キャッシュレス決裁を導入して幅広い支払ニーズに対応したい」など、店舗のニーズに合ったPOSレジを選ぶようにしましょう。

POSレジの教科書

そもそもタブレットPOSで何ができるのか分からないと、なかなか導入目的のイメージもつかないかもしれません。そういう場合には、当記事でご紹介しているPOSレジを5分で理解できる資料「POSレジの教科書」をご覧下さい。

経営コンサルタントコンサルタント

接骨院の方からすると、キャッシュレス決裁PayPayや店舗のレセコンとの違いが分かりづらいかもしれません。POSレジを一言で言うならば、売上データを元にしたマーケティングが簡単に実現できるようになるシステムです。

また、他者が売上アップを実現した成功事例を参考にすることは、タブレットPOSレジなど新しくシステムを検討する際にはとても役に立ちます。

インターネットの記事を検索したり、各メーカーが無料で提供している資料請求を行って、システム導入時の注意点や参考となる情報を集めましょう。

経営コンサルタントコンサルタント

現在、小規模な店舗を中心にタブレットPOSレジを活用した接骨院の経営改善は急速に浸透しています。まずはPOSレジで何を実現したいのか検討して、各メーカーの情報を比較して店舗にフィットするサービスを選びましょう。

タブレットPOSレジを活用した経営改善の事例や、どのようなサービスが自分の店舗にフィットするか検討したい場合には、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。特に無料で出来る範囲を確認しましょう。知識豊富なプロが中立的な立場で情報提供をしてくれます。

\POSレジ選びの注意点を確認する/
無料相談窓口はこちら
重要なポイント

あらかじめシステム導入の目的を明確にしておきましょう。具体的な目的が具体的な成果に繋がります。

レセコンと連動するか

接骨院で使っている電子カルテやレセコンと連動するかどうかは、タブレットPOSレジを選ぶ際の大きなポイントです。

用語解説

レセコンとは、レセプトコンピュータの略で、「医療事務コンピュータ」「医療コンピュータ」とも呼ばれています。医療施設から健康保険組合などの支払い機関に対して、診療報酬を請求するときに必要となるレセプト(診療報酬明細書)を作成・発行できるシステムのことです。病院、診療所、調剤薬局におけるレセコン普及率は96%ともいわれており、ほとんどの医療機関で広く利用されています。

レセコンと連動していないレジ(従来の現金キャッシュレジスターなど)を使った会計業務は、レジ会計時にレセコンから出力された領収書の金額を目で確認し、その金額をレジに入力し直してからお客様に金額請求する流れが一般的です。

これに対して、レセコンと連動しているPOSレジを利用すると、レセコンで確定した金額がそのままレジ会計金額に反映されます。レジへの金額入力作業が自動化され、入力する金額の打ち間違いを防止できるため、スムーズな会計業務が実現されます。

経営コンサルタントコンサルタント

レセコンから発行された領収書の金額を目で確認しながら手作業でレジ打ちすると、どうしてもミスが起こりやすくなりますよね。レセコンとPOSレジが連動すれば、この二度手間が無くなります。

レセコンとPOSレジが連動すると、レジ会計時間の短縮にもつながります。体に不調を抱えているお客様への待ち時間の負担を減らすためにも、効率的なレジ会計が求められるでしょう。

もし電子カルテを利用している接骨院の場合であれば、レセコン・電子カルテ・レジの3つのシステムにデータを打ち込まなければならないため、さらにレジ会計の時間がかかってしまいお客様を待たせてしまう恐れがあります。

経営コンサルタントコンサルタント

接骨院に来てくれるお客様には足の具合が悪い方もいらっしゃるため、レジ待ち時間の短縮は大きな課題です。レセコンと連動できるPOSレジならスピーディーな会計が実現できるでしょう。

レセコンと連動できるタブレットPOSレジをお探しならレジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。知識豊富なレジ選びのプロが中立的な立場で情報提供をしてくれます。

\POSレジ選びの注意点を確認する/
無料相談窓口はこちら
重要なポイント

接骨院のPOSレジはレセコンと連動するサービスを選びましょう。レジ会計金額の打ち間違いの防止やレジ待ち時間の短縮が実現できます。

レジアプリが管理できる店舗数の上限を確認する

タブレットPOSレジを選ぶ際の注意点としては、レジアプリが管理できる店舗数を確認することも重要です。

実際のところ、タブレットで使えるレジアプリといっても、各サービスや料金プランによって管理できる店舗数が異なります。そのためPOSレジを導入する店舗数を事前に決めておく必要があるのです。

経営コンサルタントコンサルタント

ちなみに話ですが、大規模チェーン店に導入されている複数店舗を一括管理するような大型POSレジシステムは、レジアプリとは比べものにならないほど高額な導入費用がかかっています。

例えば月額料金が無料で使える料金プランで各メーカーを比較すると、スマレジ「スタンダードプラン」では1店舗のみ管理可能ですが、Square POSレジには管理対象の店舗数に制限はありません。(詳細は、以下のレビュー記事をご覧ください)

経営コンサルタントコンサルタント

いまは1店舗の運営を行っているが将来的に店舗数を増やしていきたい、とお考えのオーナー様は、複数店舗の管理対応しているPOSレジアプリのサービスをお選びください。

ご自身の経営している店舗数や運営形態がどの料金プランに該当するのか分からない場合には、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。経験豊富なプロがお客様に最適なレジに関する情報提供をしてくれます。

\POSレジ選びの注意点を確認する/
無料相談窓口はこちら
重要なポイント

ご自身の店舗運営状況を鑑みて、レジアプリが同時に管理できる店舗数の上限を確認しましょう。

接骨院におすすめのPOSレジアプリ【ランキング形式】

ここでは接骨院におすすめのタブレットPOSレジをランキング形式でご紹介します。

経営コンサルタントコンサルタント

POSレジの導入をご検討の店舗オーナー様に向けて、こちらの記事に各POSレジの特徴を比較してまとめています。ぜひご覧ください!

経営コンサルタントコンサルタント

それではPOSレジのおすすめランキングを見ていきましょう!管理人のレビューコメントも記載しましたので、ぜひご一読ください。

1位:スマレジ

接骨院向けPOSレジアプリのおすすめランキング1位は「スマレジ」です。特に整体院・整骨院・エステ・治療院のようなサロン店で活用できる拡張アプリ「LTV-Salon」と一緒に使う方法を推奨します。

スマレジとは、株式会社スマレジが提供しているiPadで使えるタブレット型のPOSレジアプリです。POSレジアプリの中でもトップクラスに汎用性のあるサービスで、拡張アプリを申し込むことで機能を欲しい追加を追加していく事ができます。詳しくは以下のスマレジのレビュー記事をご覧ください。

また、接骨院がPOSレジを導入した方が良い理由や得られるメリットなど接骨院向けのPOSレジ特集情報がスマレジ公式HPに掲載されています。

経営コンサルタントコンサルタント

スマレジは無料で始められるので町の接骨院や個人経営のお店にオススメです!初期費用が無料なのは本当に助かりますよね。

初心者の方でしたら、まずはスマレジの無料プラン「スタンダードプラン」から始めてみましょう。POSレジアプリに慣れてきたら、スマレジで利用する機能を徐々に増やしたり、拡張アプリ「LTV-Salon」の導入する流れがおすすめです。

接骨院店向け活用ポイント

まずはスマレジの無料プラン「スタンダードプラン」を使って店舗で扱うデータをシステム化することが始めの第一歩です。その後に予約の一元管理、電子カルテの作成、管理会計の入力、売上データの分析、販促活動など業務の効率化を実現していきましょう。

スマレジを「LTV-Salon」と一緒に使えば、予約の一元管理、カルテ、会計、分析、販促などが簡単に実現できます。拡張アプリ「LTV-Salon」の特集記事は以下の特集記事をご覧ください。

経営コンサルタントコンサルタント

一般的には接骨院は個人経営が多く、レジや設備に多くの費用がかけられないと思います。無料で始められるPOSレジ「スマレジ」をぜひチェックしてみて下さい!

おすすめのPOSレジアプリ活用方針
  • まずは無料の「スタンダードプラン」から始めて、店舗で取り扱うデータをデジタル化する
  • 無料で設定可能な客層設定を行い、どのようなお客様がどれくらい来店しているのかデータ分析する
  • 拡張アプリ「LTV-Salon」を導入して、予約管理や電子カルテ・販促活動を効率的に行う
↓公式HPを確認する↓
スマレジ 公式HP

2位:Airレジ

接骨院向けおすすめPOSレジランキング2位は「Airレジ」です。

タブレットPOSレジにおいて利用店舗数No.1のサービスで、基本的なレジ機能や商品管理・顧客管理・売上分析など日々の業務で役立つ機能を備えています。Airレジの特徴といえば、圧倒的な使いやすさ。操作方法をまとめたマニュアル動画が豊富に用意されていて、店舗のスタッフ教育も効率的にできます。

管理人のレビュー

CMで有名なキャッシュレス決済サービス「Airペイ」と一緒に使えば、Airレジで会計した情報がそのまま決済端末に反映され、金額再入力の必要が無くスムーズなレジ会計を実現できます。

↓公式HPを確認する↓
Airレジ 公式HP

3位:Square POSレジ

接骨院向けPOSレジアプリのおすすめランキング3位は「Square POSレジ」です。特にクレジットカード決済を店舗で実現したい場合は、Square決済サービスと一緒に利用することを推奨します。

Square POSレジは、無料のSquareアカウントを作成するだけですべてのレジ機能が無料で利用できます。月額の料金プランを気にせずにPOSレジを利用してみたい、という方にはピッタリのサービスでしょう。

経営コンサルタントコンサルタント

従来のキャッシュレジスターをご利用中の方には信じられないほどSquare POSレジには接骨院で使える機能が豊富に揃っています。個人経営など人手不足で困っている接骨院には最適のシステムです。

接骨院向け活用ポイント

まずは接骨院にキャッシュレス決裁を導入して、さまざまな支払いニーズに対応出来るようにしましょう。また、店舗のホームページを作成して集客力をアップしたり、顧客管理を実現すれば売上アップにつながるでしょう。

Square公式ホームページではPOSレジの導入事例が一覧化されています。接骨院の業務に近しい美容院・クリニックの導入事例のリンクを以下に記載しますので是非ご覧ください。

また、Square POSレジのサービスや機能の詳細については、こちらのレビュー記事に情報をまとめてあります。

経営コンサルタントコンサルタント

まずはキャッシュレス決裁を導入することをおすすめします。Squareなら簡単に請求書も発行可能です。以下に管理人が考える接骨院におけるPOSレジアプリの活用方針を提案しますのでよろしければご参考にどうぞ。

おすすめのPOSレジアプリ活用方針
  • キャッシュレス決裁を導入して、お客様のさまざまな支払いニーズに対応する
  • 無料のサイト作成機能を利用して接骨院のホームページを開設して、集客力をアップする
  • 従来の紙で管理している顧客情報をPOSレジに登録して、パソコン上で顧客カルテを実現する
↓公式HPを確認する↓
Square 公式HP

4位:USENレジ HEALTHCARE

接骨院向けPOSレジアプリのおすすめランキング4位は「USENレジ HEALTHCARE」です。特に関連サービスの勤怠管理アプリ「USEN TIMECARD」やキャッシュレス決裁サービス「USEN PAY」と一緒に使うことを推奨します。

USENレジ HEALTHCAREは、接骨院や整体院など治療院の業務に特化したiPadで使えるタブレットPOSレジです。予約管理・顧客管理・カルテ/診療履歴・OSレジ・データ分析・スタッフマイページなど、整体院に特化した機能を搭載しています。

経営コンサルタントコンサルタント

そもそもUSENレジとは飲食店や美容院など業種ごとに特化したPOSレジ製品群のことです。その中でもUSENレジ HEALTHCAREは、整体院向けに開発されたPOSレジアプリとして位置づけられています。

USENレジ HEALTHCAREは、日本マーケティングリサーチ機構の調査において、以下記載の3部門でNO.1を獲得しました。(※調査概要:2022年度1月 イメージ調査)

3部門で1位を獲得
  • お客様サポート体制タブレットPOSレジNo.1
  • 買い替えるならこれにしたいタブレットPOSレジNo.1
  • 店内オペレーションを効率化するタブレットPOSレジNo.1

特に整骨院では「カルテ・診療履歴」という機能が便利です。お客様ごとに診察情報などの治療記録をデータベースとして残すことが可能で、カメラでの撮影記録や手書きによるメモ記録も管理することができます。

接骨院店向け活用ポイント

まずは従来の紙に手書きで書いてバインダー管理している診療履歴の情報をデータベース化しましょう。診療履歴の情報をデジタル化しておけば、電子カルテや診療履歴を予約受付時やレジ会計時にPOSレジの管理画面からかんたんに検索することができます。

また、予約管理機能がシンプルで使いやすく、予約スケジュールがカレンダーとして一覧表示されて、予約を受け付ける時間帯にスタッフと利用設備を割り当てることが出来ます。

経営コンサルタントコンサルタント

USENレジ HEALTHCAREは機能が豊富なだけあって、他のPOSレジに比べると少しコストがかかります。ご予算に余裕のある接骨院であれば断然おすすめします!

おすすめのPOSレジアプリ活用方針
  • まずは紙で管理している診療履歴データをシステム化して電子カルテを作成する
  • クレジットカード支払いなどキャッシュレス決裁を導入したいなら「USEN PAY」と一緒に使う
  • 複数のスタッフが勤務している接骨院なら打刻勤怠管理アプリ「USEN TIMECARD」の導入を検討する
↓公式HPを確認する↓
USENレジ HEALTHCARE 公式HP

5位:STORES レジ

接骨院向けおすすめPOSレジランキング5位は「STORESレジ」です。

STORES レジも他のPOSレジと同様に接骨院など療術業に必要な機能を備えています。スタッフを指名した予約が可能で、250万人以上が利用する予約サイトCoubic(サービス提供者向け名称STORES 予約)との連携が簡単に実現できます。

管理人のレビュー

STORESレジならSTORES 予約との連携がおすすめです!日本全国で250万人以上が利用している人気の予約サイトCoubicに簡単に掲載出来るので、インターネット集客と予約管理が実現できます。

↓公式HPを確認する↓
STORES 公式HP

接骨院が効率的かつ低コストでPOSレジを導入する方法

ここでは接骨院がPOSレジアプリを効率的かつ低コストで導入する方法について解説します。

効率的にタブレットPOSレジを導入するには

タブレットPOSレジアプリについて興味を持つ背景は人それぞれですが、一般的には以下のようなきっかけがあると考えられます。

POSレジアプリについて知ったきっかけ
  • 雑誌広告やテレビCMで知った
  • 知人や導入済みの店舗に教えてもらった
  • インターネットで「タブレット POSレジ アプリ」と検索した
経営コンサルタントコンサルタント

自分だけでいろいろ調べていると、情報が多すぎて結局どうしたらいいのか悩んでしまいますよね。特に新しく開業するケースでは、やることがいっぱいでレジのことは後回しになりがちです。。。

経営コンサルタントコンサルタント

店舗を運営していくうえでは客観的にプロの意見を受けることはとても大切なことです。自分1人だけで頭を悩ますよりも、無料ですのでお気軽にレジ選び無料相談サービスに聞いてみましょう。

また、円滑なコミュニケーションを実現するために、レジ選び無料相談サービスに対するおすすめの相談方法についてご紹介します。

おすすめの相談方法
  1. タブレットPOSレジアプリについて興味を持つに至ったきっかけなど経緯を相談員に説明する
  2. ご自身が店舗で何を実現したいのかを説明する
  3. 進め方を教えて欲しいのか、サービスを紹介して欲しいのか、事例を紹介して欲しいのか、などリクエストを説明する

POSレジアプリを店舗に導入するまでの手続きや、店舗にマッチするPOSレジアプリはどれか、レジカウンター周りはどのようなイメージになるかなど、気になる点はすべて伝えるようにしましょう。

↓まずは無料で相談する↓
レジ選びを無料相談する

最も低コストでタブレットPOSレジを導入するには

結論からお伝えすると、最も低コストでPOSレジアプリを導入する方法は、補助金・助成金を活用することです。

なぜなら、POSレジアプリには無料で利用できるサービスがありますが、iPadなどのタブレット端末は無料ではありません。また、キャッシュドロアレシートプリンタ、バーコードリーダなどの周辺機器を一通り揃えるためにはそれなりのコストが必要になってきます。

例えば、無料で利用できるSquare POSレジやSTORES レジ「フリープラン」であれば無料で豊富なPOSレジのアプリは、お釣りのやり取りを行う会計業務として利用するためには、有償の周辺機器を買う必要があります。

経営コンサルタントコンサルタント

出来る限り低コストで店舗にシステムを導入するためには、お得な補助金・助成金を活用するのがよいでしょう。

経営コンサルタントコンサルタント

当サイトで推奨している方法は、レジ選び無料相談サービスに相談することです。自分の実現したい機能や考えている予算をメールや電話で伝えるだけで、レジ選びのプロがおすすめの補助金の活用情報を紹介してくれます。

また、円滑なコミュニケーションを実現するために、レジ選び無料相談サービスに対するおすすめの相談方法についてご紹介します。

おすすめの相談方法
  1. ご自身が店舗で何を実現したいのかを説明する
  2. ご自身が考えている予算を相談員に説明する
  3. サービスを紹介して欲しいのか、概算の見積もりが欲しいのか、商材の相見積もりがしたいのか、などリクエストを説明する

実際にPOSレジアプリの導入費用はどれくらいかかるのか、初期費用やランニング費用はどのような金額になるのか、周辺機器を合わせるとどれくらいの費用になるのかなど、気になる点はすべて伝えるようにしましょう。

↓まずは無料で相談する↓
レジ選びを無料相談する

【2022年度最新版】接骨院が利用できるお得な補助金情報まとめ

接骨院など療術業のオーナー向けにPOSレジの導入に活用できる補助金制度をご紹介します。

補助金情報に関する注意事項

当記事の記載内容は、2022年度の最新情報を記載しています。

当サイトの管理人が常に情報を最新に更新するように努めていますが、補助金制度は随時要件や内容の変更が発生する可能性があります。申請手続きをご検討の方は、有人のレジ選び無料相談サービスにご確認頂くか参考情報としてご理解頂ければと思います。

経営コンサルタントコンサルタント

まずは接骨院がICT導入に利用できる主な補助金情報をリストアップしてご紹介します。最近では特にIT導入補助金が人気ですのでぜひチェックしてみてくださいね。

POSレジ導入に活用できる主な補助金一覧
  • 小規模事業者持続化補助金
  • IT導入補助金
  • 事業再構築補助金
  • 事業復活支援金
  • 業務改善助成金
  • ものづくり補助金

経済産業省HPで特集されている人気の補助金・給付金もご確認ください。

また、中小機構による特設サイトも併せてご確認下さい。

経営コンサルタントコンサルタント

接骨院が店舗のIT化を進めるためには、ハンディ端末やキッチン用印刷機など他の業種よりも周辺機器が必要になってきます。積極的に補助金を活用していきましょう

レジ選び無料相談

補助金・助成金制度の利用をご検討でしたら、レジ選び無料相談サービスにご相談ください。知識豊富なプロがあなたの店舗やご要望にあったPOSレジを中立的な立場でご提案いたします。無理なご提案も行いません。

600,000件以上の相談実績【電話・メール・LINEもOK】

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金(通称:持続化補助金)とは、「小規模事業者等」が持続的な経営に向けた経営計画に基づいて、①販路開拓や②業務効率化に取り組む際に必要な費用の一部を補助する制度です。補助金の申請には、商工会議所・商工会が発行する事業支援計画書が必要となります。

持続化補助金は、常勤の従業員が原則20人以下の法人もしくは個人事業主が補助金の対象となります。つまり、規模の小さな事業者が対象の補助金です。

用語解説

小規模事業者および一定要件を満たす特定非営利活動法人を「小規模事業者等」といいます。

経営コンサルタントコンサルタント

当補助金は、個人経営の店舗や新規開業を検討している方には最適な補助金です。接骨院にスタッフとして勤務していたけれど、新しく自分のお店を持ってお客様を笑顔にしたい、という素敵な夢をサポートしてくれる制度です。

当補助金の情報については、公式HPまたはガイドブックをご覧ください。

当補助金は「一般型」と「低感染リスク型ビジネス枠」に分類されています。

小規模事業者持続化補助金の分類
  • 一般形(上限50万円):チラシ作成、Webサイト作成、商談会参加、店舗改装などに使用可能。
  • 低感染リスク型ビジネス枠(上限100万円):新型コロナウイルス対策感染症対策として新たなビジネス・サービスなどを実施する際に使用可能。

商工会または商工会議所のサポートを受けながら事業計画書を作成し、審査・採択手続きを経た後に費用補助を受けられます。

持続化補助金の主な特徴まとめ
  • 小規模の法人または個人事業主が補助金の対象となる
  • 「一般型」なら販路開拓や業務効率化など幅広い取り組みが補助の対象になる
  • 商工会または商工会議所のサポートを受けながら事業計画書を作成する

補助金制度による具体的な支給額は、事業運営にかかった経費に所定の補助率を乗じて算出されます。

経営コンサルタントコンサルタント

経営コンサルタントの視点から、接骨院向けにこの補助金を最大限活用する戦略をご提案します。①販路開拓と②業務効率化の2本柱戦略です。

おすすめの補助金活用戦略
  • 店舗で実現したいことを以下の2本柱で優先順位をつけて実現する
  • ①販路開拓への取り組み:お店のホームページ作成、店舗改装に活用する
  • ②業務効率化への取り組み:タブレット端末の購入、POSレジアプリの導入、キャッシュレス決裁の導入、オーダーエントリーシステムの構築に活用する

当補助金は、接骨院がタブレットPOSレジを導入して、ホームページを作成して店舗の集客力をアップさせたり、売上増加の事業計画を立てるケースが該当します。

もし持続化補助金のような補助金を活用することをご検討でしたら、レジ選び無料相談サービスにご相談することをおすすめします。知識豊富なプロがあなたのご要望にあったお役立ち情報をPOSレジ選びを含めてサポートしてくれます。

\接骨院が利用できる補助金について相談する/
無料相談窓口はこちら
接骨院向けPOSレジ活用ポイント

タブレットPOSレジを活用した効率的な店舗運営によって、売上増加を実現しましょう。

IT導入補助金

IT導入補助金とは、中小企業・小規模事業者が自社の課題やニーズに合ったITツールに関して、その導入補助が受けられる補助金制度です。

当補助金は、クラウドシステムなどのITツールを会社に導入することによって業務効率化やコスト削減などの経営改善を行うことを対象にしています。当サイトで紹介しているタブレットPOSレジやクラウド会計ソフト(freeeなど)の導入も該当します。

更新情報

2022年11月8日(火)に2023年度(令和5年)のIT導入補助金の方針が公表されました。

用語解説
  • 「ITツール」とは、パッケージソフトの本体費用、クラウドサービスの導入・初期費用等を指します。
  • 「クラウドシステム」とは、インターネット環境さえあれば、ネットワーク経由で利用できるシステムのことです。クラウド(Cloud)は「雲」という意味で、インターネット経由で雲の上のシステムを利用するようなイメージが由来となっています。
経営コンサルタントコンサルタント

接骨院がタブレットPOSレジを導入するなら、まずはこの「IT導入補助金」を申請することをおすすめします。なぜなら申請手続きが他の補助金よりもかんたんで、タブレットPOSレジの導入で利用された実績も多いためです。

当補助金の詳細は、公式HPをご覧ください。

補助金の申請は、目的に合わせて以下の2種類から選択して申請します。

IT導入補助金の申請分類
  • 通常型:A類型とB類型
  • デジタル化基盤導入枠:令和3年度補正予算として新たに新設

所定の条件を満たすと、ITツール導入にかかる経費の一部について補助が受けられます。

経営コンサルタントコンサルタント

IT導入補助金なら、接骨院のレセコンやパソコンで利用しているセキュリティソフト、会計ソフトや請求書発行ソフトなども対象になります。パソコンやシステムに関わるもので申請時期が早いほど採択率が高くなる傾向があるため、気づいたらすぐに申請しましょう。ぜひレジ選び無料相談サービスに相談してみてくだいね

タブレットPOSレジはソフトウェアであるため、申請分類は「通常型」の「A類型」に該当します。他のITツールと一緒に申請する場合には、申請分類を事前にご確認ください。

おすすめの補助金活用戦略
  • 接骨院がタブレットPOSレジを導入するなら「通常型」の「A類型」への申請を基本方針とする
  • タブレット端末やクレジットカードリーダー、レシート印刷機などのハードウェア導入を含めて検討する
  • タブレットPOSレジ以外にも、店舗経営に必要な会計ソフトやセキュリティソフト導入ができるか確認する

もしIT導入補助金を使ってタブレットPOSレジなど店舗にITツールを導入したいなら、レジ選び無料相談サービスにご相談ください。(※IT導入補助金は人気の補助金ですので、気になる方はお急ぎください。)

\接骨院が利用できる補助金について相談する/
無料相談窓口はこちら
接骨院向けPOSレジ活用ポイント

タブレットPOSレジの新規導入を含めて、接骨院で使っているITツールの費用はすべて申請しましょう。

事業再構築補助金

事業再構築補助金とは、新型コロナウイルス感染症に伴う経済悪化に対応するために、中小企業が事業を再編・転換・再構築することを支援する制度です。

補助金の対象は、日本国内に本社を有する中小企業者等及び中堅企業等です。

用語解説

当補助金の対象となる中小企業とは、接骨院の場合は資本金5,000万円以下の会社または従業員50人以下の会社及び個人のことを指します。

経営コンサルタントコンサルタント

「再構築」という言葉のイメージが難しいかもしれませんが、要は今までとは違うビジネスを始める、ということで、会社を創業することまでは求められません。例えば、接骨院が訪問サービス・リハビリテーションを始めるケースが挙げられます。

当補助金の申請受付及び交付事務は、国(中小企業庁)が行っています。

当補助金の詳細は、中小企業庁HPまたは公募要領をご覧ください。

当補助金の申請要件は以下の項目が必須化されています。

事業再構築補助金の申請要件
  • 売上が減っていること
  • 事業再構築に取り組むこと
  • 認定経営革新等支援機関と事業計画を策定すること

当補助金に採択されるためには、補助金申請対象の事業が、事業再構築指針に示す「事業再構築」の定義に該当する事業であることが必要です。当補助金を検討する場合は、必ずご確認ください。

事業再構築補助金の申請には電子申請システムの利用を基本としており、手続きにGビズIDプライムが必要となります。詳細は、電子申請システムマニュアルをご確認ください。

経営コンサルタントコンサルタント

接骨院はお客様とのつながりが強い業態なので、新しく始める事業は、店舗に来店してくれているいつものお客様が求めるニーズから考えてみるのが良いでしょう。接骨院の強みはお客様の来店数や、お客様とのコミュニケーションの多さだと思います。

  • いつも接骨院に来て頂いているお客様がどのようなニーズを持っているのか考えて、新たなビジネスを計画する
  • 接骨院の経営で得た強みを活かせるような、事業計画の策定を行う
  • もし補助金申請に慣れていなければ、外部の専門家やプロに相談する

例えばこれまで接骨院を営業していたが、経営悪化に伴う事業再構築として、訪問マッサージ事業を始めるような場合に、当補助金が該当します。

もしタブレットPOSレジを活用した事業計画のイメージがつかなかったり、他社の成功事例を知りたければ、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。新しいチャレンジに挑戦を考えている店舗オーナー様はぜひ積極的に活用してみてください。

\接骨院が利用できる補助金について相談する/
無料相談窓口はこちら
接骨院向けPOSレジ活用ポイント

接骨院の強みであるお客様とのつながりを活かしたビジネスを考えましょう。そのためにはタブレットPOSレジの顧客管理機能が役立ちます。

事業復活支援金

事業復活支援金とは、新型コロナウイルス感染症によって経済的な打撃を受けた事業者がその事業規模に応じて給付金を受けられる制度です。

業種や所在地を問われませんが、2021年11月~2022年3月のいずれかの月の売上高が50%以上または30~50%減少した事業者が補助金支給対象とされています。

更新情報

差額給付の申請期間は、6月30日(木)をもって終了いたしました。補助金に関する最新情報は経済産業省HPをご覧ください。

経営コンサルタントコンサルタント

新型コロナ関連の補助金の動きは変わりやすいため、現在活用できる最新の補助金については、レジ選び無料相談サービスにご確認ください。

当補助金の詳細は、公式HPまたはこちらのリンクより資料をダウンロードください。

事業規模ごとの最大支給額は以下の通りに分類されています。

最大支給額
  • 法人:最大250万円
  • 個人事業主:最大50万円

所定の条件さえ満たせば、新型コロナウイルス感染症による経済的な影響を受けた接骨院が補助を受けられる補助金です。

経営コンサルタントコンサルタント

多忙な店舗経営者がうまく補助金を活用していくためには、1人で時間をかけて調べているよりもプロに聞いた方が早いと思います。レジ選び無料相談サービスなら電話やメール、LINEですぐに相談可能です。話を聞くだけなら無料なので損はしません。

おすすめの補助金活用戦略
  • タブレットPOSレジなどの設備投資を行い短期的な売上回復ではなく中長期的な店舗の集客力アップを目指す
  • 現在活用できる最新の補助金制度にどのようなものあるか有人のプロに随時相談する
  • 競合他社や他の接骨院がどのように補助金を活用しているのか情報収集する

社会情勢は日々変化しており、国や地方自治体から行われている事業者をサポートする補助金制度は、多数存在します。経済産業省による中小企業向け補助金・総合支援サイトミラサポplusをご確認頂くか、有人コンシェルジュが対応してくれる無料相談窓口に相談することをおすすめします。

\接骨院が利用できる補助金について相談する/
無料相談窓口はこちら
接骨院向けPOSレジ活用ポイント

短期的な売上回復だけではなく、タブレットPOSレジなど店舗の経営力を向上する設備投資を行って、中長期的な店舗の集客力アップを目指しましょう。

業務改善助成金

業務改善助成金とは、中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援し、事業場内最低賃金の引上げを目的とした国の助成金です。

当制度は、生産性向上のために設備投資を行って、事業場内最低賃金(給与)を一定額以上引き上げた場合に、その設備投資などにかかった費用の一部を助成してくれる制度です。具体的には、業務に関連する設備の導入・POSレジシステムの導入・外部コンサルティングの支援・教育訓練の受講などを指します。

用語解説

「事業場内最低賃金」とは、事業場内で最も低い賃金を意味します。また、最低賃金には各都道府県に定められた「地域別最低賃金」と、特定の産業に従事する労働者を対象に定められた「特定(産業別)最低賃金」の2種類があります。

注意事項

当補助金の目的はあくまでも「事業場内最低賃金の引上げ」です。正社員、契約社員、アルバイトなどすべての従業員の給与が対象となります。

経営コンサルタントコンサルタント

賃金の引き上げ額や労働者数によって助成上限額が変わりますが、当補助金は他の補助金に比べて助成率が高いことが特徴です。スタッフの教育訓練に活用できるのが良いですね!

当補助金の助成を受けるためには、以下2つの要件を満たす必要があります。

業務改善助成金の交付要件
  • 事業場内最低賃金と地域別最低賃金の差額が30円以内
  • 事業場規模100人以下

補助金の詳細は、厚生労働省HPまたは以下の動画をご覧ください。

また、厚生労働省から業務改善助成金業種別事例集(医療・福祉編)が公表されていますので、参考にしてみてください。当助成金の利用事例として、整骨院や歯科診療所におけるPOSレジシステムや自動釣銭機の導入が記載されています。

経営コンサルタントコンサルタント

多くの接骨院は個人経営または数名のスタッフで運営されていると言われています。給与面からスタッフを守るためにも便利なタブレットPOSレジなどを導入して業務の効率化を進めましょう!

おすすめの補助金活用戦略
  • 申請期間の締め切りになる前に急ぎ申請手続きを行う
  • スタッフ教育や社員が利用する設備への投資を優先する
  • タブレットPOSレジを導入して、社員の業務オペレーションが楽になるように検討する

例えば、接骨院がタブレットPOSレジの勤務管理機能によってシフト表の作成を効率化するような場合や、各スタッフの希望を尊重したシフト管理の適正化を実現するような場合にはこちらの補助金は十分に利用できます。

もし当補助金の手続きや接骨院のPOSレジ活用について知りたいなら、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。

\接骨院が利用できる補助金について相談する/
無料相談窓口はこちら
接骨院向けPOSレジ活用ポイント

当助成金をタブレットPOSレジの導入費用として活用するなら、事業場内最低賃金の引上げという目的の範囲内で検討しましょう。

ものづくり補助金

ものづくり補助金とは、革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセス改善を目的とする設備投資をサポートする中小企業向け補助金制度です。正式名称は「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」といいます。

ものづくり補助金の制度・公募要領は、年度等により変更されます。ものづくり補助事業公式ホームページから最新の情報を確認してください。

経営コンサルタントコンサルタント

ものづくり、というキーワードからは製造業のイメージが強いですが、接骨院や整骨院などの療術業でも要件を満たせば補助金の交付を受けられます。

当補助金の申請に際しては、事業計画書の作成が必要になります。事業計画書の書き方については、中小企業向け補助金・総合支援サイトがまとめているものづくり補助金の書き方をご覧ください。

また、当補助金の申請方法は、インターネットを利用した「電子申請」です。GビズIDプライムアカウントの取得が必要ですので、未取得の場合には早めに利用登録を行いましょう。

申請時の注意点

ものづくり補助金の申請要件の1つに「3~5年の事業計画の策定」があり、これがかなりの労力を要します。接骨院で通常勤務をしながら事業計画を書くのは大変なため、中小企業診断士や補助金申請に詳しいコンサルタントに相談することを推奨します。

経営コンサルタントコンサルタント

多くの接骨院が抱えている大きな課題はやはり「人手不足」でしょう。事業計画書の書き方は、この人手不足という課題をタブレットPOSレジの機能を使って解決する、という内容が芯が通っていて妥当だと思います。

おすすめの補助金活用戦略
  • 接骨院がタブレットPOSレジ導入に活用するなら「一般型」または「デジタル枠」での申請を行う
  • 多くの接骨院が抱えている「人手不足」という課題をタブレットPOSレジの機能を使って解決し、店舗運営の生産性向上を目指す
  • タブレットPOSレジの顧客管理機能を使ったリピート顧客数獲得や予約管理機能によるキャンセル防止率アップなど具体的な施策を盛り込んだ事業計画を策定する

例えば、接骨院がタブレットPOSレジを導入して、顧客管理機能を使ってリピート顧客を獲得したり、予約管理機能を導入してキャンセル防止率アップを実現するような場合にはこちらの補助金は十分に利用できます。

もし効率的に事業計画の策定が行いたい、補助金申請方法について知りたいなら、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。

\接骨院が利用できる補助金について相談する/
無料相談窓口はこちら
接骨院向けPOSレジ活用ポイント

多くの接骨院は人手不足という課題を抱えています。タブレットPOSレジの機能をフル活用して人手不足を解決し、業務の生産性をアップしましょう。

まとめ

今回は、接骨院の店舗様向けにタブレットPOSレジに関する情報を網羅的にご紹介しました。

もしかしたら読者の皆様は、忙しい隙間時間でインターネットで検索して調べてみたけれども、情報量が多かったり専門用語が多くて、結局どうしたらいいのか分からなくなっているかもしれません。

しかし、それは無理もないと思います。ある程度パソコンなどITに詳しくない限り、どのメーカーや機能がどれくらい自分のお店に役に立つのか、はインターネットの記事を読むだけではなかなか分かりづらいものだからです。

そこで、各メーカーからタブレットPOSレジ専門担当者から直接ざっくばらんに話を聞けるオンライン相談会が提供されています。

希望の日時をオンライン相談フォームに登録するだけで、WEB会議ツールを使ってPOSレジの操作方法や、周辺機器との接続などスタッフが対面で詳しく説明してくれます。オンラインなのでスマホがあれば全国どこからでも可能。

経営コンサルタントコンサルタント

やっぱり直接人から話を聞いた方がしっくりくるときもありますよね。オンライン相談会といっても強引なセールスなどは一切ありませんのでご安心ください。

最後に、接骨院への導入事例が多くおすすめランキング1位のスマレジのオンライン相談会をご紹介します。タブレットPOSレジって結局どれくらい便利なのか、などいろいろ自由に聞けるチャンスなのでぜひご活用ください。

無料オンライン相談会はこちら↓