タブレットPOSレジ導入ガイド

POSレジを活用して効率的な店舗経営を支援します。

レジが無い飲食店が抱える5つの課題と解決策

飲食店
店舗オーナー店舗オーナー

うちのお店はレジを使ってないし、レシートも出してないけど、本当にこのままでいいんだろうか?キャッシュレジスターの機械は高いから、安くて便利なレジがあれば詳しく知りたいな。

今回はこんな疑問にお答えします。

当記事の想定読者は「レジが無い飲食店のオーナー様」です。

レジが無い飲食店が抱える主な経営課題やそのままにしておくリスク、またそれらの解決策について経営コンサルタントの管理人が網羅的に解説します。

記事の専門性・権威性・信頼性

当記事は経営戦略や会社の情報システムに詳しい経歴15年以上のコンサルタントが執筆しています。特にPOSや顧客分析、マーケティングに基づく経営課題の解決が専門分野です。読者の皆さんにお役に立てるように最新の情報を提供しています。

レジが無い飲食店が抱える5つの課題と解決策

世の中にはお店でレジを使わずに店舗を経営している飲食店が存在します。

会計時にお客様に金額を口頭で伝え、もしお釣りがあれば、お店の現金ボックスからお釣りを渡しているような運用形態です。(いわゆるレジなしレシートなし店舗)

経営コンサルタントコンサルタント

屋台やキッチンカーなどではほとんどレジを見かけないですし、オフィス街の弁当販売などでもレシートをもらっていないと思います。それでも商売はきちんと成り立っていますよね。

具体的にはレジが無い飲食店には以下のようなパターンに分けられると思います。

レジが無い飲食店のよくあるパターン
  • 露店、屋台、キッチンカー
  • オフィス街の弁当販売
  • 1日のお客様が少ない飲食店
  • お祭りの露店、屋台、キッチンカー
  • 昔からのやり方で営業している飲食店
  • レジを置く場所が無いほど小さな飲食店

さまざまな事情があるとは思いますが、お客様には迷惑がかからないように気をつけなければいけませんし、レジを使った方がメリットがあります。

また、軽減税率やインボイス制度など社会的ルールも変化を続けています。

経営コンサルタントコンサルタント

最近では安くて使いやすいタブレットPOSレジというサービスが飲食店を中心に広く利用されています。

当記事では無料で始められるタブレットPOSレジなど、レジが無い飲食店向けのお役立ち情報を提供しています。

タブレットPOSレジは従来のキャッシュレジスター機械に比べて、安価で設置場所も取らないため中小店舗が導入しやすいレジとして注目されています。

ぜひ最後までご覧ください。

POSレジの教科書

そもそもPOSレジって何だろう?という方は、まずはこちらのPOSレジの教科書をご覧ください。POSレジのメリットをまとめた店舗運営者必見の内容になっています。

店舗経営者様必見【POSレジの教科書】

レジが無い飲食店が抱えている課題

まずはレジを設置していなかったり、レシートを発行していないお店が抱えている課題について解説します。

お店にレジを設置したりレシートを発行したりするかどうかはお店の都合次第だと思いますが、商売ですのでお客様に迷惑がかからないように気をつけましょう。

お店の数字管理が適正ではない

レジが無い飲食店が抱える最も大きな課題は、お店の数字管理が適正なやり方ではないことだと思います。

お店の帳簿をつけていたとしても、その日の合計売上金額は分かるかもしれませんが、どの商品がいくら売れたのか明細をあとから証跡を追うことができないことは問題です。

飲食店オーナー飲食店オーナー

昔からある祭り屋台なんてみんな同じような運用でレジなしレシートでやっています。いままで問題になったことがないのに、なぜそんなにも問題視されるのでしょうか?

経営コンサルタントコンサルタント

レジなしレシートなしの運用はお客様との信頼関係で成り立ってきたのだと思いますが、税務調査など税務署から指摘が入った場合には売上数字の証跡がないので対応に困ることになるでしょう。

レジが無いままで飲食店の経営を続けていると以下のようなリスクが考えられます。

想定の経営リスク
  • 税務調査時に不正を疑われる。万が一売上を抜いていると税務署から指摘されても、レジやレシートが無いため、証拠を持って説明することができません。
  • 明細が書かれたレシートが発行できない。レシートを発行してなければ、お客様からあとからキャンセルやクレームを受けた際に対応ができません。
  • インボイス制度などの法改正に対応できない。レジが無くレシートを発行していない飲食店は、事実上インボイスの対応ができていません。

特にレシートを発行していない、お客様に渡していない点は非常に問題だと思います。

お客様に会計金額を口頭で伝えて現金をやり取りするだけの運用や、お店の現金ボックスからお釣りを渡しているだけの運用では、なにかしらの金銭トラブルの原因にもなりかねません。

できるだけ早いうちに店舗にレジを導入することを推奨します。

金銭トラブルが起こる可能性がある

レジがない飲食店では、電卓やそろばんを使って計算した金額をその場でお客様に伝えて、現金のやり取りをしているケースがほとんどだと思います。

町の小さなお店や昔からある飲食店では、お客さんとの距離が近いこともあり、この運用が成り立っているのだと思います。

このように手計算の金額を伝えるようなやり取りを続けていると、計算間違いや現金の受け渡しミスなどの金銭トラブルのリスクがあります。

レジを使えば計算間違いが起きる可能性は減らせますし、お釣りの受け渡しミスの防止にもつながります。

またレジがあればレシートが発行できるため、あとからなにかトラブルがあった際にも対応しやすくなると思います。

飲食店オーナー飲食店オーナー

いままで特に大きな金銭トラブルが起きてないから大丈夫だと思います。お客さんとやり取りして値引きすることもありますから。。。

経営コンサルタントコンサルタント

レジが置いてあることでお店の信頼性もアップしますし、変なお客さんも近づかなくなると思います。決してレジなしレシートなしのお店を悪く言っているわけではありませんが、金銭トラブルを防止する工夫は必要でしょう。

レジが無いままで飲食店の経営を続けていると以下のようなリスクが考えられます。

想定の経営リスク
  • 計算ミスや現金の受け渡しミスの可能性がある。どれだけ現金の取り扱いに慣れていても、人間の行うことなのでミスは起こりえますし、絶対問題が起きないとも言い切れません。
  • 会計後の返品やクレームに対応できない。レジなしレシートなしの状態で営業していると、お客様からあとからキャンセルやクレームを受けた際に対応ができません。
  • 変な業者やお客さんが近づいてくる。悪意のある業者はレジが無いお店を標的に難癖をつけてくることが考えられます。

特にレシートを発行していない、お客様に渡していない点は非常に問題だと思います。

お店にレジがなくても正確な会計金額を帳簿に記録しておき、いくら売上があったのか細かく管理しておくことは店舗経営において非常に重要です。

ご自身のお店を予想外の金銭トラブルから守るためにも、レジやレシートを活用していきましょう。

客数が増えたときに対応できない

1日に来店する客数が極端に少ないような飲食店では、レジを置いていないお店も存在します。

1日の来店客数(つまり、レジ会計の回数)が23回程度のお店では、手元の計算だけで問題なく売上の帳簿がつけられるため、キャッシュレジスターの機械が必要ないというわけです。

また、販売メニューや商品の種類が少なく、単価が統一されているような飲食店でも、レジなし運用が成立すると思います。

レジが無い飲食店の例
  • 1日数組だけのお客様を予約受付する隠れ家的な飲食店
  • 長年同じメニューを提供している昔ながらの飲食店
  • 商品の種類数が少なくて商品単価が同じの飲食店

このような飲食店は、客数が急増した場合に対応できない、という課題を抱えています。

飲食店オーナー飲食店オーナー

うちのお店はずっと一律同じ料金でメニューを提供しているから、特にキャッシュレジスターを使ってません。そこまでいらっしゃる客数も多くありませんし。。。

経営コンサルタントコンサルタント

長引く仕入れ価格の高騰により、価格を変えなければならないお店もあると思います。そもそも売上を増やさなければ事業を継続していけませんので、客数が少ない現状を前提とするのはやめましょう。

このような課題を抱えたままで事業を続けていると、以下のような経営リスクにつながります。

想定の経営リスク
  • お客様の来店が急増する場合に対応できない
  • メニューの種類を増やしたり、単価を変更することが容易ではない
  • テーブル数を増やしたり、複数店舗を展開することができない

レジが必要ないと思われる場合でも、お店の売上金額の適切な記録や帳簿の管理を行うことは非常に重要であることは忘れてはなりません。

会計処理や確定申告のために、売上や経費などのデータを正確に管理し、適切に記録することが必要だからです。

レジを置く場所がない

スペースの狭い小さなお店では、店内に従来の据え置き型のレジスター機械を置く場所がない場合があります。

店舗スペースが極端に狭いお店では、キッチン施設や客席座席数を確保するために、レジカウンターのスペースを省略している場合があります。

また、カウンターバーやショットバーなどの店舗では従来の大型レジをお客様が見えるカウンターに置いてしまうと、お店の雰囲気を台無しにしてしまうため、キャッシュレジスターの設置を避けている場合もあります。

飲食店オーナー飲食店オーナー

大型キャッシュレジスターを店内に設置しようとすると配線工事も必要になってくるし、店内がさらに狭くなるから困るんですよ。レジのためにお店を引っ越すわけにもいきませんし。。。

経営コンサルタントコンサルタント

そうはいってもどんなに狭くてもレジを置いて営業しているお店が存在していることも事実です。大型のキャッシュレジスターではなくてタブレットで使えるPOSレジを使ってみてはいかがでしょうか?配線も不要ですし、狭いスペースでも店内の雰囲気を大切にしながらレジが使えるようになりますよ。

もしレジなしレシートなしの運用を変えたいとお考えでしたら、店舗の経営支援を行う専門家にご相談することをおすすめします。

レジ選び相談窓口「レジチョイス」なら、レジの置き場所や配線設計、場所を取らない省スペースなレジ製品など、それぞれのお店の状況に合わせてお役立ち情報をきめこまやかに提供してくれます。

POSレジ選びを中心に店舗支援に関する経験豊富な有人のレジ選びコンシェルジュが、あなたのお店の困りごとを適切に解決してくれます。

レジやレシートプリンターを買うお金がない

お金がないという課題はどこのお店も同じだと思いますが、そもそもキャッシュレジスターやレシートプリンター、配線工事のためのお金がない、という飲食店も存在します。

本来であれば、飲食店開業に必要な予算を用意してから、事業計画に沿って飲食店を経営する方法があるべき姿です。

しかし現実的にはいろいろな事情や背景があるため、レジなどの基本的な設備を用意することも飲食店にも存在している、というのが実情でしょう。

飲食店オーナー飲食店オーナー

お店にレジが必要だというのは分かるのですが、ほかの業種に比べても飲食店は資金繰りが大変なんです。新しく設備投資するなんて到底無理な話だと思います。

経営コンサルタントコンサルタント

たしかに大型キャッシュレジスターであれば中古でも数十万円もしますが、タブレットPOSレジなら無料で使い始められます。また、お得な補助金も活用できるのでお店側の金銭的負担についてはご安心ください。

また最近ではコスト問題を解決するために、1つの店舗施設を曜日や時間帯ごとに分けて、複数のオーナーが共有して営業する「シェアキッチン」という新しい営業形態も認知されてきています。(要は、間借り営業のことです。)

ご自身の店舗を持つやり方だけが、飲食店経営における唯一の手段ではなくなってきています。

いくらお店で使える金銭的な余裕がなかったとしても、これまで経営者として培った商売の経験がなくなることはありません。

これからも商売人として食べていくためには、柔軟な発想をもってさまざまな選択肢を検討していくことを推奨します。

レジが無い飲食店の解決策

ここではレジが無い飲食店が抱える課題を効率的に解決する解説します。

無理をしてまでも現在の運用を変える必要はないと思いますが、いろいろと情報を調べて選択肢を手にしておくことは、商売をするうえで重要なことだと思います。

最寄りの商工会議所に相談する

結論からいうと、レジなしレシートなしの状態でお店を営業している場合なら、まずは最寄りの商工会議所にご相談することを推奨します。

お店を営業している地域を管轄する商工会議所の窓口に相談すれば、レジやレシートの話に限らず、幅広く経営に関する相談をすることができます。

商工会議所とは

商工会議所とは、地域の個人事業者や中小企業に対して、経営相談や企業支援など幅広く支援を行っている公共経済団体です。商工会議所に入会する事により、さまざまなサービスを受けることができます。

飲食店オーナー飲食店オーナー

いままでお店の経営に関してそれほど周りに相談してこなかったんですよね。商工会議所にしても何を相談できるのか分からないし、どこに連絡したらよいのかも分からなくて。。。

経営コンサルタントコンサルタント

地域ごとに異なりますが、商工会議所には経営相談員や各分野の専門家がいるので事業者の困りごとを幅広くサポートしてくれます。専門家に助言を求めることは経営を成功させるためには大切なことだと思います。

商工会議所が提供している経営相談サービスには以下のようなものがあります。(三重県商工会連合会より引用)

経営相談サービス
  • 金融相談:中小企業の皆さんが事業に必要な資金について、国、県、市の低利な制度融資を内容に応じて斡旋しています。
  • 記帳指導:帳簿の付け方でお困りの方や、自分で記帳を覚えたい方、また決算書や確定申告書の作成など記帳指導員がアドバイスしています。
  • 経営相談:経営、労務、税務、IT化などの課題について、経営指導員がご相談に応じています。また経営指導員で対応できない高度な問題については、各分野の専門家が応じます。
  • 創業・新分野支援:創業・開業の準備、各種手続き、事業計画の立て方、また新分野への参入などのご相談に応じています。
  • 経営安定特別相談室:商工会議所で委嘱した商工調停士が中心となって、倒産の防止のための相談・指導を実施しています。
  • 中小企業倒産防止共済:取引先の倒産による連鎖倒産を未然に防ぐために、中小企業倒産防止共済の斡旋を行っています。

参考までに東京商工会議所の相談窓口のリンクを掲載しておきます。

レジの導入に限らず、なにか経営に困っていることがあればぜひ最寄りの商工会議所にご相談ください。

無料のレジ選び相談窓口に聞いて見る

レジ選びに関する無料相談サービスを提供している「レジチョイス」にご相談することをお勧めします。

レジチョイスは、レジ選びを中心に経験豊富な専門スタッフが完全無料でサポートしてくれる相談サービスです。

これまで全国で28,000件以上の相談実績があり、いつでも安心してご利用いただけます。

飲食店オーナー飲食店オーナー

無料相談の窓口といっても、結局のところ情報を提供してくれた後に強引に勧誘してくるんじゃないですか?押し売りされたりするのは嫌なんですけど。。。

経営コンサルタントコンサルタント

レジチョイスは無理な勧誘を行いません。特定のメーカーに偏らない公平な視点でアドバイスをしてくれるため、レジが無い飲食店にとっては、気軽に相談できる連絡先だと思います。

レジチョイスは、レジ機の選び方だけでなく、店舗経営に関する悩みやコスト削減の相談など、さまざまな相談に対応しています。

相談費用を含み、相談者側には完全に無料で1円もかかりませんので、ぜひお気軽にご相談ください。

\無料で相談する/

タブレットPOSレジを活用する

無料で使い始められるタブレットPOSレジを活用しましょう。

従来のキャッシュレジスターは中古でも数十万円も費用がかかりますが、タブレットPOSレジならメーカーによっては0円の月額プランや無料プランなどお得なサービスがあります。

iPadなどのタブレット端末も補助金を活用すればお店側の費用負担なく準備できますし、新規限定で初期費用無償キャンペーンなど実施しているメーカーもあります。

飲食店オーナー飲食店オーナー

タブレット端末の代金が補助金を使ってお得に準備できるなら申し込んでもいいと思うんだけど、申請手続きとか詳しくないし面倒そうなのでちょっとなぁ。。。

経営コンサルタントコンサルタント

補助金の申請手続きについては、POSレジメーカーの担当者にお任せいただければ、お店側にかかる負担を少なく申請することができるので安心ください。

現在、お金をかけずにレジを用意しようとお考えなら、お得なタブレットPOSレジをお選びいただくのが最有力の選択肢だと思います。

当サイトでは、飲食店以外にもさまざまな業種におすすめのタブレットPOSレジの情報をまとめていますので、ぜひ情報を見比べてみてください。

レジなし店舗にこそタブレットPOSレジがおすすめな理由

ここではレジなし店舗にこそタブレットPOSレジが最適な理由を解説します。

新規にレジ選びをご検討の店舗オーナー様向けに、かんたんな質問に答えるだけでお店に最適なPOSレジやプランが分かる診断ツールをご用意しました。ぜひお気軽にお試しください。

適正な売上管理を実現できる

レジが無い飲食店にタブレットPOSレジをおすすめする理由の1つめは、お店の売上情報を適正に管理できるようになることです。

会計金額をタブレットPOSレジに打ち込んで営業をすれば、売上情報がすべてデータベースに蓄積されるため、どの商品がいくら売れたのか明細が記録として残ります。

タブレットPOSレジはレシートプリンターと連携して使えるため、販売商品の内訳を記載したレシートを印刷してお客様に提供することも出来ます。これは非常に重要なメリットだと思います。

金銭登録機としてのレジ

そもそもレジとはキャッシュレジスターの略で、商売時における取引の内容や金額を記録するための機械のことです。日本語では金銭登録機と呼ばれており、金額を登録して証拠を残しておくことがレジ本来の用途なのです。

飲食店オーナー飲食店オーナー

お客様からレシートを求められたときにはちゃんと領収書を書いてお渡ししていますし、売上金額の台帳をノートにつけているので問題ないと思っていました。。。

経営コンサルタントコンサルタント

手書きの領収証は証跡としては残りますが、宛名と合計金額しか分かりません。やはり詳細な内訳が分かる履歴が残っていないと、なにかトラブルがあったときに対処できないと思います。

タブレットPOSレジがあれば販売メニューごとに税率を設定できるため、飲食店特有の軽減税率の処理もスムーズに行えます。

また、2023年10月から開始のインボイス制度に対応をするためには、インボイス制度に対応したレシートの発行が必要になります。

適格請求書発行事業者の登録

インボイスを発行するには、「適格請求書発行事業者」としての登録が必須であり、税務署への申請が必要になります。詳しくは国税庁HPご覧ください。

インボイス制度の対象となる店舗オーナーの方には、タブレットPOSレジの導入をご検討ください。

金銭トラブルを防止できる

レジが無い飲食店にタブレットPOSレジをおすすめする理由の2つめは、お店の金銭トラブルを未然に防ぐことができるためです。

お店側の手計算による計算間違いや、現金の受け渡しミスを防ぐためには、POSレジが非常に役立ちます。

またPOSレジがあればレシートの発行ができるようになるため、返品やクレームなど事後トラブルがあった際にも適切に対応できるようになります。

飲食店オーナー飲食店オーナー

もちろん金銭トラブルは防ぎたいと思っていますが、その結果値引き販売がやりにくくなることはありますか?うちはお客様と話すことを大切にしていて、常連さんにはオマケをつけたりサービスしているものですから。。。。

経営コンサルタントコンサルタント

値引きやオマケを提供することはPOSレジを使っていても、問題なく可能です。大切なことは、商売のやり取りを細かく証跡を残せるようにしておくことだと思います。。

その他のメリットとして、店舗にタブレットのレジが置いてあれば、不審な業者に狙われにくくなります。

不正な業者はシステムを使用せず手作業で商売をしている店舗を標的にすることが多いため、自衛のためにもPOSレジを店舗で活用することをおすすめします。

お店を営業していると、何がどのような金銭トラブルが起こるのか予測がつきません。

ご自身のお店を守るためにも、正確に商取引の履歴を残せるタブレットPOSレジの導入をご検討ください。

事業拡大がしやすくなる

レジが無い飲食店にタブレットPOSレジをおすすめする理由の3つめは、事業拡大をしやすくなるためです。要は、今よりもっと稼げるようになります。

これまで1日の来店客数が極端に少なかったお店でも、より多くのお客さんに対応できるようになるため、積極的な集客による客数アップを実現できます。

また販売するメニューの種類を増やしたり、大盛りやトッピングなど商品の価格に変化をつけられるようになるため、客単価のアップに取り組めるようになるでしょう。

飲食店オーナー飲食店オーナー

そうはいってもうちは小さなお店なので、そこまで多くの来客を求めていませんし、スタッフが対応ができません。そこそこの営業を続けていければいいと思っています。

経営コンサルタントコンサルタント

たしかにお店の客数をコントロールすることは大切なことですよね。ですがタブレットPOSレジを使えば、日別の来店数などが一目で把握できるようになるので客数管理をするためにも役立ちますよ。

タブレットPOSレジがあれば、ご自身が思うようにお店をコントロールしやすくなるといっても過言ではありません。

売り上げアップを目指すお店は事業拡大をしやすくなりますし、客数コントロールをしたいお店は来店数や繁忙期を把握しやすくなります。

ぜひ経営に役立つ機能が豊富なタブレットPOSレジを活用して、よりよい商売を実現しましょう。

省スペースでおしゃれなデザイン

レジが無い飲食店にタブレットPOSレジをおすすめする理由の4つめは、省スペースで設置場所に困らず、洗練されたおしゃれなデザインのためです。

従来の大型キャッシュレジスターの機械に比べると、タブレット端末は非常に小型なのでレジカウンターに設置する場所を取らなくて済みます。

またタブレットPOSレジはWiFiなど無線で使えるインターネット環境を利用するため、タブレット端末の持ち運びも自由に可能です。

飲食店オーナー飲食店オーナー

タブレット端末が持ち運び自由だからといっても、現金を入れておく釣銭機の機械が持ち運べるようになったわけじゃないですよね。。。釣銭機や金庫などの機械はどうしたらよいですか?

経営コンサルタントコンサルタント

もちろん現金の受け渡しがあるなら現金釣銭機の置き場所は必要になります。ですがキャッシュレス決済の仕組みを導入すれば、店内での現金やり取りを減らすことができます

またiPadなどタブレット端末は洗練されたスマートなデザインなので、お店の雰囲気やスペースを損ないません。

タブレット端末を使ったレジ会計の様子は、見た目がかっこよくて注目されることから、お客様の口コミにも良い影響を与えるでしょう。

圧倒的に低コストで導入できる

レジが無い飲食店にタブレットPOSレジをおすすめする理由の5つめは、驚くほど低コストで導入することができるためです。

一般的にレジといえば従来の据え置き型の大型キャッシュレジスターを思い浮かべると思いますが、これらの大型キャッシュレジスターは中古でも数十万円もかかります。

ですがタブレットPOSレジは、iPadなどタブレット端末にレジのアプリをインストールするだけですので、タブレット端末とインターネット環境さえあれば使うことができます。

アプリを利用するための月額料金については、無料プランがあるサービスや基本料金が不要で決済手数料だけがかかるサービスを選べば、月額料金を気にする必要はありません。

飲食店オーナー飲食店オーナー

そうはいってもタブレット端末やインターネットの費用を用意する必要があったり、初期費用がやっぱり心配だなあ。。。なんとか金銭的に負担を減らす方法はありませんか?

経営コンサルタントコンサルタント

タブレットPOSレジなら、お得な補助金を活用することができるため、タブレット端末やレシートプリンターなどの周辺機器も含めて、お店側の負担を低くすることが可能です

無理をしてまでもタブレットPOSレジを導入する必要はないと思いますが、かなりお得なサービスですので情報のチェックくらいはしておいてもよいと思います。

まとめ

結論をまとめると、レジなしレシートなし飲食店にはタブレットPOSレジがおすすめです。

飲食店が抱える共通的な課題を解決する事ができますし、インボイス制度などの法的ルールにも対応できるようになります。

何よりも低価格で導入することが可能なので、ぜひ一度ご検討してみて下さい。

この記事を書いている人