飲食業

当記事は飲食店向けにタブレットPOSレジアプリ導入に関するお役立ち情報をご紹介します。

この記事を読んで分かること
  • タブレットPOSレジアプリの選び方
  • 飲食店で便利なタブレットPOSレジアプリの機能
  • タブレットPOSレジを選ぶ際の注意点
  • 飲食店におすすめのタブレットPOSレジアプリ
  • 効率的かつ低コストでPOSレジアプリを導入する方法
  • タブレットPOSレジ導入に活用できる補助金情報

当記事の想定読者はレストランやラーメン店、カフェなど飲食店の店舗経営者を対象にしております。

飲食店というキーワードをメインに記事をまとめていますが、それ以外の業種にも役立つ内容になっています。

想定読者の店舗例
  • カフェ、喫茶店、ケーキ店、茶寮、
  • レストラン、食堂、料理店、ラーメン店、カレー屋、ハンバーガー屋、焼肉屋
  • 居酒屋、バー、スナック
  • フードコート、キッチンカー
  • パン屋、ベーカリーショップ、ブーランジェリー
経営コンサルタントコンサルタント

当記事を担当している経営コンサルタントのカトウと申します。宜しくお願いします!

記事の専門性・権威性・信頼性

当記事は経営戦略や会社の情報システムに詳しい経歴15年以上のコンサルタントが書いています。特にPOSや顧客分析、マーケティングに基づく経営課題の解決が専門分野です。多数のプロジェクトを推進するかたわら、読者の皆さんにお役に立てるように最新の情報を提供しています。

【無料プランあり】飲食店向けおすすめPOSレジアプリ5選

ここ数年のうちに飲食店業界では、キャッシュレス決裁・バーコード決裁と同じようにタブレットで使えるPOSレジアプリが急速に浸透しています。

タブレットPOSレジアプリとは

タブレットPOSレジアプリとは従来の現金レジ会計のみができるキャッシュレジスターとは異なり、売上データや在庫情報をデジタル化してリアルタイムに情報共有したり、業務オペレーションを改善する機能が備わっているiPadなどのタブレットで利用できるレジアプリです。

特に新型コロナウイルス感染症や物価高騰による影響を乗り越えるために、キャッシュレス決裁やPOSレジなど店舗のデジタル化を実現することによって経営改善しようと考えているオーナー様が増えてきています。

経営コンサルタントコンサルタント

最近では私が住んでいる近所の飲食店でもタブレットを使っているのを見かけます。店舗経営にはデジタル化が必要な時代になってきているんですね!

当記事では、飲食店がタブレットPOSレジを低コストかつ効率的に導入することを支援するべく、レジアプリの選び方や役立つ機能、おすすめのレジアプリや活用すべき補助金情報についてご紹介します。

例えばPOSレジを活用すれば、どのような顧客層が多く来店しているのか・どのメニューが多く売れているのかリアルタイムに分析が可能になり、店舗の集客力アップや新メニューの開発など飲食店の経営改善が期待できます。

経営コンサルタントコンサルタント

経営コンサルタントが考えるレジアプリの活用方法や最新の補助金情報など有料級の情報を記事内で紹介しています。もし不明点がありましたらこちらからお問い合わせください。

POSレジの教科書

そもそもPOSレジって何だろう?という方は、まずはこちらのPOSレジの教科書をご覧ください。レジアプリ大手のスマレジが店舗経営者向けにPOSレジについて分かりやすくまとめた資料が無料でダウンロードできます。

店舗経営者様必見【POSレジの教科書】

【飲食店向け】タブレットPOSレジアプリの選び方

まずは飲食店がPOSレジアプリを導入する際に考慮すべきレジアプリの選び方について解説します。

経営コンサルタントコンサルタント

一般的なPOSレジの選び方や導入メリット、業種別活用ポイントについては、こちらのまとめ記事にご紹介しています。ぜひこちらもご覧ください。

飲食店向けの機能・オプションが充実しているか

飲食店がPOSレジを導入するなら、飲食店向けの機能・オプションが充実しているレジアプリのメーカー(および料金プラン)を選びましょう。

すでにご存知かもしれませんが、レジアプリに用意されている機能は各メーカーによってそれぞれ異なります。また申し込む料金プランによってレジアプリで利用できる機能が異なります。

レジアプリの料金プランと機能について
  • POSレジアプリで利用できる機能は申し込む料金プランによって変わります。
  • レジアプリの基本機能だけを利用できる月額費用無料の料金プランや、飲食店や小売店向けに必要な機能を一式提供する料金プランがあります。(例:飲食店向け料金プラン、小売店向け料金プラン)
  • レジアプリをタブレットで使うためにはログインIDが必要です。このログインIDによって利用可能な機能が制限される仕組みになっています。
経営コンサルタントコンサルタント

レジアプリを購入する前には、各メーカーが提供している機能やオプション、周辺機器について広く情報を集める必要があるんですね!

従来のキャッシュレジスターを利用している飲食店にとっては、POSレジの基本機能(レジ会計や売上データ分析、顧客管理機能など)を使うだけでも十分な経営の改善が見込めます。さらに飲食店に特化した機能を利用できれば店舗オペレーションの飛躍的な効率化が期待できるでしょう。

POSレジの基本機能
  • レジ会計
  • 在庫管理
  • 勤怠管理
  • POSデータ分析
  • 顧客管理など

例えば飲食店に特化したPOSレジの機能やオプションには以下のようなものがあります。

飲食店に特化した機能・オプション
  • テイクアウト対応
  • セルフオーダー機能
  • 軽減税率対応
  • オーダーエントリー(ハンディ端末)
  • 予約・顧客管理(来店履歴、注文履歴等の管理)
  • オプション付きオーダー(大盛り、トッピング等)

上記、飲食店に特化した機能を周辺機器とともに利用することで、店舗オペレーションのデジタル化が実現可能になります。

この周辺機器(ハンディ端末やキッチン用印刷機など)の提供方法は、メーカーによって異なっています。周辺機器を取り扱っていないメーカーもありますし、レジアプリと共に販売やレンタル提供しているメーカーもあります。

経営コンサルタントコンサルタント

特に飲食店にとっては、店内レイアウトを考慮して周辺機器が店内に設置できるかどうかなど気になる点も多いと思います。

どのメーカーがどんな機能やオプション、周辺機器を提供しているか効率よく情報収集するなら、レジ選び無料相談サービスにご相談ください。ご自身がやりたいことがどのレジアプリならできるのか店舗にマッチするPOSレジ選びをサポートしてくれます。

重要なポイント

飲食店のPOSレジアプリは飲食店で便利な機能が充実しているサービスを選ぶべし!

参考に出来る導入事例があるか

参考に出来る業種・業態の導入事例があることも、飲食店がレジアプリを選ぶ際には欠かせないチェックポイントです。自分の店舗と全く同じ業種・業態の事例があることが望ましいでしょう。

各POSレジアプリのメーカーは、業種・業態ごとに導入事例をホームページに公開しています。レジアプリの活用方法や料金プラン、周辺機器の有無など導入に必要な情報が収集できるでしょう。

経営コンサルタントコンサルタント

他社の成功事例を上手に盗むことをおすすめします。もし無料でレジアプリの導入をご検討でしたら、無料の料金プランを利用している飲食店の事例を探しましょう。

飲食店に関わる読者の皆様が、ご自身の店舗に似た情報を探しやすいように、各メーカーの導入事例サイトを以下に一覧化します。

経営コンサルタントコンサルタント

もし同じような導入事例が見つからなかった場合には、レジ選び無料相談サービスに聞いて見てください。各メーカーの情報を教えてくれるでしょう。

重要なポイント

飲食店のPOSレジアプリはご自身の店舗と同じ導入事例があるサービスを選ぶべし!

操作マニュアルが充実しているか

操作マニュアルが充実していることは、飲食店がレジアプリを選ぶ際の重要なポイントです。

小売店やサービス業に比べて、飲食店の業務はホール担当やキッチン担当などそれぞれ独立しているため、店舗スタッフが多く必要です。そのためどうしても新しい設備(業務システムやレジアプリなど)の導入すると、操作方法を覚える教育コストがかかってしまいます。

また、社員の独立やアルバイトが辞めてしまう場合など、レジアプリの操作方法をスタッフに教育する機会も発生するでしょう。

経営コンサルタントコンサルタント

POSレジアプリの使い方に関する「スタッフ教育」は、導入時の見落としがちなポイントです。簡単に使い始められて操作マニュアルが充実しているレジアプリを選びましょう。

レジアプリ導入時における初回講習サービスを有料で提供しているメーカーもありますが、無料の操作マニュアルが揃っていることが望ましいです。利用方法について分からないことがあれば問い合わせできる窓口があるサービスがベターでしょう。

特にアルバイトを雇っているお店では、若者が使いやすいようにスマホで操作方法の動画が見られるサービスがおすすめです。店長がわざわざ説明しなくても、最近の若者であれば動画を見て自発的にレジアプリの操作方法を覚えてくれるでしょう。

経営コンサルタントコンサルタント

どのメーカーがどのような操作マニュアルを提供しているか確認するでしたら、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。

スタッフが自分で仕事を覚えられるように操作マニュアルが充実しているPOSレジアプリのメーカーを選びましょう。

重要なポイント

飲食店のPOSレジアプリは操作マニュアルが充実しているサービスを選ぶべし!

オフライン機能が充実しているか

オフライン機能が充実していることも、飲食店のPOSレジアプリ選びに必要な観点です。インターネット接続がオフライン時でも滞りなく、注文・オーダー・レジが稼働するPOSレジを選びましょう。

背景を説明すると、これまでのタブレットPOSレジアプリは、インターネットに接続していなければ利用できないことが多く、これがクラウドサービスであることのデメリットとして、導入における大きな課題として挙げられていました。

この課題を回避するために、各POSレジメーカーがオフライン機能を提供し始めたため、タブレット端末がインターネットに接続していない時でも、店舗運営に必要最低限の機能を使えるようになりました。

経営コンサルタントコンサルタント

今ではこのオフライン機能によって、インターネット圏外になりがちな地下店舗や郊外イベント出店においても、タブレットPOSレジアプリが安心して使えるようになっています。

飲食店向けには、オフライン機能を有しているレジアプリを推奨します。

特に地下店舗や隠れ家的なお店であれば、オフライン機能を有するレジアプリが必須と言っても過言ではありません。

経営コンサルタントコンサルタント

但し、メーカーによってオフライン機能で出来ることが異なります。どのレジアプリがどのような機能を提供しているのか、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。

飲食店で使われるレジは、キッチン・注文・会計というお店の基盤を支えるものであるため、営業中は常に安定稼働している必要があります。オフライン時にも安定して稼働するレジアプリを選びましょう。

重要なポイント

飲食店のPOSレジアプリはオフライン機能が充実しているサービスを選ぶべし!

飲食店で便利なPOSレジアプリの機能

飲食店でよく使われているおすすめのレジアプリの機能をご紹介します。

オーダーエントリーシステム(ハンディオーダー

オーダーエントリーシステムとは、お客様からオーダーを受ける際に従来の手書き伝票ではなく、ハンディ端末を使ってリアルタイムにキッチンにオーダーを通す仕組み(システム)のことです。

現在、多くのレジアプリにはこのオーダーエントリー機能が備わっており、「ハンディターミナル」と呼ばれる高額な専用端末を用意しなくてもスマホやタブレット実現できるようになりました。

メモ

オーダーエントリーシステムは、別名ハンディオーダーシステムとも呼ばれています。ハンディ端末を使ってキッチンにオーダーを通す、という意味です。各POSレジメーカーによって呼称が異なる場合がありますのでご注意下さい。

店員がお客様からの注文をハンディ端末に入力すると、注文データはキッチン側に送信されて調理が行われます。そのあと注文データは配膳状況の更新やレジ会計に連携される仕組みになっています。

経営コンサルタントコンサルタント

現在、無料でオーダーエントリーシステムを利用できるレジアプリはSquare POSレジのみです。Square POSレジのオーダーエントリーシステムについてはこちらの記事をご覧ください。

飲食店のオーダーエントリーシステムは、主にお客様からの注文をキッチンに通す業務を効率化する目的で利用されます。

以下にオーダーエントリーシステムの主な特徴をご紹介します。

主な特徴
  • 売切れ・在庫表示が可能。ハンディ端末にリアルタイムの品切れ状況が表示されます。
  • テーブル情報を確認可能。テーブル滞在時間や注文状況・配膳状況、売上着地予想などが管理できます。
  • プリンター連動が可能。注文データはキッチンプリンターや会計・注文レシートへ送信されます。
経営コンサルタントコンサルタント

特にお客様から注文を受ける際に、リアルタイムの品切れ状況が分かる機能は嬉しいポイントですね!注文ミスも防止できますし、その場で代わりのおすすめメニューを提案できるようになります。

また、オーダーエントリーシステムの主なメリットをご紹介します。

下記に挙げられる項目以外にもさまざまなメリットが得られますが、特にオーダー業務の効率化というメリットが大きいでしょう。

得られるメリット
  • 回転率のアップ。注文を取るたびに客先とキッチンを往来する手間を省略できるため、店舗全体の回転率が向上します。
  • 注文ミスの防止。手書き伝票で発生する書き間違い・読み間違いによるオーダーミスや異なるスタッフによる二重オーダーも防止できます。
  • レジ会計の効率化。会計時に注文内容をレジ入力し直す必要がなくなり、お客様を待たせません。会計ミスの防止にもつながります。
経営コンサルタントコンサルタント

オーダーエントリーのデメリットとしては「柔軟な注文が受けられなくなる」が挙げられますが、こ場合には「注文メモ」機能を活用すれば解決します。効率化と柔軟な対応が両方実現となります。

レジアプリを活用したオーダーエントリー機能が、他のオーダーシステム(オーダーエントリーシステムやQRオーダーシステム)と異なる点は、お客様と店員とのコミュニケーションが大切に出来る点にあります。

オーダー業務を効率化することで店内スタッフの対応にゆとりが生まれ、お客様へのきめこまやかな接客によりおもてなしを実現するでしょう。

以下のような課題を抱えている飲食店にはオーダーエントリーシステムがマッチします。

こんなお店に最適
  • ランチ時間帯などの店内が混雑してお客様をお待たせしてしまっている飲食店
  • 同じような名前やメニュー数が多く、オーダーミスが多発している飲食店
  • 一部のお客様が居座ってしまい、たくさんのお客様に落ちついた時間を提供できていない飲食店
経営コンサルタントコンサルタント

私がおすすめする使い方は「お客様のテーブル滞在時間の自動通知」です。たくさんのお客様にそれぞれ落ち着いた時間を過ごしてもらうためにはとても便利な機能になっています。

もし、オーダーエントリーシステムをご自身の店舗でご検討されている場合には、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。経験豊富なプロがお客様に最適な情報提供をしてくれます。

↓まずは無料で相談する↓
レジ選びを無料相談する

テーブルオーダー(セルフオーダー)

テーブルオーダーとは、店舗内のテーブルにタブレット端末を設置しておき、来店したお客様が店員(ホール/フロアスタッフ)を介さずにタブレットのレジアプリを使って直接注文が出来る機能のことです。

メモ

テーブルオーダー機能は、別名セルフオーダー機能とも呼ばれています。各POSレジメーカーによって呼称が異なる場合がありますのでご注意下さい。

お客様がテーブルオーダー機能を使って注文を行うと、タブレット端末から注文データがキッチン側に送信され、厨房内に設置されたキッチンプリンターから注文伝票として印刷される流れとなっています。

経営コンサルタントコンサルタント

POSレジアプリが登場するまでは、テーブルオーダー機能を実現するためには専用機械が必要でしたが、専用機械(有名居酒屋やカラオケで見かけるようなもの)は高額なんですよね。。。

飲食店のテーブルオーダー機能は、主にお客様から注文を受ける業務を効率化する目的で利用されます。

以下にテーブルオーダー機能の主な特徴をご紹介します。

主な特徴
  • メニュー表と注文画面が簡単に作成可能。写真を大きく掲載して購買意欲を高めるメニュー表を簡単に作成できます。
  • 複数のメニュー表の切り替えが可能。時間帯別にランチやディナー用のメニューに切り替えられます。
  • メニューの外国語表示が可能。簡単なボタン操作でメニューの表示内容を複数の外国語に変更できます。
経営コンサルタントコンサルタント

特に注文メニューを外国語表示にできる機能は嬉しいポイントですね!これからのアフターコロナのことを考えると、観光地の飲食店や外国人旅行客の多い店舗ではインバウンド対策として有用です。

また、テーブルオーダー機能の主なメリットをご紹介します。

下記に挙げられる項目以外にもさまざまなメリットが得られますが、特に人手不足の解消というメリットが大きいでしょう。

得られるメリット
  • 注文を取る時間の短縮。テーブルオーダー機能を導入するとホールスタッフが注文を受ける手間が減るため、少ない人数でも無理のない店舗運営が可能で人件費の削減にもなります。
  • 注文ミスの防止。注文受けに慣れていないスタッフによる聞き間違いや伝票の書き間違いなど、クレーム発生の予防にもつながります。
  • 訪日外国人向けインバウンド対策。簡単にメニュー表を外国語の表示に変えられるため、日本語が通じない外国人のお客様からでも、スムーズに注文を受けることが可能です。
経営コンサルタントコンサルタント

スタッフが忙しそうでお客様がなかなか注文しずらい、というケースが飲食店ではよくあります。そういう場合にはテーブルオーダー機能の「店員を呼ぶ」ボタンを押してもらえば安心ですね。

テーブルオーダー機能が、他のオーダーシステム(オーダーエントリーシステムやQRオーダーシステム)と異なる点は、スタッフが直接注文を受けるオペレーションとバランス良く両立できる点にあります。

ハンディ端末を使ったオーダーエントリーシステムでは、注文の聞き間違いや打ち間違いが完全に防げませんし、QRオーダーシステムではお客様側に負担が偏ってしまうおそれがあります

以下のような飲食店にはテーブルオーダー機能がマッチします。

こんなお店に最適
  • スタッフのオーダー受け業務がひっ迫している飲食店
  • 1組のお客さまが同じテーブルから複数回注文するような飲食店
  • 外国人のお客様が多く来店するが飲食店
経営コンサルタントコンサルタント

私がおすすめする運用形態は、スタッフがオーダー受けする場合とテーブルオーダーの両立です。お客様のなかにも店員さんを呼んで確認しながら直接注文したい、という方もいますからね。

実際にレジアプリのテーブルオーダー機能が利用しようとする際に、申し込むかかる費用や料金プランは各メーカーによって異なります。

また、安定したインターネット回線が必要なため、店舗内のネットワーク調査を事前に行わなければならないケースもありますのでご注意ください。

注意点

飲食店店舗にテーブルオーダー機能を導入するための必要事項は、各メーカーによって異なるため事前に必ずお問い合わせください。

もし、テーブルオーダー機能をご自身の店舗でご検討されている場合には、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。経験豊富なプロがお客様に最適な情報提供をしてくれます。

↓まずは無料で相談する↓
レジ選びを無料相談する

飲食店がPOSレジアプリを選ぶ際の注意点

ここでは飲食店がPOSレジアプリを選ぶ際の注意点を解説します。

無料の料金プランでも機能が少ないサービスは避ける

結論から言うと、いくら無料のレジアプリでも機能が少ないサービスは避けましょう。

最近ではiPadやAndroidなどタブレット端末で使えるPOSレジアプリも徐々に種類が増えてきて、有名な会社のサービスから名前を聞いたことがないようなものまであります。

経営コンサルタントコンサルタント

例えばスマレジやAirレジ、SquareなどはテレビCMを放映しているので、名前を聞いたことがあると思います。サービスの知名度って結構大事ですよね。。。

無料でも飲食店で使える基本的なレジ機能が備わっているレジアプリ、もしくは、無料の料金プランから使い始めて「有料の飲食店向けの料金プラン」に変更できるものを選びましょう。

最初に間違って変な(自分の店舗にマッチしない)レジアプリを選んでしまうと、自分がやりたいことが出来ないばかりか時間の無駄になってしまう恐れがあります。

経営コンサルタントコンサルタント

手軽にタブレットで使えるレジアプリといっても、立派な設備投資になります。設備投資を行う際は業者から相見積もりを取る進め方が一般的でしょう。

し自分が気になっているPOSレジアプリに必要な機能が備わっているかどうか分からない場合には、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。特に無料で出来る範囲を確認しましょう。知識豊富なプロが中立的な立場で情報提供をしてくれます。

↓まずは無料で相談する↓
レジ選びを無料相談する
重要なポイント

いくら無料でもご自身がやりたいことが実現できないレジアプリは絶対に避けましょう。

レジアプリが管理できる店舗数の上限を確認する

タブレットPOSレジを選ぶ際の注意点としては、レジアプリが管理できる店舗数を確認することも重要です。

実際のところ、タブレットで使えるレジアプリといっても、各サービスや料金プランによって管理できる店舗数が異なります。そのためPOSレジを導入する店舗数を事前に決めておく必要があるのです。

経営コンサルタントコンサルタント

ちなみに話ですが、大規模チェーン店に導入されている複数店舗を一括管理するような大型POSレジシステムは、レジアプリとは比べものにならないほど高額な導入費用がかかっています。

例えば月額料金が無料で使える料金プランで各メーカーを比較すると、スマレジ「スタンダードプラン」では1店舗のみ管理可能ですが、Square POSレジには管理対象の店舗数に制限はありません。(詳細は、以下のレビュー記事をご覧ください)

経営コンサルタントコンサルタント

いまは1店舗の運営を行っているが将来的に店舗数を増やしていきたい、とお考えのオーナー様は、複数店舗の管理対応しているPOSレジアプリのサービスをお選びください。

ご自身の経営している店舗数や運営形態がどの料金プランに該当するのか分からない場合には、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。経験豊富なプロがお客様に最適なレジに関する情報提供をしてくれます。

↓まずは無料で相談する↓
レジ選びを無料相談する
重要なポイント

ご自身の店舗運営状況を鑑みて、レジアプリが同時に管理できる店舗数の上限を確認しましょう。

【無料あり】飲食店におすすめのPOSレジアプリ【ランキング形式】

ここからは飲食店におすすめのPOSレジアプリをランキング形式でご紹介します。

経営コンサルタントコンサルタント

POSレジアプリの導入をご検討の店舗オーナー様に向けて、こちらの記事に各POSレジの特徴を比較してまとめています。ぜひご覧ください!

経営コンサルタントコンサルタント

それではPOSレジアプリのおすすめランキングを見ていきましょう!管理人のレビューコメントもぜひご一読ください。

1位:スマレジ

飲食店向けおすすめPOSレジアプリのランキング1位は「スマレジ」です。特に月額料金が無料のスタンダードプラン(1店舗のみ利用可能)を推奨します。

スマレジの無料プラン「スタンダードプラン」には、店舗数の制限があるだけで、必要な機能はすべて揃っています。まずは無料でPOSレジアプリを使い始めてみたい、という方にはピッタリのサービス・料金プランです。

スマレジの詳細については、こちらのレビュー記事をご覧ください。

経営コンサルタントコンサルタント

特にスマレジのPOSレジアプリは、拡張性がトップクラスに優れているサービスです。まずはPOSレジアプリを無料で始めてみてから、徐々に利用範囲を拡張していくのが良いでしょう。

飲食店向け活用ポイント

1店舗の飲食店が基本的なPOSレジアプリを始めてみるならスマレジの無料プランが最適です。慣れてきたら、飲食店向け料金プランの「フードビジネスプラン」への変更を検討しましょう。

以下に飲食店が実際にスマレジを導入された事例をご紹介します。

経営コンサルタントコンサルタント

経営コンサルタントの管理人が実際に利用した経験から、飲食店におけるスマレジの活用方針を以下の通りにご提案します。よろしければご参考にどうぞ。

おすすめのPOSレジアプリ活用方針
  • 1店舗の飲食店ならまずは無料の「スタンダードプラン」から始めてみるのが最善策
  • 基本的なPOSレジアプリをレジ会計業務には「スタンダードプラン」の機能で問題ない
  • レジ会計以外のすべての業務をすべて効率化したいなら有料の「フードビジネスプラン」に変更を検討する
↓公式HPを確認する↓
スマレジ 公式HP

2位:ユビレジ

飲食店向けおすすめPOSレジアプリのランキング2位は「ユビレジ」です。

iPadとキャッシュドロアーがあれば無料で始められる手軽さが特徴で、テイクアウト対応や軽減税率対応(1つの商品が税率・価格を複数持つ)も簡単に設定できます。ユビレジが提供する周辺機器「ユビレジハンディ端末」を使えば、注文変更・数量増減・トッピング追加などオーダーが効率的に取れるので、スピーディーな商品提供が可能となります。

管理人のレビュー

飲食店向け新サービス「ユビレジQRオーダー&決裁」がおすすめです!これはお客様にハンディ端末上のQRコードをスマホで読み取ってもらい、注文/会計をお客様ご自身で効率よく行って頂けるサービスです

↓公式HPを確認する↓
ユビレジ 公式HP

3位:Airレジ

飲食店向けおすすめPOSレジアプリのランキング3位は「Airレジ」です。

タブレットPOSレジにおいて利用店舗数No.1のサービスで、基本的なレジ機能や商品管理・顧客管理・売上分析など日々の業務で役立つ機能を備えています。Airレジの特徴といえば、圧倒的な使いやすさ。操作方法をまとめたマニュアル動画が豊富に用意されていて、店舗のスタッフ教育も効率的にできます。

管理人のレビュー

CMで有名なキャッシュレス決済サービス「Airペイ」と一緒に使えば、Airレジで会計した情報がそのまま決済端末に反映され、金額再入力の必要が無くスムーズなレジ会計を実現できます。

↓公式HPを確認する↓
Airレジ 公式HP

4位:Square POSレジ

飲食店向けおすすめPOSレジアプリのランキング4位は「Square POSレジ」です。特にキャッシュレス決裁にSquareをご利用でしたら、レジアプリにはSquare POSレジを推奨します。

Square POSレジは、無料のSquareアカウントを作成するだけで、レジアプリに備わっている機能がすべて無料で利用できます。月額の料金プランを気にせずに、レジアプリの機能を利用してみたい、という方にはピッタリのサービスです。

Square POSレジの詳細については、こちらのレビュー記事をご覧ください。

経営コンサルタントコンサルタント

特にSquare POSレジでは、複数店舗の管理も無料で行えるため、いくつかの店舗を展開している場合にはオススメです。

飲食店向け活用ポイント

複数店舗を展開する飲食店がPOSレジを無料で利用したいのであれば、Square POSレジが良いでしょう。但し、原価管理・仕入れ管理などの機能はありません。

以下に飲食店が実際にSquareを導入された事例をご紹介します。

経営コンサルタントコンサルタント

管理人が考える飲食店におけるSquare POSレジの活用方針を以下の通りにご提案します。よろしければご参考にどうぞ。

おすすめのPOSレジアプリ活用方針
  • 無料の「オンライン事前注文サイト」を開設して、事前注文と支払いを可能にする
  • 「勤怠管理」機能を使って従業員が出勤・退勤する際の打刻やシフトスケジュールの作成を効率化する
  • 無料の「Squareデータアプリ」をダウンロードして、リアルタイムにスマホで売上を確認・分析する
↓公式HPを確認する↓
Square 公式HP

5位:STORES レジ

飲食店向けにおすすめのPOSレジアプリのランキング5位は「STORES レジ」です。特に、食品通販や宅配、店舗オリジナル小物のネット販売に利用するならSTORES レジは最適でしょう。

飲食店向け活用ポイント

あくまでもSTORES レジは、ネットショップSTORESで販売する商品の売上管理がメインの機能です。飲食店では通常のテーブル飲食会計に対してではなく、通販や小物販売にSTORES レジを利用することを推奨します。

経営コンサルタントコンサルタント

飲食店の通販で利用する料金プランは、「ネットショップ開設STORESのフリープラン」と「無料のSTORES レジ」の2つを連携すればで十分でしょう

経営コンサルタントコンサルタント

経営コンサルタントの管理人が実際に利用した経験から、飲食店におけるSTORES レジの活用方針を以下の通りにご提案します。よろしければご参考にしてください。

おすすめのPOSレジアプリ活用方針
  • STORESとSTORES レジの2つのサービスを無料プランの範囲で連携して利用する
  • オンライン通販や宅配、店舗オリジナルの小物販売にPOSレジを活用する
  • 通常の飲食会計レジはSTORES レジでは管理しない
↓公式HPを確認する↓
STORES 公式HP

飲食店が効率的かつ低コストでPOSレジアプリを導入する方法

ここでは飲食店がPOSレジアプリを効率的かつ低コストで(できれば無料で)導入する方法について解説します。

回り道せずに効率的にPOSレジアプリを導入する方法

タブレットPOSレジアプリについて興味を持つ背景は人それぞれですが、一般的には以下のようなきっかけがあると考えられます。

POSレジアプリについて知ったきっかけ
  • 知人や導入済みの店舗に教えてもらった
  • 雑誌広告やテレビCMで知った
  • インターネットで「タブレット POSレジ アプリ」と検索した
経営コンサルタントコンサルタント

自分の力だけで調べていると、どのサービスが自分の店舗にフィットするのか分からなくなってしまいますよね。ですが、最も大切なことは自分のやりたいことを実現できるサービスを選べるかどうかだと思います。

経営コンサルタントコンサルタント

当サイトで推奨している方法は、レジ選び無料相談サービスに相談することです。自分のやりたいことやどのように手続きを進めたいかをメールや電話で伝えるだけで、レジ選びのプロがおすすめのお役立ち情報をを紹介してくれます。

また、円滑なコミュニケーションを実現するために、レジ選び無料相談サービスに対するおすすめの相談方法についてご紹介します。

おすすめの相談方法
  1. タブレットPOSレジアプリについて興味を持つに至ったきっかけなど経緯を相談員に説明する
  2. ご自身が店舗で何を実現したいのかを説明する
  3. 進め方を教えて欲しいのか、サービスを紹介して欲しいのか、事例を紹介して欲しいのか、などリクエストを説明する

POSレジアプリを店舗に導入するまでの手続きや、店舗にマッチするPOSレジアプリはどれか、レジカウンター周りはどのようなイメージになるかなど、気になる点はすべて伝えるようにしましょう。

↓まずは無料で相談する↓
レジ選びを無料相談する

費用を抑えてPOSレジアプリを導入する方法

結論からお伝えすると、最も低コストでPOSレジアプリを導入する方法は、補助金・助成金を活用することです。

なぜなら、POSレジアプリには無料で利用できるサービスがありますが、iPadなどのタブレット端末は無料ではありません。また、キャッシュドロアレシートプリンタ、バーコードリーダなどの周辺機器を一通り揃えるためにはそれなりのコストが必要になってきます。

例えば、無料で利用できるSquare POSレジやSTORES レジ「フリープラン」であれば無料で豊富なPOSレジのアプリは、お釣りのやり取りを行う会計業務として利用するためには、有償の周辺機器を買う必要があります。

経営コンサルタントコンサルタント

出来る限り低コストで店舗にシステムを導入するためには、お得な補助金・助成金を活用するのがよいでしょう。

経営コンサルタントコンサルタント

当サイトで推奨している方法は、レジ選び無料相談サービスに相談することです。自分の実現したい機能や考えている予算をメールや電話で伝えるだけで、レジ選びのプロがおすすめの補助金の活用情報を紹介してくれます。

また、円滑なコミュニケーションを実現するために、レジ選び無料相談サービスに対するおすすめの相談方法についてご紹介します。

おすすめの相談方法
  1. ご自身が店舗で何を実現したいのかを説明する
  2. ご自身が考えている予算を相談員に説明する
  3. サービスを紹介して欲しいのか、概算の見積もりが欲しいのか、商材の相見積もりがしたいのか、などリクエストを説明する

実際にPOSレジアプリの導入費用はどれくらいかかるのか、初期費用やランニング費用はどのような金額になるのか、周辺機器を合わせるとどれくらいの費用になるのかなど、気になる点はすべて伝えるようにしましょう。

↓まずは無料で相談する↓
レジ選びを無料相談する

【2022年度最新版】飲食店が利用できるお得な補助金情報まとめ

ここでは飲食店がタブレットPOSレジアプリやキャッシュレス決裁などのICT導入に利用できるお得な補助金制度をご紹介します。

補助金情報に関する注意事項

当記事の記載内容は、2022年度の最新情報を記載しています。

当サイトの管理人が常に情報を最新に更新するように努めていますが、補助金制度は随時要件や内容の変更が発生する可能性があります。申請手続きをご検討の方は、有人のレジ選び無料相談サービスにご確認頂くか参考情報としてご理解頂ければと思います。

経営コンサルタントコンサルタント

まずは飲食店がICT導入に利用できる主な補助金情報をリストアップしてご紹介します。最近では特にIT導入補助金が人気ですのでぜひチェックしてみてくださいね。

POSレジ導入に活用できる主な補助金制度
  • 小規模事業者持続化補助金
  • IT導入補助金
  • 事業再構築補助金
  • 事業復活支援金
  • 業務改善助成金
  • ものづくり補助金

経済産業省HPで特集されている人気の補助金・給付金もご確認ください。

また、中小機構による特設サイトも併せてご確認下さい。

経営コンサルタントコンサルタント

飲食店が店舗のIT化を進めるためには、ハンディ端末やキッチン用印刷機など他の業種よりも周辺機器が必要になってきます。積極的に補助金を活用していきましょう

レジ選び無料相談

補助金・助成金制度の利用をご検討でしたら、レジ選び無料相談サービスにご相談ください。知識豊富なプロがあなたの店舗やご要望にあったPOSレジを中立的な立場でご提案いたします。無理なご提案も行いません。

600,000件以上の相談実績【電話・メール・LINEもOK】

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金とは、「小規模事業者等」が持続的な経営に向けた経営計画に基づいて、①販路開拓や②業務効率化に取り組む際に必要な費用の一部を補助する制度です。(通称:持続化補助金)

補助金の申請には、商工会議所・商工会が発行する事業支援計画書が必要となります。

用語解説

小規模事業者および一定要件を満たす特定非営利活動法人を「小規模事業者等」といいます。

持続化補助金は、常勤の従業員が原則20人以下の法人もしくは個人事業主が補助金の対象となります。つまり、規模の小さな事業者が対象の補助金です。

経営コンサルタントコンサルタント

当補助金は、個人店オーナーや新規に店舗オープンを検討している方には最適な補助金です。自分のお店を持ってお客様を笑顔にしたい、という素敵な夢をサポートしてくれる制度なので、積極的に活用したいですね!

当補助金の情報については、公式HPまたはガイドブックをご覧ください。

当補助金は「一般型」と「低感染リスク型ビジネス枠」に分類されています。

小規模事業者持続化補助金の分類
  • 一般形(上限50万円):チラシ作成、Webサイト作成、商談会参加、店舗改装などに使用可能。
  • 低感染リスク型ビジネス枠(上限100万円):新型コロナウイルス対策感染症対策として新たなビジネス・サービスなどを実施する際に使用可能。

商工会または商工会議所のサポートを受けながら事業計画書を作成し、審査・採択手続きを経た後に費用補助を受けられます。

持続化補助金の主な特徴まとめ
  • 小規模の法人または個人事業主が補助金の対象となる
  • 「一般型」なら販路開拓や業務効率化など幅広い取り組みが補助の対象になる
  • 商工会または商工会議所のサポートを受けながら事業計画書を作成する

補助金制度による具体的な支給額は、事業運営にかかった経費に所定の補助率を乗じて算出されます。

当補助金は、飲食店がタブレット型のPOSレジアプリを導入して、ホームページを作成して店舗の集客力をアップさせたり、売上増加の事業計画を立てるケースが該当します。

経営コンサルタントコンサルタント

経営コンサルタントの視点から、飲食店向けにこの補助金を最大限活用する戦略をご提案します。①販路開拓と②業務効率化の2本柱戦略です。

おすすめの補助金活用戦略
  • 店舗で実現したいことを以下の2本柱で優先順位をつけて実現する
  • ①販路開拓への取り組み:お店のホームページ作成、店舗改装に活用する
  • ②業務効率化への取り組み:タブレット端末の購入、POSレジアプリの導入、キャッシュレス決裁の導入、オーダーエントリーシステムの構築に活用する

もし当補助金を活用することをご検討でしたら、レジ選び無料相談サービスにご相談することをおすすめします。知識豊富なプロがあなたの店舗やご要望にあったPOSレジ選びをサポートしてくれます。

↓まずは無料で相談する↓
レジ選びを無料相談する
飲食店向け活用ポイント

タブレットPOSレジを活用した効率的な店舗運営によって、売上増加を実現しましょう。

IT導入補助金

IT導入補助金とは、中小企業・小規模事業者が自社の課題やニーズに合ったITツールに関して、その導入補助が受けられる補助金制度です。

更新情報

2022年11月8日(火)に2023年度(令和5年)のIT導入補助金の方針が公表されました。

当制度の目的は、クラウドシステムなどのITツール導入によって業務効率化やコスト削減などの経営改善を行うことであり、当サイトで紹介しているPOSレジアプリやクラウド会計ソフト(freeeなど)の導入も該当します。

用語解説
  • 「ITツール」とは、パッケージソフトの本体費用、クラウドサービスの導入・初期費用等を指します。
  • 「クラウドシステム」とは、インターネット環境さえあれば、ネットワーク経由で利用できるシステムのことです。クラウド(Cloud)は「雲」という意味で、インターネット経由で雲の上のシステムを利用するようなイメージが由来となっています。
経営コンサルタントコンサルタント

IT導入補助金は、POSレジに限らずITツールを購入する際に人気の補助金制度です。他の補助金に比べて、間口が広く1年間を通じて複数回の申し込みが可能です。ぜひ積極的に活用したいですね!

当補助金の詳細は、公式HPをご覧ください。

補助金の申請は、目的に合わせて以下の2種類から選択して申請します。

IT導入補助金の申請分類
  • 通常型:A類型とB類型
  • デジタル化基盤導入枠:令和3年度補正予算として新たに新設

所定の条件を満たすと、ITツール導入にかかる経費の一部について補助が受けられます。

経営コンサルタントコンサルタント

IT導入補助金は、申請時期が早いほど採択率が高くなる傾向があるため、気づいたらすぐに申請しましょう。ぜひレジ選び無料相談サービスに相談してみてくだいね

タブレットPOSレジはソフトウェアであるため、申請分類は「通常型」に該当しますが、POSレジ以外にも周辺機器が対象となるケースもあります。

おすすめの補助金活用戦略
  • 飲食店なら「通常型」の「A類型」への申請を基本方針とする
  • タブレット端末やハンディ端末、キッチン用印刷機などのハードウェア導入に活用する
  • POSレジ以外にも、店舗経営に必要な会計ソフトやセキュリティソフト導入に活用する

もし具体的に補助金の申請方法が分からなければ、レジ選び無料相談サービスにご相談ください。

↓まずは無料で相談する↓
レジ選びを無料相談する
飲食店向け活用ポイント

ソフトウェア以外にも周辺機器を含むPOSレジ導入費用の補助が受けられるか確認しましょう。

事業再構築補助金

事業再構築補助金とは、新型コロナウイルス感染症に伴う経済悪化に対応するために、中小企業が事業を再編・転換・再構築することを支援する制度です。

補助金の対象は、日本国内に本社を有する中小企業者等及び中堅企業等です。

用語解説

当補助金の対象となる中小企業とは、飲食店の場合は資本金5,000万円以下の会社または従業員50人以下の会社及び個人のことを指します。

経営コンサルタントコンサルタント

当補助金の分かりやすい事例として、飲食店がキッチンカーを始めるケースが挙げられます。事業計画は柔軟に考える必要がありますが、飲食店であれば他の業種よりも事業再構築が行いやすいでしょう。

当補助金の申請受付及び交付事務は、国(中小企業庁)が行っています。

当補助金の詳細は、中小企業庁HPまたは公募要領をご覧ください。

当補助金の申請要件は以下の項目が必須化されています。

事業再構築補助金の申請要件
  • 売上が減っていること
  • 事業再構築に取り組むこと
  • 認定経営革新等支援機関と事業計画を策定すること

当補助金に採択されるためには、補助金申請対象の事業が、事業再構築指針に示す「事業再構築」の定義に該当する事業であることが必要です。当補助金を検討する場合は、必ずご確認ください。

事業再構築補助金の申請には電子申請システムの利用を基本としており、手続きにGビズIDプライムが必要となります。詳細は、電子申請システムマニュアルをご確認ください。

経営コンサルタントコンサルタント

当補助金の申請手続きを滞りなく行うためには、ある程度パソコンを扱えなければなりません。正直なところ1人だけで対応するのはかなり難しいと思いますので、レジ選び無料相談サービスに相談しましょう!

おすすめの補助金活用戦略
  • もし補助金申請に慣れていなければ、外部のプロに相談する
  • 事業計画は柔軟に考え、必要あらば専門家に相談する
  • POSレジアプリを活用した事業計画の策定を行う

例えばコロナ前にレストラン店舗を営業していたが、経営悪化に伴う事業再構築として、店舗の一部を廃止してテイクアウト事業やお弁当販売事業を始めるような場合に、当補助金が該当します。

もしタブレットPOSレジを活用した事業計画のイメージがつかなければ、過去の事例を調べたり、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。新しいチャレンジをしたい店舗オーナー様はぜひ積極的に活用してみてください。

↓まずは無料で相談する↓
レジ選びを無料相談する
飲食店向け活用ポイント

柔軟な発想でタブレットPOSレジを活用した事業計画の策定を検討しましょう。

事業復活支援金

事業復活支援金とは、新型コロナウイルス感染症によって経済的な打撃を受けた事業者がその事業規模に応じて給付金を受けられる制度です。

更新情報

差額給付の申請期間は、6月30日(木)をもって終了いたしました。補助金に関する最新情報は経済産業省HPをご覧ください。

業種や所在地を問われませんが、2021年11月~2022年3月のいずれかの月の売上高が50%以上または30~50%減少した事業者が補助金支給対象とされています。

経営コンサルタントコンサルタント

当補助金はフリーランスを含む個人事業主を含めて、かなり広い範囲の事業者が対象となります。

当補助金の詳細は、公式HPまたはこちらのリンクより資料をダウンロードください。

事業規模ごとの最大支給額は以下の通りに分類されています。

最大支給額
  • 法人:最大250万円
  • 個人事業主:最大50万円

所定の条件さえ満たせば、新型コロナウイルス感染症による経済的な影響を受けた飲食店が補助を受けられる補助金です。

経営コンサルタントコンサルタント

当補助金の申請期間は締切りになりましたが、補助金の存在に気づいたらすぐに申請しましょう。最新の補助金情報については、ぜひレジ選び無料相談サービスに相談してみてくだいね

おすすめの補助金活用戦略
  • 社会的情勢により事業者をサポートしてくれる補助金制度は締切りになる前に急ぎ申請する
  • 他の事業者がどのように活用しているのか情報収集を欠かさない
  • POSレジアプリを導入した店舗オペレーションの改善など設備投資に活用する

給付金額は事業規模に応じて支給されますが、POSレジの導入費用としては十分な金額です。ぜひ積極的に当補助金を活用してましょう。

↓まずは無料で相談する↓
レジ選びを無料相談する
飲食店向け活用ポイント

POSレジの導入によって効率的な店舗運営を実現し、売上アップを目指しましょう。

業務改善助成金

業務改善助成金とは、中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援し、事業場内最低賃金の引上げを目的とした国の助成金です。

更新情報

2022年(令和4年度)の9月と12月に制度改正(拡充)が行われました。最新の情報は公式HPをご確認ください。

当制度は、生産性向上のために設備投資(機械設備、POSレジ導入やコンサルティング・教育訓練)を行って、事業場内最低賃金を一定額以上引き上げた場合に、その設備投資などにかかった費用の一部を助成してくれます。

用語解説

「事業場内最低賃金」とは、事業場内で最も低い賃金を意味します。

経営コンサルタントコンサルタント

賃金の引き上げ額や労働者数によって助成上限額が変わりますが、他の補助金に比べて助成率が高いことが特徴です。ぜひ積極的にご活用ください。

補助金の詳細は、厚生労働省HPまたは以下の動画をご覧ください。

2022年7月現在、事業場が助成を受けるためには、以下2つの要件を満たす必要があります。

業務改善助成金の交付要件
  • 事業場内最低賃金と地域別最低賃金の差額が30円以内
  • 事業場規模100人以下

当補助金の目的は、あくまでも事業場内最低賃金の引上げを目的です。

例えば飲食店がPOSレジ導入やコンサルティングサービスを実施して、事業場内最低賃金を引き上げる場合が該当します。

経営コンサルタントコンサルタント

当補助金は2023年も継続して事業者をサポートしてくれます。但し、予算の範囲内で交付する制度のため、申請期間内に募集を終了する場合があります。補助金の存在に気づいたらすぐに申請しましょう。

おすすめの補助金活用戦略
  • 申請期間の締め切りになる前に急ぎ申請手続きを行う
  • スタッフ教育や社員が利用する設備への投資を優先する
  • タブレットPOSレジを導入して、社員の業務オペレーションが楽になるように検討する

もし当補助金の手続きが分からなかったり、タブレットPOSレジを活用したイメージがつかなければ、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。

↓まずは無料で相談する↓
レジ選びを無料相談する
飲食店向け活用ポイント

当助成金をタブレットPOSレジの導入費用として活用するなら、事業場内最低賃金の引上げという目的の範囲内で検討しましょう。

ものづくり補助金

ものづくり補助金とは、革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセス改善を目的とする設備投資をサポートする中小企業向け補助金制度です。正式名称は「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」といいます。

注意事項

「ものづくり補助金」は、あくまでも中小企業向けの補助金であることにご注意下さい。フリーランスや個人事業主の方は、補助金の申請を行うことができません。

当補助金の詳細は、ものづくり補助金総合サイトをご覧ください。

経営コンサルタントコンサルタント

当補助金は、企業を積極的に支援するべく毎年制度の拡充が行われています。常に最新情報をキャッチしておきましょう。

所定の条件を満たせば、設備投資にかかった費用の一部を支援してもらえますが、受給条件を満たせなかった場合には、補助金の返還をしなければならない恐れがあるため、補助金を受けるためには綿密な計画を立てる必要があります。

また、当補助金の申請方法は、インターネットを利用した「電子申請」です。GビズIDプライムアカウントの取得が必要ですので、未取得の場合には早めに利用登録を行いましょう。

経営コンサルタントコンサルタント

ものづくり補助金もIT導入補助金と同様に人気の補助金制度となっています。申請時期が早いほど採択率が上がる傾向があるため、なるべく早めの申請をおすすめします。

おすすめの補助金活用戦略
  • 「一般型」または「デジタル枠」での申請を行う
  • レジアプリ(クラウドサービス利用費)とハードウェア(タブレット端末)の申請を行う
  • テイクアウト事業やネットオーダーなどPOSレジアプリを活用した中長期的な事業計画を策定する

この補助金は、飲食店が効率的な店舗運営を実現するための設備投資として、POSレジアプリを導入するような場合に活用できます。

もし補助金の手続きが具体的に分からなければ、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。

↓まずは無料で相談する↓
レジ選びを無料相談する
飲食店向け活用ポイント

タブレットPOSレジの導入を設備投資として捉えて、効率的な店舗の運営や新しいサービスの開発を実現しよう。

まとめ

当記事では飲食店向けにPOSレジ導入に役立つ情報をご紹介しました。

記事内で紹介した補助金制度をうまく活用して導入費用の負担を軽減しつつ、ご自身の店舗に合ったPOSレジを導入しましょう。

記事内でご紹介した補助金制度やレジ選び無料相談サービスをうまく活用して、店舗に合ったPOSレジを導入してみましょう。

600,000件以上の相談実績【電話・メール・LINEもOK】