飲食業

当記事は飲食店向けにPOSレジ導入に関するお役立ち情報をご紹介します。

  • 飲食店向けPOSレジの選び方や注意点
  • 飲食店におすすめのPOSレジランキング
  • 飲食店がPOSレジ導入に活用できる補助金情報

ここ数年で飲食店にも急速に浸透してきているタブレットPOSレジ。レジ前の混雑回避や店舗オペレーション最適化、キッチンカーなど屋外出店のために導入するオーナー様が増えてきています。

当記事では、タブレットPOSレジの概要から飲食店向けに役立つ機能、メリット、選び方、飲食店向けにおすすめのタブレットPOSレジをランキング形式にてご紹介します。また、無料相談窓口もありますのでぜひお気軽にご活用下さい。

飲食店向けPOSレジの選び方や注意点

まずは飲食店がPOSレジ導入を検討する際に考慮すべきPOSレジの選び方や注意点について解説します。

主なポイントは次の3つです。

  • 飲食店向け料金プランが充実しているか
  • 操作マニュアルが充実しているか
  • オフライン機能が充実しているか

それではひとつずつ見てきましょう。

飲食店向け料金プランが充実しているか

飲食店がPOSレジを導入するなら、「飲食店に特化した料金プラン」が用意されているPOSレジを選びましょう。

一般的にはタブレットPOSレジで利用できる機能やオプションは、料金プランによって変わってきます。(例:料金プランAなら30個の機能まで使える、というイメージ)

各POSレジメーカーは、業種・業態ごとに必要な機能を一式提供する料金プランをそれぞれ用意しています。(基本的なレジ機能を提供する月額費用0円の料金プランもあります)

つまり、ユーザー(店舗オーナー)は自身の店舗の業種・業態に合った機能やオプションを決めてから、該当する料金プランを申し込む流れとなっているわけです。

経営コンサルタントコンサルタント

まずはご自身の店舗に合った飲食店向けの料金プランが提供されているかどうかを確認しましょう!その料金プランで出来ることを確認して、足りない機能があれば別のサービスを検討すべきです。

例えば飲食店で使う機能やオプションには以下のようなものが挙げられます。

  • テイクアウト対応
  • セルフオーダー機能
  • 軽減税率対応
  • オーダーエントリー(ハンディ)
  • 予約・顧客管理(来店履歴、注文履歴等の管理)
  • オプション付きオーダー(大盛り、トッピング等)

また、ハンディ端末やキッチン用印刷機など飲食店用の周辺機器を用意しているメーカーもあります。周辺機器が使えるかどうかも料金プランに含まれますので、ぜひ検討してみてください。

重要なポイント

飲食店のPOSレジは飲食店向け料金プランが充実しているサービスを選ぶべし!

操作マニュアルが充実しているか

操作マニュアルが充実していること」は、飲食店がPOSレジを選ぶ重要なポイントです。

小売店やサービス業に比べて、飲食店では店舗の運営に必要なスタッフ数が多くならざるを得ず、POSレジの操作方法を覚えなければならない人数も増えてきます。また、アルバイトの入れ替わりなど、新しいスタッフにPOSレジの操作方法を教育する機会も度々あるでしょう。

経営コンサルタントコンサルタント

POSレジ導入後のスタッフ教育は、見落としがちなポイントです。POSレジの操作方法を覚える教材が揃っていなければ、スタッフの教育コストが高くなってしまう恐れがあります。

このような理由から、効率よくスタッフがPOSレジの使い方を習得できるように、操作マニュアルが充実しているPOSレジメーカーが望ましいでしょう。特に若者が使いやすいようにスマホで操作方法の動画が見られるサービスがおすすめです。

スタッフが自分で仕事を覚えられるように操作マニュアルが充実しているPOSレジメーカーを選びましょう。

重要なポイント

飲食店のPOSレジは操作マニュアルが充実しているサービスを選ぶべし!

オフライン機能が充実しているか

オフライン機能が充実していること」も、飲食店のPOSレジ選びに必要な観点です。インターネット接続がオフライン時でも滞りなく、注文・オーダー・レジが稼働するPOSレジを選びましょう。

少し背景を説明すると、これまでタブレットPOSレジは、インターネットに接続していなければ利用できないことが多く、これがクラウドサービスであることのデメリットとして、導入における大きな課題として挙げられていました。

この課題を回避するために、POSレジメーカーが「オフライン機能」を提供し始め、タブレットがインターネットに接続していない状態においても、店舗運営に必要な最低限の機能を使えるようになりました。

今ではこのオフライン機能によって、圏外になりがちな地下店舗や郊外イベント出店においても、タブレットPOSレジが安心して使えます。

経営コンサルタントコンサルタント

各POSレジメーカーによってオフライン機能で出来ることが異なります。飲食店向けに必要な機能が提供されているかどうか確認しましょう。

飲食店で使われるレジは、キッチン・注文・会計というお店の基盤を支えるものであるため、営業中は常に安定稼働している必要があります。

もしもの時のためにオフライン時に安定して稼働するPOSレジを選びましょう。

重要なポイント

飲食店のPOSレジはオフライン機能が充実しているサービスを選ぶべし!

飲食店におすすめのPOSレジランキング

ここからは飲食店におすすめのPOSレジをランキング形式でご紹介します。

  1. サンプル

    スマレジ(株式会社スマレジ)

    飲食店向けおすすめPOSレジランキング1位は「スマレジ」です。基本的なレジ機能以外に、売上データ分析・キャッシュレス決裁・タイムカード連携・セルフレジ機能・在庫不足時アラートなど、効率的な店舗オペレーションを実現するために必要な機能がすべて揃っている万能なサービスです。スマレジの特徴は、連携できる外部サービスが多いこと。他のPOSレジに比べて圧倒的に拡張性が優れています。

    管理人のレビュー

    飲食店向けに特化した「フードビジネスプラン」がおすすめです!こちらはキッチンを備える店舗に必要な機能(オーダーエントリー、キッチン伝票出力、オフライン時の注文/会計)がすべて利用可能なプランです。

    商品詳細を見る

  2. サンプル

    ユビレジ(株式会社ユビレジ)

    飲食店向けおすすめPOSレジランキング2位は「ユビレジ」です。iPadとキャッシュドロアーがあれば無料で始められる手軽さが特徴で、テイクアウト対応や軽減税率対応(1つの商品が税率・価格を複数持つ)も簡単に設定できます。ユビレジが提供する周辺機器「ユビレジハンディ端末」を使えば、注文変更・数量増減・トッピング追加などオーダーが効率的に取れるので、スピーディーな商品提供が可能となります。

    管理人のレビュー

    飲食店向け新サービス「ユビレジQRオーダー&決裁」がおすすめです!これはお客様にハンディ端末上のQRコードをスマホで読み取ってもらい、注文/会計をお客様ご自身で効率よく行って頂けるサービスです。

    商品詳細を見る

  3. サンプル

    Airレジ(株式会社リクルート)

    飲食店向けおすすめPOSレジランキング3位は「Airレジ」です。タブレットPOSレジにおいて利用店舗数No.1のサービスで、基本的なレジ機能や商品管理・顧客管理・売上分析など日々の業務で役立つ機能を備えています。Airレジの特徴といえば、圧倒的な使いやすさ。操作方法をまとめたマニュアル動画が豊富に用意されていて、店舗のスタッフ教育も効率的にできます。

    管理人のレビュー

    CMで有名なキャッシュレス決済サービス「Airペイ」と一緒に使えば、Airレジで会計した情報がそのまま決済端末に反映され、金額再入力の必要が無くスムーズなレジ会計を実現できます。

    商品詳細を見る

  4. サンプル

    Square POSレジ(Square株式会社)

    飲食店向けおすすめPOSレジランキング4位は「Square POSレジ」です。Square POSレジは、基本的なレジ機能に加えて、従業員の勤怠管理・複数店舗の一括管理など、効率的な店舗オペレーションを実現する機能を備えています。Square POSレジの特徴は、Android端末が利用可能であることでしょう。格安のAndroid端末を活用すれば、初期費用のコストダウンが実現できます。

    管理人のレビュー

    Square POSレジなら「事前注文サイト」を無料で開設する機能がおすすめです!テイクアウトやデリバリーにも対応可能な注文サイトによって、お客様の事前注文と支払いが可能になります。

    商品詳細を見る

  5. サンプル

    STORES レジ(ヘイ株式会社)

    飲食店向けおすすめPOSレジランキング5位は「STORESレジ」です。STORES レジも他のPOSレジと同様に飲食店に必要な機能を備えています。STORESレジの特徴は、ネットショップとの連携であり、飲食物や小物を販売するネットショップを開設するならおすすめです

    管理人のレビュー

    STORESレジならネットショップ連携がおすすめです!店舗とネットショップの在庫や売上情報を連携して管理できるので、スムーズに全体の事業を運営できるようになります。

    商品詳細を見る

飲食店がPOSレジ導入に活用できる補助金情報

飲食店オーナー向けにPOSレジの導入に活用できる補助金制度をご紹介します。

  • 小規模事業者持続化補助金
  • IT導入補助金
  • 事業再構築補助金
  • 事業復活支援金
  • 業務改善助成金
  • ものづくり補助金

ご自身の店舗でどの補助金・助成金制度が利用できるのかについては、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。POSレジ選びのプロが相談に乗ってくれます。

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金」とは、小規模事業者の売上増加や生産性向上に関わる取り組みに必要な経費の一部を支援する制度です。

常勤の従業員が原則20人以下の法人もしくは個人事業主が補助金の対象であり、商工会または商工会議所のサポートを受けながら事業計画書を作成し、審査・採択手続きを経た後に費用補助を受けられます。

2022年7月現在、当補助金は以下の2種類に分類されています。

  • 一般形(上限50万円):チラシ作成、Webサイト作成、商談会参加、店舗改装などに使用可能。
  • 低感染リスク型ビジネス枠(上限100万円):新型コロナウイルス対策感染症対策として新たなビジネス・サービスなどを実施する際に使用可能。

補助金制度による具体的な支給額は、事業運営にかかった経費に所定の補助率を乗じて算出されます。

経営コンサルタントコンサルタント

小規模事業者持続化補助金」は、飲食業の店舗がPOSレジを導入する際に最も多く活用されている補助金制度です。積極的に活用しましょう!

例えば、飲食店がタブレットPOSレジを導入し、売上増加の事業計画を立てるケースが該当します。もしどのようなPOSレジが自分の事業計画に合うか分からなければ、レジ選び無料相談サービスにご相談することをおすすめします。レジ選びのプロがあなたの店舗にマッチするサービスを紹介してくれます。

飲食店向け活用ポイント

タブレットPOSレジを活用した効率的な店舗運営によって、売上増加を実現しましょう。

IT導入補助金

IT導入補助金」とは、中小企業・小規模事業者が自社の課題やニーズに合ったITツールに関して、その導入補助が受けられる補助金制度です。

当制度の目的は、ITツールの導入によって業務効率化やコスト削減などの経営改善を行うことであり、POSレジの導入による店舗オペレーション改善も該当します。

補助金の申請は、目的に合わせて以下の2種類から選択して申請します。

  • 通常型:A類型とB類型
  • デジタル化基盤導入枠:令和3年度補正予算として新たに新設

所定の条件を満たすと、ITツールを導入にかかる経費の一部について補助が受けられます。

経営コンサルタントコンサルタント

ハンディ端末やキッチン用印刷機など飲食店用の周辺機器にかかる費用も補助が受けられる可能性があります。ぜひチェックしてみてくださいね!

タブレットPOSレジはソフトウェアであるため、申請分類は「通常型」に該当しますが、POSレジ以外にも周辺機器が対象となるケースもあります。詳しくはホームページをご覧いただくか、レジ選び無料相談サービスにご確認ください。

飲食店向け活用ポイント

ソフトウェア以外にも周辺機器を含むPOSレジ導入費用の補助が受けられるか確認しましょう。

事業再構築補助金

事業再構築補助金」とは、新型コロナウイルス感染症に伴う経済悪化に対応するために、中小企業が事業を再編・転換・再構築することを支援する制度です。

業種によって定義が異なりますが、飲食店の場合は資本金5,000万円以下の会社または従業員50人以下の会社及び個人が「中小企業」として対象となります。

当補助金の申請要件は以下の項目が必須化されています。

  • 売上が減っていること
  • 事業再構築に取り組むこと
  • 認定経営革新等支援機関と事業計画を策定すること

例えばコロナ前にレストラン店舗を営業していたが、経営悪化に伴う事業再構築として、店舗の一部を廃止してテイクアウト対応事業を始めるような場合に、当補助金が該当します。

経営コンサルタントコンサルタント

当補助金を活用すれば、事業再構築という範囲におけるタブレットPOSレジ導入費用の補助が受けられます。事業転換をお考えの店舗オーナー様はぜひ積極的に活用してみてください。

当補助金を活用するためには、事業計画を柔軟に考える必要があります。もしタブレットPOSレジを活用した事業計画のイメージがつかなければ、過去の事例を調べたり、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。

飲食店向け活用ポイント

柔軟な発想でタブレットPOSレジを活用した事業計画の策定を検討しましょう。

業務復活助成金

業務復活助成金」とは、新型コロナウイルス感染症によって経済的な打撃を受けた事業者がその事業規模に応じて給付金を受けられる制度です。

業種や所在地を問われませんが、2021年11月~2022年3月のいずれかの月の売上高が50%以上または30~50%減少した事業者が補助金支給対象とされています。

2022年7月現在、事業規模ごとの最大支給額は以下の通りに分類されています。

  • 法人:最大250万円
  • 個人事業主:最大50万円

所定の条件さえ満たせば、新型コロナウイルス感染症による経済的な影響を受けた飲食店は補助が受けられる補助金です。

経営コンサルタントコンサルタント

当補助金はフリーランスを含む個人事業主を含めて、かなり広い範囲の事業者が対象となります。申請期間及び詳しくは公式HPをご確認ください。

給付金額は事業規模に応じて支給されますが、POSレジの導入費用としては十分な金額です。ぜひ積極的に当補助金を活用してましょう。

飲食店向け活用ポイント

POSレジの導入によって効率的な店舗運営を実現し、業務復活を目指しましょう。

業務改善助成金

業務改善助成金」とは、中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援し、事業場内最低賃金の引上げを目的とした国の助成金です。

事業場内最低賃金とは、事業場内で最も低い賃金を意味します。

当制度は、生産性向上のために設備投資(機械設備、POSレジ導入やコンサルティング・教育訓練)を行って、事業場内最低賃金を一定額以上引き上げた場合に、その設備投資などにかかった費用の一部を助成してくれます。

2022年7月現在、事業場が助成を受けるためには、以下2つの要件を満たす必要があります。

  • 事業場内最低賃金と地域別最低賃金の差額が30円以内
  • 事業場規模100人以下

例えば飲食店がPOSレジ導入やコンサルティングサービスを実施し、事業場内最低賃金を引き上げる場合が該当します。

経営コンサルタントコンサルタント

賃金の引き上げ額や労働者数によって助成上限額が変わりますが、他の補助金に比べて助成率が高いことが特徴です。該当要件など詳しくは公式HPをご確認ください。

当補助金の目的は、あくまでも事業場内最低賃金の引上げを目的とされています。もしタブレットPOSレジを活用したイメージがつかなければ、インターネットで他事例を調べたり、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。

飲食店向け活用ポイント

当助成金をタブレットPOSレジの導入費用として活用するなら、事業場内最低賃金の引上げという目的の範囲内で検討しましょう。

ものづくり補助金

ものづくり補助金」とは、革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセス改善を目的とする設備投資をサポートする中小企業向け補助金制度です。

2022年7月現在、以下の2種類に分類されています。

  • 通常枠:チラシ作成、Webサイト作成、商談会参加、店舗改装などに使用可能。
  • 低感染リスク型ビジネス枠(上限100万円):新型コロナウイルス対策感染症対策として新たなビジネス・サービスなどを実施する際に使用可能。

所定の条件を満たせば、設備投資にかかった費用の一部を支援してもらえますが、受給条件を満たせなかった場合には、補助金の返還をしなければならない恐れがあるため、補助金を受けるためには綿密な計画を立てる必要があります。

経営コンサルタントコンサルタント

ものづくり補助金」は、あくまでも中小企業向けの補助金であることに注意しましょう。フリーランスや個人事業主の方は、別の補助金をご検討ください。

この補助金は、飲食店が効率的な店舗運営を実現するための設備投資として、タブレットPOSレジを導入するような場合に活用できます。

飲食店の場合、通常は「一般型」部門での申請になりますが、「低感染リスク型ビジネス枠」を活用して、POSレジのテイクアウト機能を導入する形も考えられます。もし補助金をどのように活用すればよいかイメージがつかなければ、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。

飲食店向け活用ポイント

タブレットPOSレジの導入を設備投資として捉えて、効率的な店舗の運営や新しいサービスの開発を実現しよう。

まとめ

当記事では飲食店オーナー向けにPOSレジ導入に役立つ情報をご紹介しました。

記事内で紹介した補助金制度をうまく活用して導入費用の負担を軽減しつつ、ご自身の店舗に合ったPOSレジを導入しましょう。

※補助金制度の内容は変更になる可能性もございます。ご利用の際はご確認をお願いします。