小売店POSレジ

当記事は小売店向けPOSレジ導入に関するお役立ち情報をご紹介します。

  • 小売店向けPOSレジの選び方や注意点
  • 小売店におすすめのPOSレジランキング
  • 小売店がPOSレジ導入に活用できる補助金情報

当記事の想定読者は、小売店の店舗オーナー様を対象にしております。新しくお店を出そうとしていたり、コスト削減のために現在使っているレジを買い替えようとお考えなら、ピッタリの内容になっています。

小売店という大きなキーワードで記事をまとめますが、具体的には以下のような業種に役立つ内容です。

想定読者の店舗例
  • お土産店
  • たばこ店
  • 呉服店
  • 古着屋
  • ブティック
  • アパレルショップ
  • 百貨店
  • アクセサリーショップ
  • スーパーマーケット
  • 雑貨店
  • 文具店
  • スポーツ用品店
  • ペットショップ

    大企業の小売店(百貨店やコンビニエンスストアなど)にはPOSレジシステムが広く導入されているにもかかわらず、中小企業や個人店にはあまり浸透していない理由は、その高いコストによるものだと言われています。

    低コストで導入が可能で機能も豊富に備えており、設置場所も取らないタブレットPOSレジは、中小企業や個人店舗でも安心して導入が可能です。

    経営コンサルタントコンサルタント

    中小企業や個人店が売上アップを実現するためにはタブレットPOSレジは必須アイテムです!適切な在庫管理や売上データ分析を行って、売れ時を逃さないようにしましょう。

    当記事では、タブレットPOSレジの概要から小売店向けに役立つ機能、メリット、選び方、小売店向けにおすすめのタブレットPOSレジをランキング形式にてご紹介します。また、無料相談窓口もありますのでぜひお気軽にご活用下さい。

    小売店向けPOSレジの選び方や注意点

    まずは小売店がPOSレジ導入を検討する際に考慮すべきPOSレジの選び方や注意点について解説します。

    主なポイントは次の3つです。

    • 小売店向け料金プランが充実しているか
    • 在庫管理機能が豊富に備わっているか
    • ネットショップとの連携が簡単に実現できるか

    それではひとつずつ見てきましょう。

    小売店向け料金プランが充実しているか

    小売店がPOSレジを導入するなら、小売店に特化した料金プランが用意されているPOSレジを選びましょう。

    タブレットPOSレジの概要を説明しますと、まずどのメーカーでも申し込む料金プランによって利用できる機能やオプションが変わってきます。(例:無料プランなら単純なレジ会計のみが可能で、料金プランAなら30個の機能まで使える、というイメージ)

    各POSレジメーカーは、ユーザーが申し込むプランを選びやすいような工夫として、業種・業態ごとに必要な機能を一式提供する料金プランをそれぞれ用意しています。(小売業向け料金プラン、飲食店向け料金プランなど)

    つまり、ユーザー(店舗オーナー)は自身の店舗の業種・業態に合った機能やオプションを決めてから、該当する料金プランを申し込む流れとなっているわけです。

    経営コンサルタントコンサルタント

    まずはご自身の店舗に合った小売店向けの料金プランが提供されているかどうかを確認しましょう!その料金プランで出来ることを確認して、足りない機能があれば別のサービスを検討すべきです。

    例えば、小売店で使うPOSレジ機能には以下のようなものがあります。

    • 在庫数管理
    • 在庫変動履歴管理
    • ロス管理
    • 商品棚卸
    • 店舗間在庫移動
    • 在庫分析
    • 複数店舗管理
    • PL損益管理
    • 顧客情報管理
    • パスポート読み取り免税販売
    • 発注・入荷・出荷機能
    • ネットショップ連携

    また、小売店向け料金プランを申し込んで使える高度な機能でなくても、月額料金0円の料金プランで在庫数の増減という簡易な在庫管理(在庫数を登録し、販売により減少)は十分可能です。

    経営コンサルタントコンサルタント

    中小企業や個人店では、月額料金0円の料金プランで十分な場合もあります。ご自身の店舗にフィットする料金プランが分からなければレジ選び無料相談サービスに相談しましょう!

    タブレットPOSレジには、小売店に必要な機能がすべて搭載されています。POSレジを導入して、効率的な経営を実現して、売上向上を目指しましょう。

    重要なポイント

    小売店のPOSレジは小売店向け料金プランが充実しているサービスを選ぶべし!

    在庫管理機能が豊富に備わっているか

    在庫管理機能が充実していることは、小売店がPOSレジを選ぶ際に注目したい重要なポイントです。

    一般的に小売店が克服すべき経営課題は適切な在庫管理」である、と言われています。店舗の売上アップのためには、売れ筋商品を売れ時に売り切ることが重要ですが、これを実現するための方法が適切な在庫管理」なのです

    商品がいつ入荷して、どこの店舗に何個あり、いつ誰に売れたのか」が明確に見える化されれば、どの商品が売りやすいのか分かることになるので、商品管理が効率的に行えるようになります。

    同様に「どの商品がいつどのような理由でロスになったのか」が一元的に管理されていれば、ロス削減を効率的に行えるようになります。

    経営コンサルタントコンサルタント

    小売店はお店を開いて営業していれば勝手に商品が売れるわけではありません。効率的な売り方を考える必要があります。過去の販売実績(つまりPOSデータ)を分析することで、自分のお店ならではの売り方が分かってくるでしょう。

    また、売れ時を逃さないためには、先を見越した仕入れ調整が求められます。仕入れ数調整を勘とコツに頼ってしまうのは、在庫不足が起きてしまう恐れがあります。

    発注・入荷・出荷という発注情報を、商品別に管理することが出来れば、「いつ頃、どのような商品が、どの店舗に入荷するのか」が分かるようになります。

    異なる仕入れ担当のスタッフでも、同じPOSレジアプリを活用することで、一元的に発注情報を管理できます。

    経営コンサルタントコンサルタント

    タブレットPOSレジの在庫管理機能がおすすめです!既に店舗のホームページをお持ちであれば、予約カレンダーを埋め込んで利用することも出来ます。

    さらに、タブレットPOSレジを活用すれば、iPadやiPhoneのバーコードリーダーを活用して、効率的な棚卸が可能になります。棚卸作業の進捗状況がリアルタイムに分かるようになります。

    売上をアップを実現するために、在庫管理機能が充実しているPOSレジメーカーを選びましょう。

    重要なポイント

    小売店のPOSレジは在庫管理機能が充実しているサービスを選ぶべし!

    ネットショップとの連携が簡単に実現できるか

    ネットショップとの連携が簡単に実現できることも、小売店のPOSレジ選びに必要な観点です。

    総務省の「家計消費状況調査」によると、2020年5月にネットショッピング利用世帯が全体の50%を突破し、スマートフォンの普及や新型コロナウイルス感染拡大の影響が後押しとなり、インターネットショッピングの利用は全国的に増加傾向にあると言われています。

    Amazonや楽天などの大手ECサイトのサービスが使いやすくなってきていることも、消費者のハードルを下げている一因です。いまや何か欲しいものを思いついた時にスマホで検索するだけで、簡単に買い物が出来るようになりました。

    経営コンサルタントコンサルタント

    たしかにネットショッピングは、24時間いつでも買い物が出来ますし、実店舗よりも品揃えが豊富です。消費者の目線からすると、ついついネットショッピングに頼ってしまうのも納得です。

    その一方で、タブレットPOSレジやネットショップ構築サービスの登場によって、インターネットショッピングサイトは、大手企業だけのものでは無くなりました。

    やり方さえ分かれば、大手ECサイトにに店舗情報を登録して販売することも可能ですし、独自のネットショップサイトを構築することも出来ます。

    要は、中小企業がネットショップを活用して商品を販売するためには、以下2つの方法があります。

    • 大手ECサイトに店舗情報を掲載:タブレットPOSレジを使えば連携できる
    • 独自のネットショップサイトを構築:タブレットPOSレジの機能で可能

    上記のように、いまや誰でもネットショップを通じて、物やサービスを販売できる時代になりました。問題は、その方法が簡単で低コストかどうか、ということだけです。

    経営コンサルタントコンサルタント

    タブレットPOSレジによるインターネットショッピングとの連携がおすすめです!POSレジの機能を使えば、ものすごく簡単に低コストでAmazonなど大手ECサイトに店舗情報を掲載出来ますし、独自のショッピングサイトを構築することも可能です。さらに詳細が知りたければレジ選び無料相談サービスにご相談ください。

    タブレットPOSレジを活用すれば、ネットショップとの連携が低コストで簡単に実現できます。店舗の在庫とネットショップの在庫を一元管理できるので、在庫不足の防止や売れ筋商品の把握も出来るようになります。

    販売チャネルの増加や人的コスト削減のために、ネットショップとの連携機能が充実しているPOSレジメーカーを選びましょう。

    重要なポイント

    小売店のPOSレジはネットショップとの連携が簡単にできるサービスを選ぶべし!

    小売店におすすめのPOSレジランキング

    ここからは小売店におすすめのPOSレジをランキング形式でご紹介します。

    1. サンプル

      スマレジ(株式会社スマレジ)

      小売店向けおすすめPOSレジランキング1位は「スマレジ」です。基本的なレジ機能以外に、売上データ分析・キャッシュレス決裁・タイムカード連携・セルフレジ機能・在庫不足時アラートなど、効率的な店舗オペレーションを実現するために必要な機能がすべて揃っている万能なサービスです。スマレジの特徴は、連携できる外部サービスが多さです。特にスマレジの小売・アパレル向けの高度な在庫管理か可能なフル機能プラン「リテールビジネスプラン」の利用がおすすめです。

      管理人のレビュー

      小売店に必要な機能が使える「リテールビジネスプラン」がおすすめです!これがあれば高度な在庫管理が可能になり、iPad/iPhone内蔵カメラでパスポートを読み取る免税販売にも対応。アパレルなどすべての小売店が最高のパフォーマンスを発揮できます。

      商品詳細を見る

    2. サンプル

      Airレジ(株式会社リクルート)

      小売店向けおすすめPOSレジランキング2位は「Airレジ」です。タブレットPOSレジにおいて利用店舗数No.1のサービスで、基本的なレジ機能や商品管理・顧客管理・売上分析など日々の業務で役立つ機能を備えています。Airレジの特徴といえば、圧倒的な使いやすさ。操作方法をまとめたマニュアル動画が豊富に用意されていて、店舗のスタッフ教育も効率的にできます。

      管理人のレビュー

      CMで有名なキャッシュレス決済サービス「Airペイ」と一緒に使えば、Airレジで会計した情報がそのまま決済端末に反映され、金額再入力の必要が無くスムーズなレジ会計を実現できます。

      商品詳細を見る

    3. サンプル

      Square POSレジ(Square株式会社)

      小売店向けおすすめPOSレジランキング4位は「Square POSレジ」です。Square POSレジは、基本的なレジ機能に加えて、従業員の勤怠管理・複数店舗の一括管理など、効率的な店舗オペレーションを実現する機能を備えています。Square POSレジの特徴は、Android端末が利用可能であることでしょう。格安のAndroid端末を活用すれば、初期費用のコストダウンが実現できます。

      管理人のレビュー

      Square POSレジなら「事前注文サイト」を無料で開設する機能がおすすめです!テイクアウトやデリバリーにも対応可能な注文サイトによって、お客様の事前注文と支払いが可能になります。

      商品詳細を見る

    4. サンプル

      STORES レジ(ヘイ株式会社)

      小売店向けおすすめPOSレジランキング5位は「STORESレジ」です。STORES レジも他のPOSレジと同様に小売店に必要な機能を備えています。スタッフを指名した予約が可能で、250万人以上が利用する予約サイトCoubic(サービス提供者向け名称STORES 予約)との連携が簡単に実現できます

      管理人のレビュー

      STORESレジならSTORES 予約との連携がおすすめです!日本全国で250万人以上が利用している人気の予約サイトCoubicに簡単に掲載出来るので、インターネット集客と予約管理が実現できます。

      商品詳細を見る

    5. サンプル

      ユビレジ(株式会社ユビレジ)

      小売店向けおすすめPOSレジランキング3位は「ユビレジ」です。iPadとキャッシュドロアーがあれば無料で始められる手軽さが特徴で、テイクアウト対応や軽減税率対応(1つの商品が税率・価格を複数持つ)も簡単に設定できます。ユビレジが提供する周辺機器「ユビレジハンディ端末」を使えば、注文変更・数量増減・トッピング追加などオーダーが効率的に取れるので、スピーディーな商品提供が可能となります。

      管理人のレビュー

      小売店への導入なら「ユビレジ for Salesforce」がおすすめです!これはPOSによる売上管理に加えて、CRMの仕組みを実現するサービス連携機能です。お客様一人ひとりの情報を分析して、顧客カルテの作成やリピート率アップのマーケティング活動が行えるようになります。POSレジの基本機能を超えてCRMを実現したいならぜひお試しください。

      商品詳細を見る

    小売店がPOSレジ導入に活用できる補助金情報

    小売店のオーナー向けにPOSレジの導入に活用できる補助金制度をご紹介します。

    • 小規模事業者持続化補助金
    • IT導入補助金
    • 事業再構築補助金
    • 事業復活支援金
    • 業務改善助成金
    • ものづくり補助金

    ご自身の店舗でどの補助金・助成金制度が利用できるのかについては、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。POSレジ選びのプロが相談に乗ってくれます。

    小規模事業者持続化補助金

    小規模事業者持続化補助金」とは、小規模事業者の売上増加や生産性向上に関わる取り組みに必要な経費の一部を支援する制度です。

    常勤の従業員が原則20人以下の法人もしくは個人事業主が補助金の対象であり、商工会または商工会議所のサポートを受けながら事業計画書を作成し、審査・採択手続きを経た後に費用補助を受けられます。

    2022年7月現在、当補助金は以下の2種類に分類されています。

    • 一般形(上限50万円):チラシ作成、Webサイト作成、商談会参加、店舗改装などに使用可能。
    • 低感染リスク型ビジネス枠(上限100万円):新型コロナウイルス対策感染症対策として新たなビジネス・サービスなどを実施する際に使用可能。

    補助金制度による具体的な支給額は、事業運営にかかった経費に所定の補助率を乗じて算出されます。

    経営コンサルタントコンサルタント

    小規模事業者持続化補助金」は、飲食業の店舗がPOSレジを導入する際に最も多く活用されている補助金制度です。積極的に活用しましょう!

    例えば、小売店がタブレットPOSレジを導入し、売上増加の事業計画を立てるケースが該当します。もしどのようなPOSレジが自分の事業計画に合うか分からなければ、レジ選び無料相談サービスにご相談することをおすすめします。レジ選びのプロがあなたの店舗にマッチするサービスを紹介してくれます。

    小売店向け活用ポイント

    タブレットPOSレジを活用した効率的な店舗運営によって、売上増加を実現しましょう。

    IT導入補助金

    IT導入補助金」とは、中小企業・小規模事業者が自社の課題やニーズに合ったITツールに関して、その導入補助が受けられる補助金制度です。

    当制度の目的は、ITツールの導入によって業務効率化やコスト削減などの経営改善を行うことであり、POSレジの導入による店舗オペレーション改善も該当します。

    補助金の申請は、目的に合わせて以下の2種類から選択して申請します。

    • 通常型:A類型とB類型
    • デジタル化基盤導入枠:令和3年度補正予算として新たに新設

    所定の条件を満たすと、ITツールを導入にかかる経費の一部について補助が受けられます。

    経営コンサルタントコンサルタント

    先にご紹介した商品自動認識AIもITツールなので補助が受けられる可能性があります。ぜひチェックしてみてくださいね!

    タブレットPOSレジはソフトウェアであるため、申請分類は「通常型」に該当しますが、POSレジ以外にも周辺機器が対象となるケースもあります。詳しくはホームページをご覧いただくか、レジ選び無料相談サービスにご確認ください。

    小売店向け活用ポイント

    ソフトウェア以外にも周辺機器を含むPOSレジ導入費用の補助が受けられるか確認しましょう。

    事業再構築補助金

    事業再構築補助金」とは、新型コロナウイルス感染症に伴う経済悪化に対応するために、中小企業が事業を再編・転換・再構築することを支援する制度です。

    業種によって定義が異なりますが、飲食店の場合は資本金5,000万円以下の会社または従業員50人以下の会社及び個人が「中小企業」として対象となります。

    当補助金の申請要件は以下の項目が必須化されています。

    • 売上が減っていること
    • 事業再構築に取り組むこと
    • 認定経営革新等支援機関と事業計画を策定すること

    例えばコロナ前に雑貨店を営業していたが、経営悪化に伴う事業再構築として、テイクアウトカフェ事業を始めるような場合に、当補助金が該当します。

    経営コンサルタントコンサルタント

    当補助金を活用すれば、事業再構築という範囲におけるタブレットPOSレジ導入費用の補助が受けられます。事業転換をお考えの店舗オーナー様はぜひ積極的に活用してみてください。

    当補助金を活用するためには、事業計画を柔軟に考える必要があります。もしタブレットPOSレジを活用した事業計画のイメージがつかなければ、過去の事例を調べたり、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。

    小売店向け活用ポイント

    柔軟な発想でタブレットPOSレジを活用した事業計画の策定を検討しましょう。

    業務復活助成金

    業務復活助成金」とは、新型コロナウイルス感染症によって経済的な打撃を受けた事業者がその事業規模に応じて給付金を受けられる制度です。

    業種や所在地を問われませんが、2021年11月~2022年3月のいずれかの月の売上高が50%以上または30~50%減少した事業者が補助金支給対象とされています。

    2022年7月現在、事業規模ごとの最大支給額は以下の通りに分類されています。

    • 法人:最大250万円
    • 個人事業主:最大50万円

    所定の条件さえ満たせば、新型コロナウイルス感染症による経済的な影響を受けた飲食店は補助が受けられる補助金です。

    経営コンサルタントコンサルタント

    当補助金はフリーランスを含む個人事業主を含めて、かなり広い範囲の事業者が対象となります。申請期間及び詳しくは公式HPをご確認ください。

    給付金額は事業規模に応じて支給されますが、POSレジの導入費用としては十分な金額です。ぜひ積極的に当補助金を活用してましょう。

    小売店向け活用ポイント

    POSレジの導入によって効率的な店舗運営を実現し、業務復活を目指しましょう。

    業務改善助成金

    業務改善助成金」とは、中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援し、事業場内最低賃金の引上げを目的とした国の助成金です。

    事業場内最低賃金とは、事業場内で最も低い賃金を意味します。

    当制度は、生産性向上のために設備投資(機械設備、POSレジ導入やコンサルティング・教育訓練)を行って、事業場内最低賃金を一定額以上引き上げた場合に、その設備投資などにかかった費用の一部を助成してくれます。

    2022年7月現在、事業場が助成を受けるためには、以下2つの要件を満たす必要があります。

    • 事業場内最低賃金と地域別最低賃金の差額が30円以内
    • 事業場規模100人以下

    例えば療術業がPOSレジ導入やコンサルティングサービスを実施し、事業場内最低賃金を引き上げる場合が該当します。

    経営コンサルタントコンサルタント

    賃金の引き上げ額や労働者数によって助成上限額が変わりますが、他の補助金に比べて助成率が高いことが特徴です。該当要件など詳しくは公式HPをご確認ください。

    当補助金の目的は、あくまでも事業場内最低賃金の引上げを目的とされています。もしタブレットPOSレジを活用したイメージがつかなければ、インターネットで他事例を調べたり、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。

    小売店向け活用ポイント

    当助成金をタブレットPOSレジの導入費用として活用するなら、事業場内最低賃金の引上げという目的の範囲内で検討しましょう。

    ものづくり補助金

    ものづくり補助金」とは、革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセス改善を目的とする設備投資をサポートする中小企業向け補助金制度です。

    2022年7月現在、以下の2種類に分類されています。

    • 通常枠:チラシ作成、Webサイト作成、商談会参加、店舗改装などに使用可能。
    • 低感染リスク型ビジネス枠(上限100万円):新型コロナウイルス対策感染症対策として新たなビジネス・サービスなどを実施する際に使用可能。

    所定の条件を満たせば、設備投資にかかった費用の一部を支援してもらえますが、受給条件を満たせなかった場合には、補助金の返還をしなければならない恐れがあるため、補助金を受けるためには綿密な計画を立てる必要があります。

    経営コンサルタントコンサルタント

    ものづくり補助金」は、あくまでも中小企業向けの補助金であることに注意しましょう。フリーランスや個人事業主の方は、別の補助金をご検討ください。

    この補助金は、療術業が効率的な店舗運営を実現するための設備投資として、タブレットPOSレジを導入するような場合に活用できます。

    療術業の場合、通常は「一般型」部門での申請になりますが、「低感染リスク型ビジネス枠」を活用する形も考えられます。もし補助金をどのように活用すればよいかイメージがつかなければ、レジ選び無料相談サービスに相談してみることをおすすめします。

    小売店向け活用ポイント

    タブレットPOSレジの導入を設備投資として捉えて、効率的な店舗の運営や新しいサービスの開発を実現しよう。

    まとめ

    当記事では小売店向けにPOSレジ導入に役立つ情報をご紹介しました。

    記事内で紹介した補助金制度をうまく活用して導入費用の負担を軽減しつつ、ご自身の店舗に合ったPOSレジを導入しましょう。

    ※補助金制度の内容は変更になる可能性もございます。ご利用の際はご確認をお願いします。