パン屋

当記事はパン屋向けにPOSレジ導入に関する情報を特集してご紹介します。

この記事を読んで分かること
  • パン屋向けタブレットPOSレジの選び方
  • パン屋の経営に役立つタブレットPOSレジの機能
  • パン屋がタブレットPOSレジを選ぶ際の注意点
  • パン屋におすすめのタブレットPOSレジ
  • 効率的かつ低コストでPOSレジを導入する方法
  • タブレットPOSレジ導入に活用できる補助金情報
  • BakeryScan(ベーカリースキャン)のご紹介
経営コンサルタントコンサルタント

当サイトの管理人をしている経営コンサルタントのカトウと申します。初心者の方向けにもわかりやすく情報をまとめました。不明点がありましたらお気軽のお問い合わせください、宜しくお願いします。

当記事の想定読者は「パン屋やベーカリーカフェなど食品物販店のオーナー様」です。

言い換えると、商品に直接バーコードをつけられない食べ物を販売しているお店向けの記事です。

特にコストがかけられないけれども、売上アップの方策を必要としている小規模店舗をイメージしています。

「パン屋」というキーワードを主として記事をまとめていますが、それ以外の業種にも役立つ内容になっています。

想定読者の店舗例
  • パン屋、ベーカリーショップ、ブーランジェリー、サンドイッチ
  • ケーキ店、スイーツショップ、アイスクリーム屋、チョコレートショップ
  • カフェ、喫茶店、和菓子屋、茶寮
  • フードコート、キッチンカー

この記事では、パン屋向けにタブレットPOSレジに関する情報について網羅的に解説します。

当記事を読むことで、タブレットPOSレジの概要や役立つ機能、導入のメリット、選び方、注意点などが具体的に分かります。

タブレットPOSレジ以外にも、AIがトレイ上のパンを商品自動認識するBakeryScan(ベーカリースキャン) もあわせてご紹介します。

あなたがパン屋を開業したいと考えていたり、既存のレジを買い替えたいと思っている場合には、ピッタリの内容となっています。

記事の専門性・権威性・信頼性

当記事は経営戦略や会社の情報システムに詳しい経歴15年以上のコンサルタントが執筆しています。特にPOSや顧客分析、マーケティングに基づく経営課題の解決が専門分野です。読者の皆さんにお役に立てるように最新の情報を提供しています。

パン屋におすすめのタブレットPOSレジ5選

最近のベーカリー業界では、セルフレジや自動釣銭機などの最新機器を取り入れたり、サブスクリプションサービスを提供するなど、急速な変化が進んでいます。

大手企業やチェーン店では大規模な予算を投じて市場マーケティングや広告宣伝を行い、ビジネスマーケットを拡大しています。

このような背景において、町の小さなパン屋さんはどのようにしたらビジネスを継続していけるのでしょうか?

経営コンサルタントコンサルタント

手軽に買えるコンビニパンも安くておいしいですが、私は頑張って焼き立てのパンを提供してくれるお店を応援したいと思います。パン屋さんってお店に入るだけで幸せな気分になるんですよね。

結論からお伝えしますと、中小の個店が競争力を身につけるためには、タブレットPOSレジが役立ちます。

これはiPadなどタブレット端末で使えるPOSレジのことで、従来のキャッシュレジスターとは異なり、売上管理や顧客管理など店舗経営に役立つ便利機能が備わっています。

従来のキャッシュレジスターなら中古でも数十万しますが、多くのタブレットPOSレジは無料で使いはじめることができます。

IT導入補助金などお得な補助金を活用できるサービスもあるのでぜひチェックしてみて下さい。

パン屋向けタブレットPOSレジの選び方

まずはパン屋の経営者向けにタブレットPOSレジの選び方について解説します。

なんだか記事の情報が多すぎる、、、と感じているユーザー様向けにかんたんな質問に答えるだけで最適なPOSレジを診断するツールもご用意していますのでぜひご利用ください。

POSレジアプリの使いやすさ

パン屋がタブレットPOSレジを選ぶなら、まず第一にアプリの使いやすさを重視すべきだと思います。

パン屋では取り扱う商品数が多く、季節によって商品の入れ替えが発生するため、商品登録の作業が煩雑になりがちです。

また商品の販売時においても、セット販売や値引き販売など柔軟なレジ会計の作業が求められます。

POSレジへの商品登録やレジ会計の両方の操作面でアプリが使いやすいかどうかをチェックしましょう。

パン屋オーナーパン屋オーナー

POSレジアプリの使いやすさを具体的に確認するためにはどうしたらよいのでしょうか?いきなり買うわけにもいかないですし。。。

経営コンサルタントコンサルタント

タブレットPOSレジにはお試しプラン(または無料プラン)が用意されていて、本格導入の前にアプリの操作感が試せますのでご安心ください。無料でのオンライン相談も可能ですので、担当者に実機を見せてもらいながら説明を受けることもできます

タブレットPOSレジの使いやすさを確認するなら、以下の観点をチェックしましょう。

使いやすさのチェック観点
  • 文字や数字が大きく読みやすいこと
  • アイコンやボタンの配置が押しやすいこと
  • 商品の画像が大きく表示されて分かりやすいこと
  • 会計金額の数字が押しやすいこと
  • ショートカットやクイックコマンドなどよく使う機能を一回で呼び出せること
  • 操作マニュアルや動画が分かりやすいこと

特にパン屋では閉店前の時間帯に、値引き商品を求めたお客さんが増える傾向があります。

レジ会計をスムーズに処理するために、よく売れる商品やセット商品を1ボタンで呼び出せるショートカット機能が用意されているPOSレジのアプリをおすすめします。

手作業によるミスを防ぎつつ、レジ前を混雑させないように使いやすいPOSレジアプリを選びましょう。

経営に役立つ機能が備わっているか

タブレットPOSレジを選ぶ際に確認すべきなのは、パン屋の経営に役立つ機能が備わっているかどうかです。

POSレジのアプリには、それこそレジとは思えないくらい高機能で便利な機能が備わっています。

だからこそ具体的にあなたのお店の業務を効率化するのはどのような機能か、売上アップに役立つ機能はどれか、という細かい視点でPOSレジのサービスを選ぶことをおすすめします。

パン屋オーナーパン屋オーナー

とはいえPOSレジを使ったことがないので、どの機能がどれくらい役に立つのか分からないのが正直なところ。なにかヒントになるようなものがあればよいんですが。。。

経営コンサルタントコンサルタント

業種別POSレジ活用資料が参考事例として役に立つかもしれません。もしくはPOSレジのメーカー担当者に問い合わせていただければ、専門家があなたのお店に役立つPOSレジの使い方をアドバイスしてくれます

特にパン屋では、バンドル販売やセット販売、割引販売などの値引き機能がよく使われます。

これは閉店前になると当日の売れ残り状況に応じて、商品を値引きして売り切ることが優先されるためです。

パン屋の値引き販売にはいくつかの方法があります。具体的な例をいくつかご紹介します。

値引き販売の方法
  • 一律値引き販売:全商品10%引き
  • 袋詰め販売:袋詰めされた商品を300円で販売
  • セット割引販売:割引対象のパンを3つで200円で販売

これらの値引き販売機能がすべて備わっているタブレットPOSレジを選びましょう。

またリピーターを獲得するためには、顧客管理機能も非常に便利です。

商品を購入するごとにお得なポイントを付与したり、誕生月割引をDMで提示したり、POSレジの顧客管理機能にはリピート来店を促す機能が豊富に備わっています。

経営に役立つ機能については、詳しくはこちらのタブレットPOSレジの選び方資料をご覧ください。

セキュリティ対策が問題ないか

タブレットPOSレジを選ぶなら、万全のセキュリティ対策が施されているかどうかをチェックすることを推奨します。

タブレットPOSレジはクラウドサービスであるため、セキュリティ対策は万全である必要があります。

パスワードや認証システムなどのセキュリティ機能がしっかりと実装されているかを確認しましょう。

経営コンサルタントコンサルタント

店舗システムやセキュリティ対策について詳しくない方は、外部の専門家に相談していただくことをおすすめします。最近はテレビで個人情報漏えいのニュースを目にするので、お店で管理する情報には気をつけましょう

タブレットPOSレジのセキュリティを確認するなら、以下の観点を確認しましょう。

POSレジのセキュリティ対策
  • 定期的にシステムが更新されること
  • パスワード設定やアクセス権限設定ができること
  • 最新バージョンのOSでPOSレジアプリが利用できること
  • タブレット端末にデータを保存しない設定ができること
  • タブレット端末とクラウド間で通信されるデータが暗号化されていること

大切なデータを守るためには、POSレジサービスから提供されるセキュリティ対策にも、店舗スタッフが率先して自身のお店のセキュリティ対策を実施することも重要なことです。

タブレット端末にウイルスバスターなどのセキュリティソフトを導入したり、店舗のWi-Fiにファイアウォールを設定しておきましょう。

ほかにも店舗で使うパソコンにはUSBメモリを使用しないなど、日頃からセキュリティ対策の意識を持ってツールを活用しましょう。

パン屋オーナーパン屋オーナー

毎日忙しくて店舗の情報セキュリティ対策については、あまり考えていませんでした。セキュリティ対策について周囲に詳しい人がいなくて、どこか気軽に相談できる窓口があればいいんだけど。。。

ご自身でできるお店の情報セキュリティ対策について相談したいなら、店舗の経営支援を行う専門家「レジチョイス」にご相談ください。

レジ選びを中心に店舗支援を行うレジチョイスのコンシェルジュが、完全無料で経営の相談に乗ってくれます。

また、もしすでに導入するタブレットPOSレジのメーカーが決まっているのなら、メーカー担当者にセキュリティ対策についてご確認ください。

他のツールやアプリと連携できるか

タブレットPOSレジを選ぶなら、他のツールやアプリと連携できるサービスを選びましょう。

一般的には、多くのパン屋ではキャッシュレス決済サービスを導入し、バーコード決済の対応をしていると思います。

またアルバイトやパートを雇っているお店では、シフト管理アプリを使ってスケジュールや給与計算の業務を効率化しています。

POSレジのアプリが他ツールと簡単に連携できるサービスであれば、店舗で使うツールをタブレット画面で一元化できるため非常に便利です。

パン屋オーナーパン屋オーナー

POSレジが他のシステムと連携ができたらなにが嬉しいんですか?具体的によくわからないんですけど。。。

経営コンサルタントコンサルタント

例えば管理会計ソフトとPOSレジを連携して使えば、確定申告の書類に書く数字を手作業で計算する必要がなくなります。また、キャッシュレス決済端末とPOSレジを連携して使えば、クレジットカードやバーコード決済などの支払い方法別の売上高が分かるようになります。

特にタブレットPOSレジは、一緒にキャッシュレス決済端末を導入するとお得になるため、キャッシュレス決済と連携するPOSレジがおすすめです。

他ツールやアプリと簡単に連携できるタブレットPOSレジを選びましょう。

初期費用と運用費用

タブレットPOSレジを選ぶ際には、初期費用と運用費用の2点をセットで必ず確認しましょう。

初期費用については、タブレット端末代や周辺機器のコストの負担を下げるために補助金が活用できるPOSレジのサービスを選びましょう。

運用費用については、アプリを利用するために毎月かかる月額料金が0円の料金プランを選ぶことをおすすめします。

パン屋オーナーパン屋オーナー

補助金の申請手続きってかなり煩雑だったりするんじゃないですか?申請をしたことがないので実際にはよく分からないんですが。。。

経営コンサルタントコンサルタント

タブレットPOSレジを導入するためにお得な補助金を活用することは一般的な話ですし、難しい手続きは必要ありません。お気軽にPOSレジのメーカーに相談しましょう。

有料プランで使える機能は非常に便利ですが、もし予算の都合がつかなければ、最初から有料プランを申し込む必要はないと思います。

無料の料金プランを使って売上アップを実現してから、徐々に機能を追加することができるのがタブレットPOSレジの良さでもあります。

実際のところ、多くのパン屋や飲食店がお得な補助金を活用して初期導入を行い、無料の料金プランで売上アップを実現しています。

経営する店舗の規模や予算に合わせた、コストパフォーマンスの良い製品を選びましょう。

キャッシュレス決裁サービスと一緒に使えるか

キャッシュレス決済サービスとPOSレジのアプリが一緒に使えるかどうかも、タブレットPOSレジを選ぶ際には確認すべき点だと思います。

POSレジと一緒にキャッシュレス決済サービスを使えば、支払い方法別の売上データの分析が可能になります。

決済手数料が安くて初期導入費用(端末機器)がお得な決済サービスと連携するPOSレジを選びましょう。

パン屋オーナーパン屋オーナー

キャッシュレス決済ってどこも同じようなものじゃないんですか?POSレジと一緒に導入するメリットはあるんですか?そこまで違いがあるとは思えないんですけど。。。

経営コンサルタントコンサルタント

キャッシュレス決済はメーカーごとに決済手数料の違いがあります。タブレットPOSレジと連携しているキャッシュレスはカードリーダーの端末代金が0円だったり、手数料がかなりお得なので非常におすすめです。

特にパン屋においては、販売する商品は手軽に支払える金額であることが多く、現在ではPayPayなどバーコード決済か交通系ICカードによる支払いが主流になっています。

またキッチン施設のあるベーカリーカフェがキャッシュレス決済を導入すれば、テーブルで追加注文を提案することができるので、追加オーダーのアップも実現可能になります。

タブレットPOSレジの導入をお考えなら、一緒にお得なキャッシュレス決済のサービスを導入しましょう。

パン屋の経営に役立つタブレットPOSレジの機能

ここではパン屋の経営に便利なタブレットPOSレジの機能をご紹介します。

従来の据え置き型キャッシュレジスターとは比べ物にならないほど、タブレットPOSレジには豊富な機能が搭載されています。

売上分析機能

タブレットPOSレジの売上分析機能とは、売上データ(POSデータ)を年月日、客層、商品などさまざまな観点で分析して、分かりやすいグラフに表示して分析する機能のことです。

売上分析機能を活用すれば、売上アップの実現はもちろん、ターゲット客層が狙い通りに集客できているか、客数や客単価はどれくらいなのか、など店舗経営の改善に必要な情報が一目で分かるようになります。

経営コンサルタントコンサルタント

売上分析機能を使えば、ITの専門的な知識を持っていなくても、かんたんなボタン操作でビジネスデータを分析できるようになります。パソコンへのデータ打ち込み作業や難しいエクセル作業は必要ありません。

タブレットPOSレジで使える売上分析機能の具体的な活用方法をご紹介します。

パン屋における活用例
  • 客層別分析:どのような性別や年代層がどれくらい来店しているかが一目で分かるため、自店のターゲットとする顧客層に訴求できているかを分析できます。また、来店された経緯別に顧客分析をすれば、どの広告や宣伝がお客様を店に呼び込んでいるか、最も多く紹介してくれるお客様は誰かを調べることが出来ます。
  • トレンド分析:1年間を通じて、どの時期に売上が増えるかが一目で分かります。日ごと、月ごと、曜日ごとなど、さまざまな視点からデータを集計できます。お店の混雑時間と閑散時間を把握しやすくなり、定休日の設定にも役立ちます。
  • 商品別分析:ドリンクセットや塩パンとあんパンのセット販売など、特定の客層が一緒に購入しやすい商品を分析できます。商品別分析を行うことは、仕入れコストの確認や在庫の調整にも役立ちます。
  • 客単価分析:売上単価と客数を把握することが可能です。パン屋の売上は、基本的に客単価と客数のかけ算で構成されます。経営を成功させるためには、客単価を把握することは非常に重要です。

タブレットPOSレジの売上分析機能があれば、かんたんに販促マーケティングができます。

効果的なマーケティングを実現するために、高額なシステム導入やパソコンへのデータ打ち込み作業は必要ありません。

パン屋オーナーパン屋オーナー

店舗のマーケティング、といってもなんだか難しそうで何をどうしたらしたらいいのかよく分かりません。POSレジを使ったパン屋における販促の具体例を教えてください。

特に売上分析機能は、お店の看板商品を明確にするためには非常に役立ちます。

パン屋のマーケティングでは、お店の看板商品を明確に打ち出してアピールすることが成功のカギと言われています。

一番人気の商品を看板商品と位置づけることで、それがますます注目を浴び、ヒット商品につながります。

タブレットPOSレジの売上分析機能で得られる主なメリットをご紹介します。

得られるメリット
  • 売上アップの実現:POSデータを分析することで、どの商品がどのような客層に人気があり、どの商品の売れ行きが悪いのかを明確に把握できます。パン屋の看板メニューを明確にししたり、売れやすいセット販売を作ることが売上アップの近道です。
  • 収益構造の改善:来店客数や客単価を分析することで、お店の収益を改善できます。売上はあくまでも「客数×客単価」です。特にパン屋の商品単価は数百円と低いため、売れやすいセット販売を作ることが客単価を上げるポイントです。
  • データに基づくマーケティング:店舗の立地や来店するお客様の特性を把握して、データに基づいたマーケティング施策を立案できます。競合店に負けないためには、具体的なターゲット客層のイメージを持って販促活動を行うことが、集客力アップの秘訣です。

お客様の性別や年代、お子様連れかどうかなどの情報からターゲット顧客を絞り込み、ホームページや広告・チラシなどの訴求を変えることで、売上アップが期待できます。

経営コンサルタントコンサルタント

売上分析機能の素晴らしい点は、経営や事業運営に詳しくない方でもかんたんにデータに基づいた経営ができるようになることです。売上分析機能を使えば、数字に強くなくても事業計画の策定や販促活動の改善が効率的に行えるようになります。

以下のような課題を抱えているパン屋にはタブレットPOSレジの売上分析機能がマッチします。

こんなお店に最適
  • 売上の数字を手作業でノートに記入して管理しているパン屋
  • 繁忙期と閑散期の収益が不安定で、持続的な売上を確保できていないパン屋
  • 目指すターゲット客層が訪れず、お店の集客力に課題を抱えるパン屋
経営コンサルタントコンサルタント

私のおすすめする売上分析機能の使い方は、効果的なセット販売を実現することです。具体的には、人気のない商品を売れ筋商品とセット販売して廃棄ロスを減らしたり、ドリンクセットメニューを作って客単価を上げれば、売上アップを実現できると思います。

タブレットPOSレジの売上分析機能について詳しく知りたいなら、レジ選び無料相談サービスにご相談ください。

パン屋のレジ選びに豊富な経験を持つコンシェルジュがお客様に役立つ情報を提供してくれます。

パン屋に役立つ機能を質問する/
無料相談窓口はこちら

値下げ販売機能

タブレットPOSレジの値下げ販売機能とは、売上アップ・集客力向上・売れ残り防止のために、あえて商品の価格を値下げして販売する機能です。

一見、商品を安く販売しているだけに思われがちですが、タブレットPOSレジの値下げ販売機能をうまく活用すれば、より効果的で成果につながる値下げ販売戦略を実現できます。

以下にパン屋でよく使われる効果的な値下げ販売機能の種類をご紹介します。

値下げ販売機能の種類
  • 値引:通常価格よりも一定の金額を値下げして販売すること。商品に対する値引と会計に対する値引の2種類あり。
  • 割引:通常価格よりも一定の割合の金額を値下げして販売すること。商品に対する割引と会計に対する割引の2種類あり。
  • バンドル販売:同じ商品を複数個買うと値引き価格になる販売方法のこと。(例:あんパン2つ購入で10%OFF)
  • セット販売:異なる商品を同時に買うと安くなる販売方法のこと。(例:サンドイッチとドリンク2点以上のご購入で10%OFF)

夕方以降の時間帯に売れ残りの商品を仕方がなく値下げしたり、複数商品を詰め合わせた袋売りにして、商品を売り切っているパン屋は多いと思います。

このようなパン屋が抱える売れ残り・廃棄ロスの課題解決に役立つのが、タブレットPOSレジの「値引・割引・バンドル販売・セット販売」機能です。

経営コンサルタントコンサルタント

閉店前に仕方なく値下げしているパン屋さんは多いと思います。ですが、ご安心ください。タブレットPOSレジの値下げ販売機能を使えば、今よりもっと効果的な値下げ販売戦略を実現できます。

パン屋において効果的な値下げ販売戦略の例をいくつかご紹介します。

パン屋の値下げ販売戦略
  • まとめ買い割引:客単価を上げるために値下げする方法です。具体的には、袋売りやパンとドリンクのセット販売をすることで、1人が一度にまとめて購入する商品数を増やします。
  • 売切り価格割引:どうしても最後に残ってしまう商品を売り切る目的で値下げする方法です。多くのパン屋ではこの方法が採用されています。
  • 日付や曜日でセール販売:毎月1日特別価格やフライデーセールなどお客様にリピート来店して頂くために値下げする方法です。大手スーパーやドラッグストアで採用されているやりかたで、パン屋の経営でも有効な手法です。
  • 担当者割引:リピーターであるお得意様に担当者が特別価格で提供するための値下げ手法です。オフィス街のパン屋や学生街のパン屋において、口コミや評判をひろげるために採用されることが多い値引き販売手法です。
  • 新商品のお試し価格販売:新作パンや試作品を売り出すときに、お客様の心理的な抵抗感を下げて購買意欲を上げるための値下げ手法です。新商品の試行錯誤したいときや、お客さんの反応を知りたいときに有効な値下げ販売手法です。
  • 催事出店割引:イベント出店時や催事出店の際に、お店の認知度を上げるために行う値下げ手法です。イベント出店では、一度にたくさんのお客さんに知ってもらうことができるので、当日の売上金額よりも認知度アップを優先することがあります。
  • 条件割引:インスタグラムやフェイスブック、ツイッターでいいね!を押したら20円引きなど一定の条件を満たした場合に値下げする手法。SNS上のポジティブな口コミのための手法としてかなり効果的です。
パン屋オーナーパン屋オーナー

店舗イメージを大切にする高級志向のお店は値引きできないと思いますけど、どのようにしたらよいですか?

店舗のイメージを守るために、値下げ販売による集客ができない高級路線のパン屋さんもいると思います。

そういう場合には、顧客管理機能を使ってお客様にお得なポイントを付与したり、割引チケットを手渡したり、お金ではない付加価値を提供しましょう。

タブレットPOSレジの値下げ販売機能を使って得られる主なメリットをご紹介します。

得られるメリット
  • 売上アップの実現:値下げ販売戦略は効果的に行えば売上アップにつながります。また、長期的に見れば、売れ残り商品を廃棄ロスするよりも、値下げしてでも売り切った方が全体の売上金額を向上できます。
  • 集客力の向上:より多くのお客さんに色々な種類のパンを実際に食べてもらい、知ってもらうことが集客力アップにつながります。数十円の値引きによる影響よりも、顧客の獲得数の方がお店としてメリットがあるでしょう。
  • 廃棄ロスの防止:賞味期限のあるパンという商品を当日中に売り切ることができれば、売れ残り・廃棄ロスの防止につながります。また、POSデータを分析してどれくらい廃棄ロスが発生するかを把握できれば、事前に仕入れの調整を最適化することもできます。
経営コンサルタントコンサルタント

基本的には当日焼いたパンは当日中に売り切る方針が良いと思いますが、状況によって柔軟な対応を取りつつ、売上と集客を両立させましょう。

以下のような課題を抱えているパン屋にはタブレットPOSレジの値下げ販売機能がマッチします。

こんなお店に最適
  • 閉店間際に売れ残り値引き商品を目当てに来店する客数が多いパン屋
  • 客単価を向上して売上アップを実現したいパン屋
  • より多くのお客様にお店のことを知ってもらい、認知度アップを実現したいパン屋
経営コンサルタントコンサルタント

私のおすすめする売上分析機能の使い方は、効果的なセット販売を実現することです。具体的には、人気のない商品を売れ筋商品とセット販売して廃棄ロスを減らしたり、ドリンクセットメニューを作って客単価を上げれば、売上アップを実現できると思います。

タブレットPOSレジの値下げ販売機能について詳しく知りたいなら、レジ選び無料相談サービスにご相談ください。

パン屋のレジ選びに豊富な経験を持つコンシェルジュがお客様に役立つ情報を提供してくれます。

\パン屋に役立つ機能を質問する/
無料相談窓口はこちら

パン屋がPOSレジアプリを選ぶ際の注意点

ここではパン屋がPOSレジアプリを選ぶ際の注意点を解説します。

また、下記にお客様からいただいたご質問や相談事例をまとめてありますのでぜひご覧ください。

バンドル販売(セット売り)が簡単にできるか

パン屋がPOSレジを選ぶときには、バンドル販売が簡単にできるかどうかチェックしましょう。

「バンドル販売」とは、お客様がお好きなパンを3つで900円、というように複数の商品を抱き合わせて販売する方法のことです。

たくさんの種類の商品が並ぶパン屋ならでは工夫として用いられています。

経営コンサルタントコンサルタント

色とりどりのパンが店内に並んでいる姿を見ると、どれもおいしそうで選べない。。。バンドル販売はそんなお客様の購買意欲を高めてくれます。

通常多くのパン屋では、売れ筋商品ランキングというPOPによる販売訴求が行われています。これは人気の商品から売れていく仕組みです。

これに対してバンドル販売は、お客様に売れ筋商品以外のパンの魅力に気づいてもらうための訴求方法の1つです。

複数の商品を組み合わせて提供することで、お客様により多くの商品の魅力に気づいてもらえる、というわけです。

パン屋オーナーパン屋オーナー

パンはどうしても当日中に売り切りたいので、閉店前にはセット売りするのが通常ですね。値引き販売の時間帯には来店客数が一気に増えるのでレジ会計は効率よく対応する必要があります。

パン屋の経営に役立つタブレットPOSレジの機能についてより詳しく知りたいなら、レジ選び無料相談サービスにお気軽にご相談ください。

お客様の気になる点や気を付けるべき注意点まで、経験豊富なレジ選びのプロがお役立ち情報を提供してくれます。

\POSレジ選びを相談する/
無料相談窓口はこちら

勤怠管理の機能があるか

タブレットPOSレジに勤怠管理の機能があるかどうかチェックしておきましょう。

タブレットPOSレジの勤怠管理機能があれば、シフトスケジュールの調整・作成からタイムカード打刻などが実現できます。

経営コンサルタントコンサルタント

アルバイトを雇っているほとんどのお店では、タイムカード打刻の機械を使っていると思うのですが、タブレットPOSレジの勤怠管理の機能を使えば事務作業がとても効率的になります。

お店でアルバイトを雇っている場合には、エクセルや紙のタイムカードなど何かしらの勤怠管理のシステムを使っていると思います。

特にパン屋などの飲食店では、お店でアルバイトまたはパートの方を雇うことが多い傾向にありますので、POSレジの勤怠管理機能はとても役に立つでしょう。

パン屋オーナーパン屋オーナー

いつもシフトカレンダーを作るのに苦労しています。タイムカードの打刻もアプリでできるなんて便利ですね!

特にスマレジの勤怠管理「スマレジタイムカード」は、POSレジと一緒に無料で始められるのでおすすめです。

見やすいシフト表をかんたんに作成できますし、勤務情報から自動で給与計算も可能。ぜひ以下のサービス資料からおご覧ください。

\無料で始める勤怠管理/

パン屋におすすめのPOSレジアプリ【ランキング形式】

ここからはパン屋におすすめのPOSレジをランキング形式でご紹介します。

また、幅広く情報を集めている方向けに各メーカーの特徴を一覧にして、サービス比較記事にまとめてあります。

1位:スマレジ

パン屋におすすめのタブレットPOSレジランキング1位はスマレジです。

スマレジは初心者にも使いやすく無料で始められるので、新しくレジを選ぶなら最初にあがる候補として間違いないサービスだと思います。

申し込む利用プランは月額費用0円の「スタンダードプラン」をおすすめします。

スマレジの「スタンダードプラン」があれば、基本的なPOSレジ機能が無料で使えます(1店舗のみの利用限定)。

経営コンサルタントコンサルタント

スマレジは初心者にも使いやすく、サポート窓口も充実しています。補助金が活用できて、無料で始められるのでレジ買い替えの予算がないお店にはとてもおすすめのサービスです。

スマレジはパン屋やベーカリーカフェでの導入実績も多く、幅広い店舗ユーザーから高評価を得ているクラウドサービスです。

クラウドPOSレジの3部門で1位を獲得
  • 店舗スタッフが選ぶ、サポートが充実していると思うクラウドPOSレジNo.1
  • 店舗スタッフが選ぶ、信頼できると思うクラウドPOSレジNo.1
  • 店舗経営者が選ぶ、品質が良いと思うクラウドPOSレジNo.1

スマレジを使えば売上金額が自動的に計算されるので、閉店後のレジ締め作業が圧倒的に早く終わります。

慣れてきたらポイントカード発行や廃棄商品のロス登録などスマレジで利用する機能を徐々に増やしていきましょう。

スマレジを始めるためには、以下のサービス資料をダウンロードして、アプリのインストールページをご確認ください。

初心者向けの始め方

まずはスマレジかんたん早分かり資料をご覧ください。メールアドレスを入力して送信するだけで、スマレジを使うメリットや機能、始め方について分かりやすくまとめた資料がダウンロードできます。

パン屋オーナーパン屋オーナー

タブレットのレジに興味があるんだけど、いますぐ買い替えるつもりがなくてもサービス資料をダウンロードしても大丈夫かしら?会社名欄や導入希望時期欄になんて入力したらよいか分からなくて。。。

特にレジ買い替えの時期が決まってなくても、個人事業主の方でもスマレジサービス資料をダウンロードして頂いてまったく問題ありません。

「導入希望時期」の欄には未定と入力し、「会社名」の欄には開業前である旨や個人事業主、または屋号を入力して下さい。

おすすめのPOSレジアプリ活用方針
  • 「スタンダードプラン」から始めて、まずは営業後のレジ締め時間を短縮する
  • 顧客単価を上げたり売れ残りを防止するために商品のセット販売を行う
  • ポイントカードを発行して顧客管理を行い、リピート率アップを実現する
↓公式HPを確認する↓
スマレジ 公式HP

2位:Airレジ

パン屋向けおすすめPOSレジアプリのランキング2位はAirレジです。

Airレジなら初期費用や月額費用、さらにはサポート費用も0円で利用できるため、利用コストがとても抑えられます。

このアプリは利用店舗数NO.1のタブレットPOSレジアプリでもあり、POSレジアプリの使いやすさが人気で誰でも直感的な操作が行えることが特徴です。

Airレジを利用することで、パン屋の経営をより効率的かつスムーズに行うことができます。

経営コンサルタントコンサルタント

CMで有名なキャッシュレス決済サービス「Airペイ」と一緒に使えば、Airレジで会計した情報がそのまま決済端末に反映され、金額再入力の必要が無くスムーズなレジ会計を実現できます。

パン屋向け活用ポイント

パン屋がPOSレジ始めてみるならAirレジの「Airレジスターターパック」が最適です。iPad、キャッシュドロワー、レシートプリンターなど、必要なすべての機器が揃っているため、どの機器を選ぶかで悩む必要が無く、導入がスムーズに進みます。

Airレジには、店舗経営を効率化するための様々な関連サービスが充実しています。たとえば、Airメイトを使えば、日報や月報のレポート作成が簡単にできます。また、Airペイを導入すれば、キャッシュレス決済も可能です。

さらに、Airレジはレジ締め後の売上データを会計ソフト(クラウド会計ソフト「freee会計」や会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計・確定申告」など)に自動連携することができるため、売上仕分けの入力作業が省力化できます。

経営コンサルタントコンサルタント

POSレジを導入するだけで、レジ締め時間の省力化が実現できますが、Airレジなら自動で会計ソフトへのデータ打ち込みが可能ですので、閉店後の作業を大幅に短縮することができ、とても助かりますね。

おすすめのPOSレジアプリ活用方針
  • 初めてのPOSレジ導入には「Airレジスターターパック」がおすすめ
  • Airメイトを活用して、自動的に売上日報や月報を作成し、店舗の売上確認を効率化
  • 「freee会計」などの会計ソフトと連携し、売上仕分け作業を効率化する
↓公式HPを確認する↓
Airレジ 公式HP

3位:POS+(ポスタス)

パン屋向けおすすめPOSレジランキング3位はPOS+(ポスタス)です。

ポスタスには、パン屋の経営に必要なすべての機能が備わっています。ただし、業態によっておすすめの料金プランが異なります。

業態別のおすすめプラン
  • イートイン可能なベーカリーカフェ:飲食店向けの料金プラン「POS+ food」がおすすめ
  • テイクアウト専門店のパン屋:小規模飲食店向けの料金プラン「POS+ lite」がおすすめ
経営コンサルタントコンサルタント

パン屋には、テイクアウト専業からイートイン可能なキッチン併設型店舗などさまざまな形態があります。そういう意味では、多様な業種に柔軟に対応できるポスタスはとても便利だと思います。

ポスタスはレジ・売上管理などの基本機能を備えており、小売店や飲食店、美容・サロン向けなどそれぞれの業種に特化したPOSレジの料金プランを提供しています。

また、業種ごとの特殊なシーンに対応したオプション機能を用意しており、キャッシュレス決裁や会員向けのDM送信などにも対応しています。

パン屋向け活用ポイント

お客様のレジ待ちを解消するために、まずはキャッシュレス決裁を導入すべきです。結果として、店舗の回転率が高まり、顧客満足度もアップするでしょう。

店舗の売上・客数・客単価の推移を分析して、売上目標の達成状況を一目で把握しましょう。

また、スタッフの多いお店ならスタッフのシフト管理機能を活用して、シフトスケジュール調整などの管理業務を効率化することもできます。

経営コンサルタントコンサルタント

特に私がおすすめしたいのは「全国無制限の駆けつけサポート」です。困った時にすぐに対応してもらえるので安心ですね!

おすすめのPOSレジアプリ活用方針
  • テイクアウト専門店のパン屋なら小規模飲食店向けPOSレジ「POS+ lite」を申込み、キャッシュレス対応や顧客管理を実現する
  • イートイン可能なベーカリーカフェなら飲食店向け「POS+ food」を申込み、セルフオーダーやモバイルオーダーを実現する
  • 予算管理機能やPL管理機能を活用して、損益計算書をかんたんに出力して収益と費用原価を一目で把握できるようにする
↓公式HPを確認する↓
ポスタス 公式HP

4位:ユビレジ

パン屋向けおすすめPOSレジランキング4位はユビレジです。

特に売上データや顧客データの本格的な分析が可能な「ユビレジ プレミアムプラン」を推奨します。

ユビレジでは、はじめてのお客様のために1か月間の「お試しプラン」が用意されています。このトライアル期間ではユビレジの全機能が使用できるので、それぞれ使い勝手を確認してからプレミアムプランを申し込むのが無難な流れです。

お試しプランの補足

ユビレジ「お試しプラン」は、ユビレジアカウント作成日から当月末日までがトライアル期間となっています。プレミアムプランへの申込手続きがなく、トライアル期間が終了した場合は、自動的に利用料金の発生しない「無料プラン」へ変更されます。

経営コンサルタントコンサルタント

ユビレジには利用料と周辺機器をレンタルできる「レンタルプラン」も用意されています。初期費用をできるだけ安くしたい、とお考えのお客様にはぴったりのセットプランだと思います。

飲食店向け活用ポイント

飲食店がハンディ端末を使いたいなら、ユビレジのプレミアムプランをユビレジハンディオプション付きで申し込む方法がベストな選択です。他メーカーではハンディ端末とPOSレジとの併用は実現出来ません。

以下に飲食店において実際にユビレジ(ハンディ端末を利用)を導入された事例をご紹介します。

経営コンサルタントコンサルタント

経営コンサルタントの管理人が利用した経験から、パン屋・ベーカリーカフェ店におけるユビレジの活用方針を以下の通りにご提案します。よろしければご参考にどうぞ。

おすすめのPOSレジアプリ活用方針
  • ユビレジの無料プランでは72時間前までの売上データしか閲覧できないため、「ユビレジ プレミアムプラン」で本格的な売上データの分析を行う
  • 店舗がメインターゲットとする客層を「客層タグ」にPOSレジに事前設定しておき、会計時に客層タグを打ち込んで、客層タグ別の分析を行う(例:「売上×会計数」、「平均人数×客単価」)。
  • オーダー受け業務にハンディ端末を導入したいなら「ユビレジ プレミアムプラン」をユビレジハンディオプション付きで申し込むのがベスト
↓公式HPを確認する↓
ユビレジ 公式HP

5位:Square POSレジ

パン屋向けおすすめPOSレジアプリのランキング5位はSquare POSレジです。

特にキャッシュレス決裁にSquareをご利用でしたら、レジアプリにはSquare POSレジを推奨します。

Square POSレジを使えば、無料のSquareアカウントを作成するだけで、売上管理や顧客管理などさまざまな機能が無料で使えます。

月額の料金を気にせずに、POSレジの機能を活用して売上を増やしたい方には最適なサービスです。

経営コンサルタントコンサルタント

特にSquare POSレジでは、複数店舗の管理も無料で行えるため、いくつかの店舗を展開している場合にはオススメです。

パン屋向け活用ポイント

複数店舗を展開するケーキ屋がPOSレジを無料で利用したいのであれば、Square POSレジが良いでしょう。但し、原価管理・仕入れ管理などの機能はありません。

以下に実際にSquareを導入された事例をご紹介します。

経営コンサルタントコンサルタント

管理人が考えるパン屋におけるSquare POSレジの活用方針を以下の通りにご提案します。よろしければご参考にどうぞ。

おすすめのPOSレジアプリ活用方針
  • 無料の「オンライン事前注文サイト」を開設して、事前注文と支払いを可能にする
  • 「勤怠管理」機能を使って従業員が出勤・退勤する際の打刻やシフトスケジュールの作成を効率化する
  • 無料の「Squareデータアプリ」をダウンロードして、リアルタイムにスマホで売上を確認・分析する
↓公式HPを確認する↓
Square 公式HP

パン屋が効率的かつ低コストでPOSレジを導入する方法

ここではパン屋がPOSレジアプリを効率的かつ低コストで導入する方法について解説します。

効率的にPOSレジアプリを導入するには

タブレットPOSレジアプリについて興味を持つ背景は人それぞれですが、一般的には以下のようなきっかけがあると考えられます。

POSレジアプリについて知ったきっかけ
  • 知人や導入済みの店舗に教えてもらった
  • 雑誌広告やテレビCMで知った
  • インターネットで「タブレット POSレジ アプリ」と検索した
経営コンサルタントコンサルタント

自分だけでいろいろ調べていると、タブレットPOSレジ以外にもキャッシュレス決裁やベーカリースキャンなど他にも便利なサービスに興味が湧いてきて、結局どうしたらいいのか悩んでしまいますよね。

経営コンサルタントコンサルタント

店舗を運営していくうえでは客観的にプロの意見を受けることはとても大切なことです。自分1人だけで頭を悩ますよりも、無料ですのでお気軽にレジ選び無料相談サービスに聞いてみましょう。

また、円滑なコミュニケーションを実現するために、レジ選び無料相談サービスに対するおすすめの相談方法についてご紹介します。

おすすめの相談方法
  1. タブレットPOSレジアプリについて興味を持つに至ったきっかけなど経緯を相談員に説明する
  2. ご自身が店舗で何を実現したいのかを説明する
  3. 進め方を教えて欲しいのか、サービスを紹介して欲しいのか、事例を紹介して欲しいのか、などリクエストを説明する

POSレジアプリを店舗に導入するまでの手続きや、店舗にマッチするPOSレジアプリはどれか、レジカウンター周りはどのようなイメージになるかなど、気になる点はすべて伝えるようにしましょう。

↓まずは無料で相談する↓
レジ選びを無料相談する

最も低コストでPOSレジアプリを導入するには

結論からお伝えすると、最も低コストでPOSレジアプリを導入する方法は、補助金・助成金を活用することです。

なぜなら、POSレジアプリには無料で利用できるサービスがありますが、iPadなどのタブレット端末は無料ではありません。

また、キャッシュドロアレシートプリンタ、バーコードリーダなどの周辺機器を一通り揃えるためにはそれなりのコストが必要になってきます。

例えば、無料で利用できるSquare POSレジやSTORES レジ「フリープラン」であれば無料で豊富なPOSレジのアプリは、お釣りのやり取りを行う会計業務として利用するためには、有償の周辺機器を買う必要があります。

経営コンサルタントコンサルタント

出来る限り低コストで店舗にシステムを導入するためには、お得な補助金・助成金を活用するのがよいでしょう。

経営コンサルタントコンサルタント

当サイトで推奨している方法は、レジ選び無料相談サービスに相談することです。自分の実現したい機能や考えている予算をメールや電話で伝えるだけで、レジ選びのプロがおすすめの補助金の活用情報を紹介してくれます。

また、円滑なコミュニケーションを実現するために、レジ選び無料相談サービスに対するおすすめの相談方法についてご紹介します。

おすすめの相談方法
  1. ご自身が店舗で何を実現したいのかを説明する
  2. ご自身が考えている予算を相談員に説明する
  3. サービスを紹介して欲しいのか、概算の見積もりが欲しいのか、商材の相見積もりがしたいのか、などリクエストを説明する

実際にPOSレジアプリの導入費用はどれくらいかかるのか、初期費用やランニング費用はどのような金額になるのか、周辺機器を合わせるとどれくらいの費用になるのかなど、気になる点はすべて伝えるようにしましょう。

↓まずは無料で相談する↓
レジ選びを無料相談する

【最新版】パン屋が利用できるお得な補助金情報まとめ

ここではパン屋・ベーカリーショップのオーナー向けにタブレットPOSレジアプリやキャッシュレス決裁などのICT導入に利用できるお得な補助金制度をご紹介します。

補助金情報に関する注意事項

当記事の記載内容は、2022年度の最新情報を記載しています。

当サイトの管理人が常に情報を最新に更新するように努めていますが、補助金制度は随時要件や内容の変更が発生する可能性があります。申請手続きをご検討の方は、有人のレジ選び無料相談サービスにご確認頂くか参考情報としてご理解頂ければと思います。

経営コンサルタントコンサルタント

まずはパン屋がICT導入に利用できる主な補助金情報をリストアップしてご紹介します。最近では特にIT導入補助金が人気ですのでぜひチェックしてみてくださいね。

POSレジ導入に活用できる主な補助金制度
  • 小規模事業者持続化補助金
  • IT導入補助金
  • 事業再構築補助金
  • 事業復活支援金
  • 業務改善助成金
  • ものづくり補助金

経済産業省HPで特集されている人気の補助金・給付金もご確認ください。

また、中小機構による特設サイトも併せてご確認下さい。

経営コンサルタントコンサルタント

特にベーカリーカフェやケーキショップなどテーブルのオーダー業務のある店舗では、ハンディ端末やキッチン用印刷機など他の業種よりも周辺機器が必要になってきます。積極的に補助金を活用していきましょう

レジ選び無料相談

補助金・助成金制度の利用をご検討でしたら、レジ選び無料相談サービスにご相談ください。知識豊富なプロがあなたの店舗やご要望にあったPOSレジを中立的な立場でご提案いたします。無理なご提案も行いません。

600,000件以上の相談実績【電話・メール・LINEもOK】

小規模事業者持続化補助金

小規模事業者持続化補助金とは、「小規模事業者等」が持続的な経営に向けた経営計画に基づいて、①販路開拓や②業務効率化に取り組む際に必要な費用の一部を補助する制度です。(通称:持続化補助金)

持続化補助金は、常勤の従業員が原則20人以下の法人もしくは個人事業主が補助金の対象となります。つまり、規模の小さな事業者が対象の補助金です。

用語解説

小規模事業者および一定要件を満たす特定非営利活動法人を「小規模事業者等」といいます。

経営コンサルタントコンサルタント

当補助金は、個人店オーナーや新規に店舗オープンを検討している方には最適な補助金です。特にパン屋の開業にはよく利用される補助金ですので是非チェックしてみて下さい。

補助金の申請には、商工会議所・商工会が発行する事業支援計画書が必要となります。

当補助金の情報については、公式HPまたはガイドブックをご覧ください。

当補助金は「一般型」と「低感染リスク型ビジネス枠」に分類されています。

小規模事業者持続化補助金の分類
  • 一般形(上限50万円):チラシ作成、Webサイト作成、商談会参加、店舗改装などに使用可能。
  • 低感染リスク型ビジネス枠(上限100万円):新型コロナウイルス対策感染症対策として新たなビジネス・サービスなどを実施する際に使用可能。

商工会または商工会議所のサポートを受けながら事業計画書を作成し、審査・採択手続きを経た後に費用補助を受けられます。

持続化補助金の主な特徴まとめ
  • 小規模の法人または個人事業主が補助金の対象となる
  • 「一般型」なら販路開拓や業務効率化など幅広い取り組みが補助の対象になる
  • 商工会または商工会議所のサポートを受けながら事業計画書を作成する

補助金制度による具体的な支給額は、事業運営にかかった経費に所定の補助率を乗じて算出されます。

当補助金は、パン屋がタブレット型のPOSレジアプリを導入して、ホームページを作成して店舗の集客力をアップさせたり、売上増加の事業計画を立てるケースが該当します。

経営コンサルタントコンサルタント

多くのパン屋は集客力アップという課題を抱えています。お店のホームページ作成や店舗のチラシ作成など、お店の集客力を上げるために補助金ご活用ください。

おすすめの補助金活用戦略
  • 店舗で実現したいことを以下の2本柱で優先順位をつけて実現する
  • ①販路開拓への取り組み:お店のホームページ作成、店舗改装に活用する
  • ②業務効率化への取り組み:タブレット端末の購入、POSレジアプリの導入、キャッシュレス決裁の導入、オーダーエントリーシステムの構築に活用する

当補助金は、パン屋が新たにタブレットPOSレジソフトウェアを導入し、ポイントカードを発行して顧客管理を行ったり、店舗のホームページデザインを刷新して、インターネットからもお客様を集客できるようにする場合が該当します。

また、補助金の確実な採択を目指すためには、レジ選び無料相談サービスにご相談することをおすすめします。申請時に押さえるべきポイントや店舗にマッチするPOSレジを紹介してくれます。

\利用できるお得な補助金を確認する/
無料相談窓口はこちら
パン屋向け活用ポイント

セールや値下げに頼らない集客力アップを実現するためには、タブレットPOSレジの豊富な機能が役立ちます。お店の集客力アップして稼ぐ力をアップしましょう

IT導入補助金

IT導入補助金とは、中小企業・小規模事業者が自社の課題やニーズに合ったITツールに関して、その導入補助が受けられる補助金制度です。

当制度の目的は、クラウドシステムなどのITツール導入によって業務効率化やコスト削減などの経営改善を行うことであり、当サイトで紹介しているPOSレジアプリやクラウド会計ソフト(freeeなど)の導入も該当します。

用語解説
  • 「ITツール」とは、パッケージソフトの本体費用、クラウドサービスの導入・初期費用等を指します。
  • 「クラウドシステム」とは、インターネット環境さえあれば、ネットワーク経由で利用できるシステムのことです。クラウド(Cloud)は「雲」という意味で、インターネット経由で雲の上のシステムを利用するようなイメージが由来となっています。
経営コンサルタントコンサルタント

タブレットPOSレジを導入したいのなら、IT導入補助金はとても便利な補助金です。他の補助金制度に比べて申請手続き難しくなく、間口が広く1年間を通じて複数回の申し込みが可能です。積極的に活用しましょう!

当補助金の詳細は、公式HPをご覧ください。

補助金の申請は、目的に合わせて以下の2種類から選択して申請します。

IT導入補助金の申請分類
  • 通常型:A類型とB類型
  • デジタル化基盤導入枠:令和3年度補正予算として新たに新設

所定の条件を満たすと、ITツール(ソフトウェア・クラウド利用料、一部ハードウェアなど)導入にかかる経費の一部(1/2~3/4)補助を受けられます。

パン屋にタブレットPOSレジを導入するのに利用するなら、通常型のA類型が該当します。

経営コンサルタントコンサルタント

先にご紹介した商品自動認識AIもIT導入補助金で補助が受けられる可能性があります。タブレットPOSレジ以外にも店舗経営に役立つ便利なITツールを一緒に申請しましょう。!

IT導入補助金は通年公募を行っており、補助金の申請が早い方が採択率が上がる傾向にあります。

おすすめの補助金活用戦略
  • パン屋なら「通常型」の「A類型」への申請を基本方針とする
  • タブレット端末やハンディ端末、キッチン用印刷機などのハードウェア導入に活用する
  • POSレジ以外にも、店舗経営に必要な会計ソフトやセキュリティソフト導入に活用する

補助金の確実な採択を目指すためにはレジ選び無料相談サービスにご相談することをおすすめします。有人のコンシェルジュが最新の補助金情報や申請時におさえるべきポイントなどお役立ち情報を紹介してくれます。

\利用できるお得な補助金を確認する/
無料相談窓口はこちら
パン屋向け活用ポイント

パソコンのセキュリティソフトや会計ソフト、ベーカリースキャンなどタブレットPOSレジの新規導入を含めて、店舗で使うITツールの費用はすべて申請しましょう。

事業再構築補助金

事業再構築補助金とは、新型コロナウイルス感染症に伴う経済悪化に対応するために、中小企業が事業を再編・転換・再構築することを支援する制度です。

補助金の対象は、日本国内に本社を有する中小企業者等及び中堅企業等です。

事業再構築とは

「事業再構築」とは、「新分野展開」、「事業転換」、「業種転換」、「業態転換」又は「事業再編」の5つを指します。また、当補助金の対象となる中小企業とは、パン屋の場合は資本金5,000万円以下の会社または従業員50人以下の会社及び個人のことを指します。

経営コンサルタントコンサルタント

例えばコロナ前にパン屋を営業していたが、経営悪化に伴う事業再構築として、店舗の一部を廃止してサンドウィッチテイクアウト事業を始めるような場合に、当補助金が該当します。

当補助金の申請受付及び交付事務は、国(中小企業庁)が行っています。当補助金の詳細は、中小企業庁HPまたは公募要領をご覧ください。

当補助金の申請要件は以下の項目が必須化されています。

事業再構築補助金の申請要件
  • 売上が減っていること
  • 事業再構築に取り組むこと
  • 認定経営革新等支援機関と事業計画を策定すること

当補助金に採択されるためには、補助金申請対象の事業が、事業再構築指針に示す「事業再構築」の定義に該当する事業であることが必要です。当補助金を検討する場合は、必ずご確認ください。

また、事業再構築補助金の申請には電子申請システムの利用を基本としており、手続きにGビズIDプライムが必要となります。

経営コンサルタントコンサルタント

通常、店舗を運営しながら補助金申請に必要な事業計画を作成するのは現実的に難しいでしょう。正直なところ1人だけで対応するのはかなり難しいと思いますので、補助金を申請するのであれば、レジ選び無料相談サービスに相談することをおすすめします。

おすすめの補助金活用戦略
  • もし補助金申請に慣れていなければ、外部のプロに相談する
  • 事業計画は柔軟に考え、必要あらば専門家に相談する
  • POSレジアプリを活用した事業計画の策定を行う

当補助金を活用するためには、柔軟な発想で事業計画書を作成していく必要があります。ポストコロナ・アフターコロナを見据えた新しい事業運営のやり方が求められます。

補助金の確実な採択を目指すためにはレジ選び無料相談サービスにご相談することをおすすめします。当補助金の他に活用できる最新の補助金情報や申請時におさえるべきポイントなどお役立ち情報を紹介してくれます。新しいチャレンジをしたい店舗オーナー様はぜひ積極的に活用してみてください。

\利用できるお得な補助金を確認する/
無料相談窓口はこちら
パン屋向け活用ポイント

店舗経営で培った強みを活かすためには、タブレットPOSレジに搭載されている機能が役に立ちます。競合他社や過去の成功事例を参考にすることでお店の売上アップを実現しましょう。

事業復活支援金

事業復活支援金とは、新型コロナウイルス感染症によって経済的な打撃を受けた事業者がその事業規模に応じて給付金を受けられる制度です。

業種や所在地を問われませんが、2021年11月~2022年3月のいずれかの月の売上高が50%以上または30~50%減少した事業者が補助金支給対象とされています。

更新情報

当補助金の差額給付の申請期間は、2022年6月30日(木)をもって終了いたしました。

経営コンサルタントコンサルタント

当補助金は新型コロナによる影響を受けた事業者を救済する制度です。その他店舗の経営が悪化している場合には、地域の商工会議所に相談するなど、専門家と相談しながら諦めずに頑張っていきましょう。

当補助金の詳細は、補助金の公式HPをご覧ください。

事業規模ごとの最大支給額は以下の通りに分類されています。

最大支給額
  • 法人:最大250万円
  • 個人事業主:最大50万円

所定の条件さえ満たせば、新型コロナウイルス感染症による経済的な影響を受けた店舗は補助が受けられます。

経営コンサルタントコンサルタント

当補助金の申請期間は締切りになりましたが、他にも事業者をサポートする補助金は存在します。お得な補助金情報は常に最新の情報をキャッチアップしておきましょう。

おすすめの補助金活用戦略
  • 社会的情勢により事業者をサポートしてくれる補助金制度は締切りになる前に急ぎ申請する
  • 他の事業者がどのように活用しているのか情報収集を欠かさない
  • POSレジアプリを導入した店舗オペレーションの改善など設備投資に活用する

経済環境は日々変化しており、国や地方自治体から行われている事業者をサポートする補助金制度は、多数存在します。

特に当サイトでは、店舗向け無料相談窓口としてレジ選び無料相談サービスをご紹介しています。補助金情報の他にも店舗のコストダウンや売上アップのアドバイスなどさまざまなお役立ち情報を紹介してくれますのでぜひご活用ください。

\利用できるお得な補助金を確認する/
無料相談窓口はこちら
パン屋向け活用ポイント

新型コロナや長引く物価高騰の影響を乗り越えるためには、便利なITツールを活用しましょう。タブレットPOSレジを使えば、お店の稼ぐ力をアップさせることが出来ます。

業務改善助成金

業務改善助成金とは、中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援し、事業場内最低賃金の引上げを目的とした国の助成金です。

当補助金の助成対象となる経費は「生産性向上・労働能率の増進に資する設備投資等」です。

用語解説

事業場内最低賃金とは、事業場内で最も低い賃金を意味します。また、最低賃金には各都道府県に定められた「地域別最低賃金」と、特定の産業に従事する労働者を対象に定められた「特定(産業別)最低賃金」の2種類があります。

当補助金は、事業場内最低賃金を一定額以上引き上げて、設備投資(機械設備、POSレジ導入、会計ソフト導入、コンサルティング導入や人材育成・教育訓練)などを行った場合に、その費用の一部を助成してくれる制度です。

経営コンサルタントコンサルタント

当補助金の特徴は他の補助金に比べて助成率が高いことです。業務改善助成金は、店舗で働くスタッフが多い場合にはとても有用な補助金だと思います。

注意事項

当補助金の目的はあくまでも「事業場内最低賃金の引上げ」です。正社員、契約社員、アルバイトなどすべての従業員が対象となります。

事業場が助成を受けるためには、以下2つの要件を満たす必要があります。

助成の要件
  • 事業場内最低賃金と地域別最低賃金の差額が30円以内
  • 事業場規模100人以下

当補助金の詳細は、厚生労働省HPをご覧ください。

また、厚生労働省から飲食サービス業向けの活用事例が公表されていますので、参考にしてみてください。

経営コンサルタントコンサルタント

上記の事例集を見ると、POSレジシステムを導入後、清算業務が自動化され時間短縮されることにより、顧客の回転率も向上した、という記載があります。これこそまさにタブレットPOSレジが該当する記載内容でしょう。

おすすめの補助金活用戦略
  • 申請期間の締め切りになる前に急ぎ申請手続きを行う
  • スタッフ教育や社員が利用する設備への投資を優先する
  • タブレットPOSレジを導入して、社員の業務オペレーションが楽になるように検討する

例えばパン屋がタブレットPOSレジや管理会計ソフトを導入したり、経営コンサルティングを受けて、事業場内最低賃金を引き上げる場合が該当します。

補助金の確実な採択を目指すためにはレジ選び無料相談サービスにご相談することをおすすめします。当補助金の他に活用できる最新の補助金情報や申請時におさえるべきポイントなどお役立ち情報を紹介してくれます。

\利用できるお得な補助金を確認する/
無料相談窓口はこちら
パン屋向け活用ポイント

タブレットPOSレジなど便利なツールを活用して店舗のオペレーションを効率化しましょう。事業場内最低賃金の引上げのためには、生産性を向上や売上アップが必要です。

ものづくり補助金

ものづくり補助金とは、革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセス改善を目的とする設備投資をサポートする中小企業向け補助金制度です。

用語メモ

※正式名称は「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」といいます。

ものづくり補助金の補助対象者は、中小企業・小規模事業者であり、フリーランスや個人事業主の方は対象外となっています。

経営コンサルタントコンサルタント

ものづくり、というキーワードからは製造業のイメージが強いですが、パン屋でも要件を満たせば補助金の交付を受けられますのでぜひチェックしてみてくださいね!

ものづくり補助金には3つの事業類型(一般型、グローバル展開型、ビジネスモデル構築型)があります。

当記事の対象となる小規模店舗の小売店が利用するのは、モノづくり補助金の基本となる一般型で、具体的には以下2種類に分類されています。

ものづくり補助金「一般型」の分類枠
  • 通常枠:チラシ作成、Webサイト作成、商談会参加、店舗改装などに使用可能。
  • 低感染リスク型ビジネス枠(上限100万円):新型コロナウイルス対策感染症対策として新たなビジネス・サービスなどを実施する際に使用可能。

ものづくり補助金は年間を通じて申請を受け付けています。

当補助金の詳細は、ものづくり補助金総合サイトをご覧ください。

申請前の注意点

ものづくり補助金の申請要件の1つに「3~5年の事業計画の策定」があり、これがかなりの労力を要します。効率よく申請を行うためには、中小企業診断士や補助金申請に詳しいコンサルタントに相談することを推奨します。

所定の条件を満たせば、設備投資にかかった費用の一部を支援してもらえますが、受給条件を満たせなかった場合には、補助金の返還をしなければならない恐れがあるため、補助金を受けるためには綿密な計画を立てる必要があります。

また、当補助金の申請方法は、インターネットを利用した「電子申請」です。GビズIDプライムアカウントの取得が必要ですので、未取得の場合には早めに利用登録を行いましょう。

経営コンサルタントコンサルタント

ものづくり補助金もIT導入補助金と同様に人気の補助金制度(採択率は約30%)となっています。申請時期が早いほど採択率が上がる傾向があり、一度不採択になっても再度申請が可能です。

おすすめの補助金活用戦略
  • 「一般型」または「デジタル枠」での申請を行う
  • レジアプリ(クラウドサービス利用費)とハードウェア(タブレット端末)の申請を行う
  • テイクアウト事業やネットオーダーなどPOSレジアプリを活用した中長期的な事業計画を策定する

この補助金は、パン屋が効率的な店舗運営を実現するための設備投資(ポイントカードの発行や売上データ分析など)として、タブレットPOSレジを導入するような場合に活用できます。

補助金の確実な採択を目指すためにはレジ選び無料相談サービスにご相談することをおすすめします。申請時におさえるべきポイントや、その他店舗へのお役立ち情報を紹介してくれます。

\利用できるお得な補助金を確認する/
無料相談窓口はこちら
パン屋向け活用ポイント

タブレットPOSレジの機能を使って、ポイントカードを発行したり、POSデータを分析してお店の仮説力をアップしましょう。他にも店舗経営に必要な設備があればいっしょに申請することを推奨します。

AIレジ「ベーカリースキャン」のご紹介

経営コンサルタントコンサルタント

ここではタブレットPOSレジと関連して、お店の業務を改善するための最新ITツールとして、ベーカリースキャン(BakeryScan)をご紹介いたします。

AIレジ「ベーカリースキャン」とは、トレー上のパンをカメラで撮ることで、AIが商品の種類・個数を識別し、会計金額を自動計算してくれるセルフレジのことです。

ベーカリースキャンを使えば、レジ会計時間の短縮、金額の打ち間違いの防止、商品を覚えるトレーニング時間の削減が実現できます。

ベーカリースキャンのサービスの詳細については、公式HPまたは以下の動画をご覧ください。

パンの数量が10個以下なら、約1秒で処理が終わり、その識別精度は非常に高く、パンの色や形焼き加減など細かな違いも考慮してくれます。

さらにAIによる自動学習機能を備えているため、使えば使うほどに識別精度が向上していく仕組みになっています。

経営コンサルタントコンサルタント

ベーカリースキャンはパン屋やケーキ屋、和菓子屋などバーコードを商品に使用できないお店にとって非常に便利なツールだと思います。

以下にベーカリースキャンの特徴をまとめます。

BakeryScanの特徴
  • 画像識別AIが自動的に商品を判定
  • 袋で個包装されたパンも識別可能
  • 商品登録数は無制限
  • 使うほどAI識別精度が向上
  • 導入実績は1,000台以上
  • セミセルフレジ方式に対応

このような新しいサービスを店舗に導入するためには、活用できる補助金の申請手続きや長期的な事業の計画など、外部のプロと相談することが役に立ちます。

もしベーカリースキャンを試してみたい、とご希望であれば、レジ選び無料相談サービスに相談してみてください。

↓まずは無料で相談する↓
レジ選びを無料相談する

まとめ

今回は、パン屋向けにタブレットPOSレジに関する情報を網羅的にご紹介しました。

もしかしたら読者の皆様は、インターネットで検索して調べてみたけれども、情報量が多かったり専門用語が多くて、結局どうしたらいいのか分からなくなっているかもしれません。

しかしそれは無理もないと思います。普段から新しいものを取り入れるのが好きだったり、ある程度ITに詳しくない限り、どのメーカーや機能がどれくらい自分のお店に役に立つのか、はインターネットの記事を読むだけではなかなか分かりづらいものだからです。

そこで各メーカーからタブレットPOSレジ専門担当者から直接ざっくばらんに話を聞けるオンライン相談会が提供されています。

希望の日時で予約するだけで、WEB会議ツールを使ってPOSレジの操作方法や、周辺機器との接続イメージなどスタッフが対面で詳しく説明してくれます。オンラインなのでスマホがあれば全国どこからでも可能です。

経営コンサルタントコンサルタント

やっぱり直接人から話を聞いた方が分かりやすいですよね。オンライン相談会といっても強引なセールスなどは一切ありませんのでご安心ください。

最後に、パン屋への導入事例が最も多く、おすすめランキング1位のスマレジのオンライン相談会をご紹介します。タブレットPOSレジって結局どれくらい便利なのか、などいろいろ自由に聞けるチャンスなのでぜひご活用ください。

無料オンライン相談会はこちら↓